BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「トーニオ・クレーガー 他一篇 」 2011

★★★☆☆ あらすじ 少年時代を過ごした街を出て、作家として名を成した男、トーニオ・クレーガー。別の邦題タイトルとして「トニオ・クレーゲル」「トニオ・クレエゲル」など。他一篇は「マーリオと魔術師」。 感想 美しい少年との友情や少女への恋心など、よく…

「生は彼方に」 1978

★★★☆☆ あらすじ 詩人として生きた男の人生。 感想 いろんなテーマが含まれている様な長編小説。その中でも青春、若さゆえの醜さが強く感じられる内容となっている。初めて得た恋人への嫉妬や独善的な要求、自己愛の強さと他者の視線との間で揺れるアイデンテ…

「脳科学者が教える 本当に痩せる食事法」 2019

★★★☆☆ 内容 脳科学の見地から見た本当に痩せる食事法を紹介する。 感想 世の中に様々なダイエット法があり、それにより成功した人はたくさんいるが、その後にほとんどの人がリバウンドすることになる。それは多くのダイエット法が個人の意志力に基づいて行わ…

「息吹」 2019

★★★★☆ 内容 表題作「息吹」を含む9つのSF短編集。 感想 どの短編も読みごたえのある内容。気軽に読めるというよりは、じっくりと味わってどっしりと疲れがくるような濃厚さがある。一つの短編を読み終えるたびに本を閉じ、しばらく考え込んでしまうような深…

「愛のようだ」 2015

★★★★☆ あらすじ 40代にして免許を取った男は、車を購入して仲間と遠出を繰り返す。 感想 東京から伊勢神宮、草津温泉、富山、岡山と、各地へ車で向かう道中が描かれる。しかし、途中で同乗者と運転を交代しながらではあるが、主人公は免許を取ったばかりなの…

「ダスクランズ」 1974

★★★☆☆ あらすじ ベトナム戦争末期にプロパガンダ政策を担当するアメリカ人と、アフリカ南部で象狩り遠征に出かけた開拓民の男、二人の物語。ノーベル賞作家のデビュー作。 感想 以前読んだこの作家の作品「恥辱」が面白かったので、デビュー作に手を出して見…

「ヌメロ・ゼロ」 2015

★★★☆☆ あらすじ 創刊のための試作版を準備している新聞の編集長から、回想録のゴーストライターを依頼された男。 感想 創刊準備はしているが、創刊することはないだろう新聞の編集室にやって来た男。そこでは毎日のように新聞社の編集方針についての議論がさ…

「冗談」 1967

★★★★☆ あらすじ 女友達に送った手紙に書いた冗談がもとで、人生を狂わされた男が久しぶりに故郷を訪れる。 感想 手紙に書いた冗談がきっかけで大学を追われ、人生が狂ってしまった男。紆余曲折を経た彼が、十五年ぶりに故郷に帰ってきたところから物語が始ま…

「リズム&ブルースの死」 1988

★★★★☆ 内容 ブラックミュージックの歴史を紐解く。 感想 20世紀の黒人音楽の変遷が語られる。出版されたのは88年なので80年代終盤のマイケル・ジャクソンやプリンスがスターとなり、ラップが出てきたあたりで終わる。 ポップ・ミュージックとして受け入れら…

「AX」 2017

★★★☆☆ あらすじ 恐妻家で凄腕の殺し屋は、家族の事を考え引退を考えている。連作短編集。 感想 伏線があり、とぼけた会話があり、驚きの展開がありといった著者得意の連作短編集。全体としては大きな物語といえるのだが、特に最初の数編は小粒な印象。主人公…

「ランサローテ島」 2000

★★★★☆ あらすじ スペインのランサローテ島に余暇を過ごすためにやって来た男は、現地で同じような観光客、ベルギー人の男と二人組のドイツ人女性と知り合う。 限定 レア ピンバッジ 風車小屋ランサローテ島カナリア諸島 ピンズ フランス メディア: 感想 物語…

「確率思考 不確かな未来から利益を生みだす」 2018

★★★☆☆ 内容 大学・大学院で心理学を学び、プロのポーカープレーヤーとして活躍した著者による経験と科学的裏付けをもとにした意思決定の方法。 感想 技術だけでなく運の要素も重要なポーカーゲームは、正しい状況判断で確率を見極め、勝負するか降りるか、続…

「悲しみよこんにちは」 1954

★★★★☆ あらすじ 父親とその若い愛人と共に避暑地の別荘にやって来た年頃の少女。そこに死んだ母親の友人がやって来て、別荘での暮らしに変化が訪れる。 感想 若い頃は何にも囚われず、自由気ままに生きたいと無邪気に思うものだが、でも心のどこかで、そうは…

「1998年の宇多田ヒカル」 2016

★★★★☆ 内容 日本で最もCDが売れた年、1998年にデビューした宇多田ヒカルら4人の女性アーティストについて考察する。 感想 1998年は宇多田ヒカルが「Automatic」で鮮烈にデビューした年。しかし、椎名林檎やAiko、浜崎あゆみも同じ年にデビューしているという…

「桜の園・三人姉妹」 2011

★★★☆☆ あらすじ/感想 桜の園 あらすじ 裕福な暮らしを続けるも借金を重ね、名所「桜の園」のある土地を売りに出している女主人とその一家。 感想 女主人の家は、昔からの裕福な名家なので、金持ちならではの英才教育を受けていても良さそうに思えるが、全く…

