BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

戯曲

「ピグマリオン」 1913

★★★☆☆ 街で出会った下町の娘に、半年で上流階級の話し方を身に着けさせられるか、賭けをした二人の言語学者。 訛りがひどい設定の下町の娘。彼女の喋る台詞は、相当苦しいものがある。オリジナルのひどい訛りを日本語に翻訳しなければいけないので、仕方がな…

「ハムレット」 1600

★★★☆☆ あらすじ 父親を殺して国王となり、母親を妃とした叔父に復讐を誓うハムレット。 感想 クライマックスの復讐が、アンガールズがジャンガジャガしそうなほどわちゃわちゃしていてちょっと面白い。その他にも色々とツッコミを入れたくなる箇所はたくさん…

「マクベス」 1606

★★★☆☆ あらすじ 敵を蹴散らした将軍が主君のもとに戻る途中、魔女たちから予言を聞く。 感想 声に出して読んでみたら気持ち良さそうなセリフが並んでいる。普通にこんなセリフを使ったら何を大仰な、と思ってしまうが、舞台でなら映えるのだろう。 将軍を唆…