BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

洋画

「シャッター アイランド」 2010

★★★☆☆ 行方不明となった犯罪者の捜査のため、収容されていた精神病院のある孤島を訪れた連邦捜査官。 冒頭とエンディングが全く違う話になってしまっていて面白い。物語の核となるかと思われた行方不明者の捜索があっさり終わって、その次は捜査官の別の目的…

「ノイズ」 1999

★★☆☆☆ 2分間消息を絶つ事故に巻き込まれながらも、無事帰還した宇宙飛行士の夫の様子が、以前とは違うことを不審に思う妻。 ジョニー・デップとシャーリーズ・セロンの美しい夫妻。映画も少し沈んだような陰鬱な雰囲気で、もう少しまともな映画だったら「ガ…

「COP CAR/コップ・カー」 2015

★★★☆☆ 家出した少年二人が、森の中で見つけたパトカーを盗み出す。 「スタンド・バイ・ミー」を思い出すような、少年二人が延々と歩きつづけるシーンから始まる。しかし、森の中で無人のパトカーを見つけた事から、様相は変わってくる。 パトカーを盗まれた…

「ハングリー・ラビット」 2012

★★★☆☆ 妻が襲われ悲嘆に暮れる夫に、謎の組織から犯人の殺害を持ちかけられる。 謎の私刑組織に頼ってしまったばかりに、事件に巻き込まれてしまった主人公。見返りに組織への協力を強要される。タダほど高いものは無いという見本のような展開。ヤクザのやり…

「トリプル9 裏切りのコード」 2016

★★★☆☆ 子どもを人質に取られ、組織に無理難題の仕事を押し付けられた武装集団は、警察の目を逸らすある作戦を思いつく。 武装集団のメンバーたちがどういう経緯で犯罪者になったのかは分からないが、まさかサラリーマンみたいに指示に従って仕事をこなすよう…

「プレデター」 1987

★★★★☆ ゲリラからの捕虜奪還作戦を終え、帰途についた特殊部隊は謎の生命体に次々と襲われる。 純粋な軍事作戦ものと思わせておいて、別次元の話になるところが面白いのかな、とも感じるのだが、タイトル的にそれに関してはネタバレしているのかもしれない。…

「テイキング・ライブス」 2004

★★☆☆☆ 連続殺人犯の犯行を目撃した男からの情報を元に、捜査を進める女FBI 捜査官。 次々と殺した相手の人生を乗っ取っていく犯人。そしてそれを追うアンジェリーナ・ジョリー演じるFBI捜査官。なのだが、作り手の意図がよく分からない映画。どこの部分で観…

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」 2014

★★★★☆ 大きな仕事を翌日に控えた現場監督の男は、夜の高速をロンドンへと車を走らせる。 登場するのは主演の車を運転するトム・ハーディーだけ。全編が車の中のシーンで、様々な人物と電話で会話することで物語は進んでいくという異色の映画。 映画としては1…

「ザ・ガード 西部の相棒」 2011

★★★☆☆ アイルランドの小さな町の警察官が、麻薬取引の捜査のためにやって来たFBI捜査官と事件解決に挑む。 小さな町の組織に都会の人間がやってくる、という構図の物語はよくあって、大抵は最初は対立するが、やがては互いを認め合い、最終的には協力しあう…

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 2014

★★★★☆ かつてスーパーヒーローを演じて一世を風靡するも、今は落ち目のハリウッドスターが、ブロードウェイの自作自演の舞台で復活を目指す。アカデミー賞作品賞。 まるでワンカットで撮っているような演出で、慣れるまでは息つく暇もなく、目がぐるぐるして…

「ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」 2010

★★★☆☆ 出所し、カタギの生活をしようと元女優のボディガードの仕事を始めた男は、ギャングのボスに仕事を手伝うようしつこく付きまとわれる。 タイトルと隠遁生活を送る元女優という設定は、「サンセット大通り(Sunset Boulevard)」を連想させる。が、それ…

「ヒステリア」 2011

★★★★☆ 医療行為の延長として、いわゆる電動の大人のおもちゃを発明した医師の物語。 序盤に、最新の医療の知見を取り入れたい主人公である若い医師が、それを認めない医院長と対立して仕事を辞めるシーンがある。過去の自らの知識と経験にすがり、新たな知識…

「50/50 フィフティ・フィフティ」 2011

★★★★☆ 20代後半で生存率50%の癌になった青年とその家族や友人たちの日々。 あらすじだけを聞くと、重くて暗くて悲しい、お涙頂戴のお話かと思ってしまうがそんなことはなく、ユーモア溢れる楽しい作品に仕上がっている。音楽やファッションも小粋で爽やか。…

「フィリップ、きみを愛してる!」 2010

★★★★☆ 事故で瀕死の重傷を負った男は、世間体に囚われず、ゲイとして自由に生きようと決意する。実話を題材にしている。 幼い頃に養子であることを知らされ、それでも立派に生きようと努力してきた男。ようやく見つけた実の母親には拒絶され、気分を一新して…

「ベネファクター/封印」 2016

★★★☆☆ 同乗していた車の事故で親友の夫妻を亡くし、失意で引きこもっていた大富豪が、結婚して戻ってきた親友の娘のために、再び外に出るようになる。 タイトルの「ベネファクター(benefactor)」は、金銭的な後援者や慈善事業家といった意味。ただ、その後…

