BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「猫鳴り」 2007

★★★★☆ あらすじ 庭で死にかけていた子猫を飼うことにした子供のいない夫婦。 感想 猫にかかわった人々を描いた作品。そう聞くと、猫大好きな人たちがまさに猫可愛がりするほっこりした様子が描かれているのかと思ってしまうが、全然違う。例えば、最初の章に…

「太陽の季節」 1956

★★★☆☆ 内容 芥川賞受賞の表題作を含む短編集。 感想 表題作は裕福な家庭に育った若者たちの青春。ただし健全な青春ではなく、喧嘩や博奕、女など道徳観の欠如した青春。彼らに感じるのは満たされているが故の生への渇望だ。そこに若者特有の苛立ちや鬱憤のエ…

「リフォームの爆発」 2016

★★★☆☆ あらすじ 我が家のリフォームをすることにした主人公。 感想 リフォームに関する小説という事で、くどいくらいに間取りの説明が繰り返される。 おかげでもしもこの家を訪れることがあったら「ここはもともと茶室だったところですね?」とか、渡辺正行…

「ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる」 2016

★★★★☆ 内容 世界中から注目されている人気の都市ポートランドの街づくりの取り組みを紹介する。 感想 おしゃれなレストランや店が並び、至る所にアート作品が展示され、文化が栄える賑やかな街。車がなくても生活できるエコでサステイナブルな街。続々と人々…

「グッド・バイ」 1948

★★★☆☆ あらすじ 闇商売で知り合ったとてつもない美人だが声は悪く怪力の女の協力を得て、十人近い愛人たちとの関係を清算しようとする編集者の男。太宰治の未完の絶筆。 感想 伊坂幸太郎のこの作品をオマージュした小説「バイバイ、ブラックバード」でこの作…

「戦国十二刻 終わりのとき」 2016

★★★☆☆ 内容 豊臣秀頼、山本勘助、徳川家康ら戦国の雄たちの死までの最後の24時間を描く短編集。 感想 大坂夏の陣で死んだ豊臣秀頼を描いた「お拾い様」。淀殿は豊臣家の世継ぎの母親と捉えがちだが、織田家の者でもある。そちら側から見ると色々と歴史の見え…

「濹東綺譚」 1937

★★★☆☆ あらすじ 取材のために私娼窟を訪れた老作家が、若い女と知り合う。 感想 舞台は1936年ごろの東京。盧溝橋事件が起きて日中戦争がはじまる前夜といった時期だが、戦前というよりも関東大震災後という事が意識されながら街の様子が描写されている。戦前…

「ラブという薬」 2018

★★★★☆ 内容 いとうせいこうと彼の主治医である精神科医の星野概念の対談。 感想 この本の前提として、いとうせいこうは精神科に通っていると公言しているわけで、結構すごいことを言ってしまっているなと感じてしまうのだが、それだけ自分の中でも世間にもカ…

「サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う」 2018

★★★★☆ 内容 暴力団の大きな資金源となっている密猟の実態を探るノンフィクション。 感想 まず暴力団の市場への食い込みっぷりに驚かされる。高級食材のアワビは約半分が密漁モノとは。勿論それだけの量であれば闇で裁くことなど出来るわけがなく、堂々と表の…

「地獄変」 1919

★★★☆☆ あらすじ 性格が悪く疎まれてはいるが才能は認められていた絵師が、時の権力者に地獄絵図の屏風絵を書くよう依頼される。宇治拾遺物語 「絵仏師良秀」をアレンジした作品。 感想 絵師の芸術への執念を描いた作品。ストーリーは何となく知っていたので…

「腸と脳 体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか」 2018

★★☆☆☆ 内容 腸と脳がどのように連絡を取り合い、どのように我々の健康に影響を与えているのか、紹介する。 感想 消化器官が脳のような働きもしていると聞くと信じられないような気がするが、消化器官しかない生き物もいるわけで、元々は消化器官が脳のような…

「蜜のあわれ」 1959

★★★☆☆ あらすじ 老作家と飼っている金魚との会話。 感想 老作家と少女に擬人化された金魚との他愛のない会話を中心に、会話文だけで構成されている。若干、金魚の描写が曖昧でどんな姿をしているのかイメージしにくい部分はあるが、その時々で魚や人間に姿を…

「死の棘」 1977

★★★★☆ 感想 夫の浮気をきっかけに心を病んでしまった妻。 あらすじ 主人公である夫の浮気をきっかけに心を病んでしまった妻。浮気相手との出来事を微に入り細を穿つように何度も執拗に質問される主人公はたまったものじゃない。 (前略)あらわれているのは…

「しょうがの味は熱い」 2012

★★★☆☆ あらすじ 結婚をのぞむ女とそれをためらう男の同棲カップル。 感想 長年の同棲生活で心がすれ違う男女。一緒に食事をしても互いに別々なものを食べ、会話も少なく、男は連休にさっさとひとりで海外旅行に出かけてしまう。二人の関係が冷めてしまってい…

「鍵」 1956

★★★★☆ あらすじ 初老の男と年下の妻の夫婦生活と、それに利用される娘とその交際相手。 感想 互いの日記を通して夫婦生活が描かれていく。読む前から何となく内容は知っていたのだが、ここまで赤裸々な内容だとは思わなかった。主に夫の日記で性的な内容を多…

