BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

洋画

「ミラクル・ニール!」 2015

★★★☆☆ 宇宙人による地球を破壊するかどうかのテストで、サンプルとして選ばれ、どんな望みも叶えることが出来る能力を与えられた男。 特殊能力を与えられて、最初はその能力に喜ぶが、次第にそれに苦悩していくという、よくあるパターンの物語。物語自体はあ…

「サード・パーソン」 2014

★★★☆☆ パリのホテルに籠もって小説を書く、2作目以降はぱっとしない小説家と作家志望の若い女など、三組ののカップの姿が描かれる。 パリ、ローマ、ニューヨークと3つの都市のカップルが描かれるわけだが、正直、あまり場所の違いは分からなかった。後から…

「ロック・ザ・カスバ!」 2015

★★☆☆☆ 米軍の慰問コンサートのためにアフガニスタンにやって来た落ち目のマネージャーは、歌手に逃げられ彷徨ううちに、一人の才能のあるアフガニスタン人の少女を発見する。タイトルはThe Clashの「Rock the Casbah」から。 www.youtube.com かつては敏腕マ…

「ビッグ・アイズ」 2014

★★★★☆ 自分が描いた絵を、社交的で口の上手い夫が自分の絵として売り込むことで成功するも、ばれないようコソコソしなければいけないことに苦悩する女。画家マーガレット・キーンの実話を基にした映画。 絵を描くことは好きだが、興味を持ってくれた人にアピ…

「マラヴィータ」 2013

★★★☆☆ FBIの証人保護プログラムでフランスのノルマンディーに匿われることになった、ニューヨークの元大物マフィアとその家族。 アパートの一室で食事をしている所に殺し屋がやって来て、一家を皆殺しにするシーン。「レオン」のパロディーっぽくもあり、マ…

「新しい人生のはじめかた」 2008

★★★★☆ 娘の結婚式のためにロンドンにやって来た男と、空港で働く淋しい女が出会う。 原題は「Last Chance Harvey」なのにこの邦題で、ややこしい邦題「?の人生の?方」シリーズの一つとなっている。 離婚した妻との間の娘の結婚式に出席するダスティン・ホ…

「サバイバー」 2015

★★☆☆☆ ロンドンの米国大使館で、アメリカへの入国を画策するテロリストを調査していた女は、陰謀により自らがテロリストとして追われることになる。 テロリストの疑いのある人物を調査し、アメリカへの入国を防ぐのが任務のミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人…

「欲望という名の電車」 1951

★★★☆☆ 代々受け継がれてきた財産を失い、妹夫婦の家に身を寄せることになった女性。 とりあえず主人公の妹の夫役のマーロン・ブランドの存在感に目を見張らせられる。そりゃ人気がでるわ、というスター性が半端ない。それなりに重要な役を担っているが、もっ…

「フューリー」 2014

★★★★☆ 第2次世界大戦末期、ナチスドイツ相手に最前線で戦う戦車「フューリー」に、戦闘経験のない若者が加えられる。 戦車で戦い、多くの時間をその中で過ごし、いつもその側にいる乗組員たち。まるで戦車が家のようでもあり、乗組員たちは家族のようでもあ…

「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」 2009

★★★☆☆ ふとしたきっかけでオーソン・ウェルズと出会い、彼の舞台に端役で出ることになった演劇志望の高校生。 まず何よりも目を引くのはクリスチャン・マッケイが演じるオーソン・ウェルズのキャラクター。傲慢でわがままで傍若無人なのだが、嫌いになりきれ…

「パリより愛をこめて」 2010

★★★☆☆ パリのアメリカ大使館で秘書として働く男は、アメリカからやって来たCIAエージェントと組んで仕事をするよう命令される。 ジョン・トラボルタがスキンヘッドに髭面という出で立ちで登場。太り気味の巨体で、正直スター感はない。そんな彼が、大使館秘…

「ナイトクローラー」 2014

★★★★☆ こそ泥をしていた男が、たまたま事故現場で見かけたフリーランスのカメラマンの仕事ぶりに興味を持ち、自分も仕事を始める。 自転車を盗んだ金でカメラを手に入れ、仕事を始める主人公。最初は勝手がよくわからないが、すぐにコツを掴み存在感を示し始…

「トータル・リコール」 2012

★★★☆☆ 戦争により地球は汚染され、富裕層と労働者が別々の限られた居住可能な地域に住む世界。毎夜悪夢にうなされていた労働者の男は、記憶を弄ってどんな夢も叶えるリコール社に興味を持ち訪れる。 場所的にイギリスとオーストラリアの位置だけが汚染を免れ…

「ワールド・ウォーZ」 2013

★★★☆☆ ゾンビ化してしまう謎のウィルスが世界中で蔓延する中、家族とともに避難していた元国連捜査官は、事態収束のための調査を依頼される。 いわゆるゾンビものだが、ゾンビがゆらゆらと揺れながら迫ってくるのではなく、全速力で襲撃してくるところが特徴…

「ラ・ラ・ランド」 2016

★★★★☆ 古き良き時代のジャズクラブのような店を持つのが目標のミュージシャンと、女優の卵が出会う。 ファッションや車などはどこかレトロなのだが、スマホやPCも出て来る、時代設定は現代の不思議な雰囲気を醸し出している映画。だからといってスマホやPCと…

