BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「炎環」 1964

★★★★☆ あらすじ 鎌倉幕府成立前後の出来事を、各人物の目を通して描く連作短編集。直木賞受賞作。 感想 源頼朝の挙兵から鎌倉幕府が成立し安定期を迎えるまでが、短編ごとに主人公を変えながら描かれていく。今やっている大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見てい…

「ハンターキラー 潜航せよ」 2018

★★★★☆ あらすじ ロシア近海でロシアとアメリカの原子力潜水艦が相次いで撃沈し、アメリカは詳細を探るため、現地に潜水艦と特殊部隊を派遣する。 感想 ロシアのクーデターにアメリカが巻き込まれ、ハメられて世界大戦を引き起こした張本人に仕立てられそうに…

「夜汽車の女」 1972

★★★☆☆ あらすじ 大好きな姉が結婚することになり、その結婚相手の男に敵対心を持ち邪魔しようとする妹。 感想 美しい姉妹に大学教授の父親、それに少し怪しげな若い女中が暮らす大きな屋敷が舞台だ。普通じゃないくらい仲の良い姉妹は女中を小馬鹿にし、その…

「ザ・シークレット・サービス」 1993

★★★★☆ あらすじ かつて任務中にケネディ大統領暗殺事件に遭遇したシークレット・サービスの男は、大統領暗殺を目論む男に付きまとわれるようになる。原題は「In the Line of Fire」。 感想 冒頭は主人公がおとり捜査をするシーンから始まる。シークレット・…

「小野寺の弟・小野寺の姉」 2014

★★★☆☆ あらすじ 幼い頃に両親を亡くして以来、今もずっと実家で仲良く暮らす年の離れた姉弟。114分。 感想 中年に差しかかろうとする年頃の、肩寄せ合って生きてきた姉弟の日常が描かれる。こういう姉弟は、若い頃は温かい目で見てもらえるのだろうが、中年…

「炎のランナー」 1981

★★★☆☆ あらすじ 1924年のパリ五輪に挑んだ二人の英国人選手それぞれの生き様を描く。事実を基にした作品。アカデミー賞作品賞。原題は「Chariots of Fire」。 感想 二人の陸上選手が登場し、彼らのライバル関係が描かれていくのかと思ったが、そうではなく、…

「八月はエロスの匂い」 1972

★★★☆☆ あらすじ デパートの宝石売場で働く女はある日強盗に遭うが、後日その犯人を街で見かけ、あとをつける。73分。 感想 序盤に主人公が強盗に襲われるシーンがあるが、デパート内の様子や店員の着ている制服が、まるでジャッキー・チェンが活躍していたこ…

「さらば、シェヘラザード」 1970

★★★★☆ あらすじ 締め切りが迫るもなかなか筆が進まず、焦るポルノ小説のゴーストライター。タイトルのシェヘラザードは、「千夜一夜物語」の登場人物で語り手である女性から取られていく。 感想 普通に小説が始まったかと思いきや、第一章が終わった後にまた…

「15年後のラブソング」 2018

★★★★☆ あらすじ 90年代に活躍した後、消息不明になったあるミュージシャンの熱狂的なファンである恋人に辟易していた女性が、はずみで最近発表されたデモ音源に批判的なコメントをネットでしたところ、ミュージシャン本人から返信が来てしまい戸惑う。原題は…

「ジ、エクストリーム、スキヤキ」 2013

★★★★☆ あらすじ 恋人と同棲する男の元に、15年間も音信不通だった学生時代の友人が訪ねてくる。 感想 だらだらとユルい会話が交わされながら展開する物語だ。このスタイルは会話が面白くなかったら終わりで、特に邦画はそうなりがちな印象があるが、この映画…

「ナイト・アンド・ザ・シティ」 1992

★★★☆☆ あらすじ ふとしたきっかけでボクシングのプロモーターのライセンスを取得した弁護士の男は、初興行を成功させるために奔走する。1950年の映画「街の野獣」のリメイク作品。 感想 冒頭から主人公の騒々しい姿が描かれるが、舞台となるニューヨークの街…

「0課の女 赤い手錠」 1974

★★★☆☆ あらすじ 不祥事を起こし、警察の裏の仕事をすることになった元刑事の女は、誘拐された政治家の娘を救出するため、犯人一味に潜入する。 感想 赤が好きなのか、女子だからなのか、主人公が所持する警察手帳も手錠も拳銃も、すべてが真っ赤だったのが面…

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」 2015

★★☆☆☆ あらすじ ハロウィンに息子が行方不明になってしまった男は、一年後のハロウィンが近づくにつれ、息子の存在を感じるようになる。 感想 ハロウィンに引っ掛けた怪奇現象が起こるホラー映画だ。肝心の、得体のしれない何かがいるように見せる演出自体は…

「悼む人」 2015

★★☆☆☆ あらすじ 事件や事故で死んだ人を悼む旅を続ける男に、夫を殺してしまった女性が付き従うようになる。138分。 感想 各地で死者を悼みながら旅を続ける男が主人公だ。だが正直、彼がなんでそんなことをするのか分からない。独善的だ、意味ない、みたい…

「今夜、すべてのバーで」 1991

★★★★☆ あらすじ 若い頃から酒を飲み続け、ついに限界を迎えて入院することになった男。 感想 今後飲めなくなるからと、入院前にワンカップ酒を二つ、立て続けに飲み干してしまうようなアル中の男が主人公だ。何となく依存症になる人間はだらしがなく、意志が…