「そのひとクチがブタのもと」 2007

★★★☆☆ 内容 人は何故食べ過ぎてしまうのか。人間の無意識に働きかけている様々な食べ過ぎの要因を紹介し、その対策を教える。著者は食心理学の研究所主宰者。 感想 よくある特別な食材を積極的に摂ったり摂らなかったりする事で体重を減らそうとするダイエッ…

「アルゴリズム思考術 問題解決の最強ツール」 2017

★★★★☆ 内容 日常生活でも活用できるコンピューター科学に使用されているアルゴリズムを紹介する。 感想 コンピューター科学に用いられている「最適停止」「探索と活用」「ベイズの法則」などで用いられるアルゴリズムや理論が詳しく紹介されている。内容は易…

「サバイブ(SURVIVE) 強くなければ、生き残れない」 2017

★★★☆☆ 内容 動物たちが生き残るために取っている戦略を紹介する。 感想 生き残るための生存戦略と聞くとまず思い浮かぶのは、食物連鎖のトップに立つような襲われても負けない力の強さだが、それだけじゃないことを教えてくれる。力の強さは分かりやすく単純…

「はい、チーズ」 2009

★★★☆☆ 内容 カート・ヴォネガットの没後に出版された未発表短編集。 感想 収められた短編の中で「FUBAR」が一番気に入った。入社時に配属先のスペース不足でただ一人別の場所にデスクを与えられた男。一時的な処置だったはずなのに、そのまま存在を忘れ去ら…

「鳴門秘帖」 1927

★★★★☆ あらすじ 倒幕の動きの疑いがある阿波徳島藩の内情を探るために潜入し、その後消息を絶った隠密を探すため、阿波入国の手立てを探る主人公たち。 感想 冒頭の入れ替わり立ち替わり、次々と様々な登場人物が現れる展開が面白い。しばらくは誰が中心の物…

「マチネの終わりに」 2016

★★★★☆ あらすじ クラシックギタリストの男とジャーナリストの女が出会い恋に落ちる。 感想 ともに40代前後の男女が恋に落ちる。それは10代や20代の恋とは違って、それだけで動くことができない様々な事情を抱えてしまっている。例えば婚約者の存在やそれなり…

「あなたの体は9割が細菌 微生物の生態系が崩れはじめた」 2016

★★★★☆ 内容 人体にすむ微生物たちが人体に与えている影響を、明らかになりつつ研究の成果を踏まえて紹介していく。 感想 あなたが「自分の体」と呼んでいる容器を構成している細胞一個につき、そこに乗っかっているヒッチハイカーの細胞は九個ある。あなたと…

「ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅」 2013

★★★☆☆ あらすじ かつての同僚の女性から余命が少ないことを知らされた隠居生活を送る老人。見舞いの手紙を書き、ポストに投函するために出かける。 感想 手紙を投函するつもりで出かけたのに、気が付けばイギリスを南から北に縦断して、歩いて相手に会いに行…

「死に山 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相」 2014

★★★★☆ 内容 冷戦下のソ連で起きた不気味な未解決事件「ディアトロフ峠事件」の真相を探る。 ノンフィクション。 ディアトロフ峠事件 - Wikipedia 感想 雪山でトレッキングしていた9人の若者が不可解な死を遂げた事件。彼らの遺体はテントから遠く離れた地で…

「サブマリン」 2016

★★★★☆ あらすじ 無免許運転で歩行者を轢いて死なせてしまった少年を担当することになった家裁調査官。 感想 不注意で人を轢いてしまった人と、狙って人を轢いた人では、どちらが罪が重いのか?これから犯罪を犯そうとする可能性が高い人物であれば、その前に…

「サンショウウオ戦争」 1936

★★★☆☆ あらすじ 赤道直下の島で発見されたオオサンショウウオは、真珠を取ったり、海中での工事に活用されていたが、急激に進化し、また増殖もし、やがて人間と対立するようになる。 感想 内容とは関係ないが、まず和田誠による本の装幀が可愛らしくて良い。…

「LIFE<ライフ> 人間が知らない生き方」 2016

★★★☆☆ 内容 動物のあまり知られていない生態を紹介し、そこから人類の生き方を学ぶ。 感想 ペンギン・ライオン・パンダなどが、各動物ごとに漫画と文章で紹介される。すらすらと読めるが、一気に読もうとすると飽きてくるので、空き時間にパラパラと気軽な感…

「松尾潔のメロウな日々」 2014

★★★★☆ 内容 音楽プロデューサー・作詞家・作曲家である著者が、音楽ライターとして過ごした90年代のブラックミュージックを振り返る。 感想 正直、この著者のことは知らなかったのだが、クインシー・ジョーンズやジェームス・ブラウン、パフ・ダディなどの超…

「小津安二郎への旅 魂の「無」を探して」 2014

★★★☆☆ 内容 小津安二郎にゆかりのある場所、深川、松坂、尾道、鎌倉などを歩き、小津の人となりを探る。 あらすじ 序盤は名作「東京物語」についてページを割いて語られる。その中でかなり詳細な物語のあらすじが語られるのだが、それを読んでいるだけで映画…

「鳥頭なんて誰が言った? 動物の「知能」にかんする大いなる誤解」 2019

★★★☆☆ 内容 生き物について考えるとき、人々は当然のように人類を最も知能の発達した存在としているが、それは果たして真実といえるのだろうか?フランス人生物学者による考察。 感想 タイトルから、鳥類や生き物に関する面白話が書かれた本かと想像してしま…