「82年生まれ、キム・ジヨン」 2016

★★★★☆ あらすじ 突然様子がおかしくなってしまった一児の母の半生。 感想 どこにでもいそうな一人の女性の半生が描かれていく。そこから見えてくるのは、女性の生きづらさ。自分よりも長男である弟が明らかに優遇され、年頃になれば見知らぬ男に話しかけられ…

「BUTTER」 2017

★★★★☆ あらすじ 容姿端麗とはいえないながら男たちを手玉に取り、殺害した容疑で逮捕された女。そんな世間の注目を集める女を取材することになった女性記者。 感想 実際にあった事件をモデルにした小説。男を騙して金を奪う女と言えば、誰もが美人を想像して…

「にんじん」 1894

★★★☆☆ あらすじ 赤茶けた髪、そばかすだらけの顔で「にんじん」とあだ名される少年の物語。連作短編小説。 感想 「にんじん」と呼ばれる少年と、その家族を中心とした小話が連作で綴られる。少年を主人公にした物語なので、ほんわかした雰囲気の物語なのかと…

「小沢健二の帰還」 2017

★★★★☆ 内容 90年代後半、日本の音楽シーンから姿を消し、近年再び姿を現した小沢健二は、その間何をしていたのか。その謎を追う。 感想 90年代中盤、テレビに出まくっていた小沢健二は次第に露出を減らし、ある時ぷつりとその消息を絶った。売れなくなったア…

「素粒子」 1998

★★★★☆ あらすじ 母親を同じくしながら互いのことを知らずに育った兄弟のそれぞれの人生。 感想 主人公は分子生物学者の弟。それと対比するように国語教師の弟の人生も描かれていく。 物語は彼らの祖父の人生を描くところから始まって、フランスらしい回りく…

「『男はつらいよ』50年をたどる。」 2019

★★★☆☆ 内容 国民的映画「男はつらいよ」の50年を振り返る。 感想 山田洋次が監督になるまでの半生が書かれていて、戦前戦中は満州で運転手やお手伝いさんがいるような裕福な暮らしをし、戦後は一転して日本で貧しく苦しい生活を送ったというのは知らなかった…

「嘔吐」 1938

★★★☆☆ あらすじ 世界中を旅した後、フランスの港町に居を構え、ある人物の伝記を書くために図書館に通う男。 感想 金に不自由せず、ただ自分の関心のままに図書館に通い、ある人物のことを調べる主人公の日々が日記形式で綴られていく。劇的な出来事はほとん…

「優雅で感傷的な日本野球」 1988

★★★☆☆ あらすじ 図書館に通い、本の中の野球に関する文章を書き写す男。 感想 1985年優勝当時の阪神の選手たちが多数登場し、おかしなことを言ったり、精神病院に収容されたり、アダルトビデオの男優になったりと、無茶苦茶なことになっていて、問題はなかっ…

「地図と領土」 2010

★★★★☆ あらすじ 現代アートに偉大な功績を残したアーティストの生涯。 感想 一人のアーティストの人生が、時おり評伝風の文章も織り交ぜながら語られていく。凄いのがその架空の芸術家が生み出す作品の描写。当然存在しないものなので見たこともないのに、あ…

「何が私をこうさせたか 獄中手記」 1931

★★★★☆ 内容 大逆罪で死刑となって服役中に自殺した大正時代のアナキスト・金子文子が、自身の生い立ちをつづった獄中手記。 金子文子 - Wikipedia 感想 まず、金子文子の手記を出版した関係者による冒頭の前書きの内容がグロい。獄死した文子の遺体を掘り起…

「三の隣は五号室」 2016

★★★★☆ あらすじ 東京郊外のアパートのある部屋の歴代の住人たちの物語。 感想 まず設定が面白い。あるアパートの一室に焦点をあてた物語。歴代の住人、13組が登場する。ただし時系列に沿って歴史を語るのではなく、時間を行ったり来たりしながら住人たちのエ…

「マイ仏教」 2011

★★★☆☆ 内容 著者が仏教に興味を持った経緯や関わり、著者なりに理解した仏教が語られる。 感想 まず著者と仏教の関係が描かれる。最初は仏像から入り、次第に教義などにも興味を示していく。京都育ちという地の利もあるが、彼をマニアックに突き詰めていくス…

「こちらあみ子」 2011

★★★☆☆ あらすじ 母親が自宅で運営する書道教室に通う男の子を好きになった女の子。他2編。 感想 表題作の「こちらあみ子」。まずは構成が上手い。現在から小学生に戻ってそこから中学卒業までを描き、一旦小学生以前にさらに遡ってから現在に戻ってくる。小…

「そして誰もいなくなった」 1939

★★★★☆ あらすじ 無人島に呼び寄せられた様々な経歴を持つ10人が、次々と殺されていく。 感想 様々な理由をつけて無人島に集められた10人の男女。最初は各人物の把握が大変だが、まんべんなく程よく紹介されていくのでそこまで苦労はしない。 集められた10人…

「私とは何か 「個人」から「分人」へ」 2012

★★★★☆ 内容 社会との関係を「個人」という単位で考えていることが、我々を苦しめているのではないかと考え、新たな単位「分人」で捉える「分人主義」を提案する。 感想 仮面をつけた自分だとか、本当の自分だとか考えるから人は苦しくなる。様々な場面で見せ…