「デッド・シティ2055」 2015

★★☆☆☆ 人造人間に対して何をしてもいいという娯楽施設から逃げ出した、一体の人造人間。 簡単に言えば、相手はロボットで人間じゃないから問題ないという論理で、あらゆる犯罪行為が出来る、ゲーム「グランド・セフト・オート(GTA)」のような世界を楽しめる…

「バニシング・ポイント」 1971

★★★☆☆ 新車の陸送中のドライバーが、知人との賭けのために警察の制止を振り切り運転を続けたことから、いつの間にか多くの人の注目を集め始める。 アメリカの広大な大地を車が疾走するだけ、と言ってもいいような映画ではある。運転する主人公はほぼセリフも…

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 2014

★★★★☆ 仲間とともに武器密売組織の襲撃にむかった主人公は、密売組織のリーダーがかつての仲間であったことに驚く。 回を追うごとに豪華になっていく出演者たち。スタローンがシュワルツェネッガー、次にハリソン・フォードと、順に顔を合わせるシーンには普…

「デンジャラス・ビューティー2」 2005

★★★★☆ 前作で世間に顔を知られることとなり、捜査に支障が出ることからFBIの広告塔となった主人公は、友人のミス・アメリカが誘拐されたことを知る。 前作の女子力の低い女FBIがミスコンに参加するという、女子力を上げるのに悪戦苦闘するさまを面白おかしく…

「危険なメソッド」 2011

★★★☆☆ 精神分析学の祖フロイトとユング、そしてその二人に影響を与えた女性、ザビーナ・シュピールラインの物語。 フロイトとユングという二人の精神分析の大家の間に、一人の女性がいたことを初めて知った。彼女の数奇な運命だけでも、好奇心をそそられる。…

「エクスペンダブルズ2」 2012

★★★★☆ 突然現れた男たちに任務を邪魔され、仲間を殺された傭兵軍団は、報復のため彼らを追う。 冒頭から出演者たちが大暴れで盛り上げてくれる。画面に登場するのが全てかつての主演級ばかりなので、無駄にテンションが上ってしまう。 出だしでキャラクター…

「バンディダス」 2006

★★☆☆☆ アメリカの銀行の手先に共に父親を殺された二人のメキシコ人女性が、復讐のためにコンビを組み、次々と銀行をおそう。 面白くなりそうな雰囲気を漂わせながら映画は始まるのだが、どうにも忙しなく騒々しいテンポ。よく言えば「息つく暇もない」だが、…

「フェイシズ」 2012

★★☆☆☆ 殺人事件を目撃するも、犯人から逃れる際の事故で人の顔を見分けられない障害を負ってしまった女。 顔を認識できないから、たとえ犯人が目の前に現れても気づかないし、犯人じゃない人間にも怯えてしまうかもしれない。なるほど面白くなりそうではある…

「ウエスタン」 1968

★★★★☆ 結婚するために西部にやって来た女は、結婚相手の一家が襲撃に遭い、皆殺しにされたことを知る。 普通に撮ればきっと90分ぐらいで終わりそうな、165分の映画。じゃあ残りの75分で描かれているのは何かと言われれば、それは「美学」。 冒頭からすごい。…

「ピアノ・レッスン」 1993

★★★☆☆ 結婚のためピアノと共ににニュージーランドにやって来た口の聞けない女は、近所に住む男の家にピアノを教えるために通うようになる。 会ったこともない男と結婚するために、イギリスから遠く離れたニュージーランドまではるばるやって来るというスケー…

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」 2008

★★★★☆ 離婚で傷つき、あらゆるものを拒んで暮らす男が、 あるセミナーへの参加を機に何事にも「イエス」と答えるようにしたことから、人生に変化が訪れる。 笑わせたいばっかりではなく、ちゃんと物語の筋を踏まえているときのジム・キャリーは面白い。こう…

「フェイク・クライム」 2011

★★★☆☆ 流されるままに生き、いつの間にか刑務所に入ることになった男は、出所後、生き方を変えるために銀行から金を盗むことを思いつく。 キアヌ・リーブス演じる主演の男は不思議な男だ。人生に期待などせず、自己主張せず、だけど人が期待することには応え…

「早熟のアイオワ」 2008

★★★★☆ ポーカー賭博、ドラッグ、売春が行われる「ポーカーハウス」に母親と共に暮す三姉妹。監督自身の子供時代の実話に基づいた物語。 母親が売春婦で家には怪しげな大人たちが集う家という、子供が育つには最悪と言える環境のはずなのに、三姉妹の様子は想…

「ソルト」 2010

★★★★☆ ロシアから亡命した男を尋問していたCIAの女諜報員は、ロシア大統領を暗殺を計画している人物として自らの名を挙げられ、CIAに追われることになる。 途中でダレることなく、最初から最後まで息つく暇もない緊張感のあるシーンの連続。主演のアンジェリ…

「8月の家族たち」 2013

★★★★☆ 父親が家政婦を雇った直後に失踪し、残された母親を心配して三人の娘と親族が集まる。 冒頭の家政婦を雇うシーンからのタイトルバック、そしてそれが終わると当事者の父親はすでに失踪した後、という小気味の良い展開。それを受けて、妹一家、娘一家が…