BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2016-07-02から1日間の記事一覧

「エドウィン・マルハウス―あるアメリカ作家の生と死」 1972

★★★☆☆ 感想 帯で伊坂幸太郎・西加奈子が絶賛していたので思わず購入した。文庫本だが500頁以上あり、1,500円と結構な値段。ページに文字がほぼ余白なくびっしりと詰め込まれていて、単純に文字数だけでその価値はある。 国は違えど読んでいると自分の子供…