「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」 2015

★★★★☆ 清廉潔白な経営手法で立ち上げた石油会社を成長させてきた男は、ライバル会社によるものと思われる嫌がらせや妨害行為によって、次第に苦境に立たされる。 不正を嫌い、常に正しき行いを心がける理想の高い主人公。従業員が襲撃されれば見舞って温かい…

「タロットカード殺人事件」 2006 

★★★★☆ ロンドンでマジックショーを見に行った際に、死んだ敏腕ジャーナリストの霊に連続殺人事件の真犯人のネタを教えられたジャーナリスト志望のアメリカ人女子大生。マジシャンと共に真相に迫る。 スカーレット・ヨハンソンが、メガネを掛けて歯列矯正器を…

「16ブロック」 2006

★★★☆☆ 16ブロック先の裁判所へ囚人を護送するよう命じられた刑事が、同僚の悪徳刑事らに襲撃される。 ブルース・ウィリス演じる主人公は覇気のない、枯れた雰囲気を漂わせる刑事。警察内の立場も窓際に追いやられているようである。そんなやる気のない雰囲気…

「ゼロ・ダーク・サーティ」 2012

★★★★☆ ウサマ・ビン・ラーディンの行方を追うCIA分析官。実話をもとに作られた映画。 冒頭からいきなり拷問シーン。ひどい描写はなかったが、こういう出来れば隠しておきたいことをちゃんと描くのはエラい。ただ、こういう情報を聞き出すための拷問よりも、…

「ルーム」 2015

★★★☆☆ 高校生の時に誘拐されて以降、閉ざされた狭い部屋に監禁され、犯人との間に生まれた子供と共に暮らす女は、息子を説き伏せて脱出を図る。 映画の冒頭は母親と幼い息子の姿を映し出す。どこにでもいるような親子の姿のように見えるが、次第に異変に気づ…

「愛、アムール」 2012

★★★☆☆ 手術により半身に後遺症が残ってしまった妻の介護をする夫。アカデミー賞外国語映画賞。 歳を重ねても仲睦まじい夫婦。だけどそんな夫婦もいつまでも一緒にいられるわけではない。二人仲良く食事していた時に、妻が異変をきたすシーンには恐怖を覚えた…

「ブルージャスミン」 2013

★★★☆☆ セレブな生活をしていた女が、夫の逮捕で一文無しになり、妹の家に身を寄せて再起を図る。 セレブな生活から抜けきれず、庶民的な暮らしをする妹たちに、ついつい見下した言動をしてしまう主人公。夫の逮捕に関連した裁判などで、精神的にも不安定。気…

「おみおくりの作法」 2013

★★★☆☆ 孤独死した人物の葬儀を執り行う民生係の男は、人員整理によりリストラされることになり、最後の仕事に取り掛かる。 実際は、役所は身寄りのない死者を丁重に扱いましたよ、という体をなす程度の仕事をすればいいのだろうが、生真面目な主人公はそれが…

「ミッドナイト・イン・パリ」 2011

★★★★☆ 婚約者の家族と共にパリにやって来た脚本家の男は、散歩の途中に呼び止められた車に乗りこむと、いつの間にか彼が憧れる1920年代のパリにいた。 美しいパリの風景にどこか心浮き立つ音楽が流れ、ヘミングウェイやピカソ、F・スコット・フィッツジェラ…

「フェリーニのアマルコルド」 1973

★★★☆☆ イタリアの小さな村に春の訪れを告げる綿毛が舞い、浮き立つ住民たち。アカデミー賞外国語映画賞受賞。 全体として大きなストーリーがあるわけではなく、住民たちの日常のワンシーンを切り取って積み重ねたような映画となっている。面白い話、悲しい話…

「愛を読むひと」 2008

★★★★☆ 年上の女性と知り合い、関係を深めていく青年。 年上女性との恋。でもこれ今だと犯罪で片付けられてしまう味気ない世の中だよな、なんて思いながら見ていたのだが、途中から様相が変わってくる。よく考えると1950年代なんて、普通に戦争の経験をした人…

「ドライヴ」 2011

★★★☆☆ 思いを寄せる人妻のために、その夫の犯罪を手助けする凄腕のドライバー。 すごく静かな映画。主人公は寡黙で、感情の起伏は少ない。その背後で様々な想いを溜め込んでいくような静かな音楽が流れている。そんな静かな印象を与える映画だが、実際には激…

「キャロル」 2015

★★★☆☆ デパートで働く若い女が、接客した一人の女性に見惚れてしまう。 何気なさそうな主人公二人の会食シーンから物語が始まる。ただし二人の様子に何かただならぬものを感じさせながら、二人が最初に出会った時に時間は巻き戻される。 いわゆる同性愛の映…

「サイン」 2002

★★☆☆☆ 妻を亡くし、片田舎に子供二人と弟とで暮らす男の周りで、ミステリーサークルなど、不思議な出来事が起こるようになる。 冒頭のオープニングクレジットがとてつもなくダサいのだが、あれは敢えてなのだろうか。グラデーションのかかったブルーの背景に…

「複製された男」 2014

★★★☆☆ 大学講師をする男は、進められて見た映画にちょい役で出ていた自分そっくりの男に興味を持ち、コンタクトを取ろうと試みる。 意味深なシーンが多い不思議な映画で、よく分からなかったというのが正直なところだが、観終わった後に色々とネット上を見て…