「砂上の法廷」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 息子が父親を殺した裁判で、弁護を引き受けるも容疑者が何も話してくれず、困り果てる弁護士。 感想 家族ぐるみで付き合っていた友人一家内で起きた殺人事件で、弁護をすることになった男が主人公だ。だが容疑者である友人の息子が何も話して…

「ドカベン」 1977

★★★☆☆ あらすじ 廃部寸前の柔道部を救うために入部したドカベンこと、山田太郎。 感想 主人公・山田太郎は公募で選ばれたという橋本三智弘が演じている。だがあまり華がなく、主役ぽくない冴えない感じだ。岩城や殿馬、長島ら他の登場人物たちがちゃんとキャ…

「イエスタデイ」 2019

★★★★☆ あらすじ 交通事故から目覚めるとビートルズが存在しなかった世界になっており、戸惑う売れないミュージシャンの男。 365日ビートルズ 作者:藤本国彦 扶桑社 Amazon 感想 なぜかビートルズが存在しなかった世界になっており、それを利用してビートルズ…

「暴力街」 1974

★★★☆☆ あらすじ かつての子分たちの暴走により、古巣の暴力団組織に狙われることになった元ヤクザの男。 感想 今はカタギの元ヤクザが、かつての部下の暴走により所属していた組と事を構えることになってしまう物語だ。主人公は古巣の組長に対するあるわだか…

「日曜日だけの一カ月」 1975

★★★☆☆ あらすじ 不倫をするなど性的問題を起こした牧師は、1か月の隔離生活を送ることになる。 感想 性的問題を起こし隔離生活を送る主人公が書いた、手記の形式を取る小説だ。毎日書くように指示されたため、一日一章で一か月分、31の章からなっている。そ…

「バリー・シール/アメリカをはめた男」 2017

★★★★☆ あらすじ CIAの仕事をするよう持ち掛けられたパイロットの男、バリー・シールは、やがて中南米の各組織とも仕事をするようになり、巨万の富を手に入れる。実話を基にした作品。原題は「American Made」。 バリー・シール - Wikipedia 感想 CIAに仕事を…

「幻の光」 1995

★★★★☆ あらすじ 幼い子供を残したまま夫が自殺したことを受け止めきれずにいる女は、やがて再婚し、北陸で新しい生活を始める。 感想 陰鬱なトーンの映像に荒涼とした北陸の風景、それに静かな音楽と、暗く物静かな雰囲気に包まれた映画だ。まるで主人公が夫…

「ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画」 2014

★★★☆☆ あらすじ 環境問題を真剣に憂う男は、自然に悪影響を与えているダムの爆破を仲間と共に企てる。原題は「Night Moves」。 感想 タイトルから派手なアクションやパニックシーンが繰り広げられるのかと思ったのだが、実際はとても静かな物語だった。ダム…

「僕達急行 A列車で行こう」 2012

★★★★☆ あらすじ 不動産開発会社に勤める鉄道好きの男は九州に転勤となるが、そこに失恋した鉄道仲間が遊びに来る。 感想 鉄道好きの男二人を中心とした物語だ。鉄道好きには乗り鉄、撮り鉄など様々な分野があると聞くが、主人公の音楽を聴きながら電車に乗る…

「ワンダラーズ 」 1979

★★★☆☆ あらすじ 1963年のブロンクス。人種や民族ごとに徒党を組む若者たちの中で、イタリア系のワンダラーズは、黒人グループと決闘することになる。 The Richy Wanderersレトロジャケット カラー: イエロー OBX Fashion Amazon 感想 冒頭の主人公らが敵のグ…

「鑑識レコード倶楽部」 2017

★★★☆☆ あらすじ 週に一度レコードを持ち寄り、コメントや評価は禁止でただじっくりと鑑識するように音楽を聴く倶楽部を立ち上げた主人公と友人。原題は「The Forensic Records Society」。 感想 コメントや評価を言い合うことなく、ただ持ち寄ったレコードを…

「風の視線」 1963

★★★☆☆ あらすじ 新婚夫婦を中心とした人間関係の中で渦巻く愛憎劇。 感想 新婚夫婦を中心とした群像劇だが、新婦はかつて上司と関係を持っており、その上司の妻は新郎が想いを寄せている、しかしその上司の妻は別の男といい関係になっており、そしてその男は…

「私は告白する」 1953

★★★★☆ あらすじ 真犯人から殺人の告解を受けた神父は、自身が嫌疑をかけられて逮捕されてしまう。 感想 神父に罪の告白をするも、警察に通報されるのではないかと怯えるようになった犯人と、主人公である神父の緊張感のある関係が描かれていくのかと思ってい…

「生きる職場 小さなエビ工場の人を縛らない働き方」 2017

★★★★☆ 内容 出退勤時間も休むのも自由でその連絡は不要、さらには嫌いな作業をやるのは禁止と、斬新な制度を次々と導入している超ホワイト企業の取り組みの様子を紹介する。 好きな日に出勤・欠勤する・天然えび工場 | [ 旨い!! 天然エビ パプアニューギニア…

「赫い髪の女」 1979

★★★☆☆ あらすじ ある雨の日に拾った女と暮らし始めたトラック運転手の男。 感想 冒頭からいきなり主人公が、友人とともに社長の娘を襲うワイルドなスタートだ。相変わらず昭和の男は荒ぶっている。そして次に主人公は、雨の中でひとり佇んでいた女を拾って連…