BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

★3

「夜汽車の女」 1972

★★★☆☆ あらすじ 大好きな姉が結婚することになり、その結婚相手の男に敵対心を持ち邪魔しようとする妹。 感想 美しい姉妹に大学教授の父親、それに少し怪しげな若い女中が暮らす大きな屋敷が舞台だ。普通じゃないくらい仲の良い姉妹は女中を小馬鹿にし、その…

「小野寺の弟・小野寺の姉」 2014

★★★☆☆ あらすじ 幼い頃に両親を亡くして以来、今もずっと実家で仲良く暮らす年の離れた姉弟。114分。 感想 中年に差しかかろうとする年頃の、肩寄せ合って生きてきた姉弟の日常が描かれる。こういう姉弟は、若い頃は温かい目で見てもらえるのだろうが、中年…

「炎のランナー」 1981

★★★☆☆ あらすじ 1924年のパリ五輪に挑んだ二人の英国人選手それぞれの生き様を描く。事実を基にした作品。アカデミー賞作品賞。原題は「Chariots of Fire」。 感想 二人の陸上選手が登場し、彼らのライバル関係が描かれていくのかと思ったが、そうではなく、…

「八月はエロスの匂い」 1972

★★★☆☆ あらすじ デパートの宝石売場で働く女はある日強盗に遭うが、後日その犯人を街で見かけ、あとをつける。73分。 感想 序盤に主人公が強盗に襲われるシーンがあるが、デパート内の様子や店員の着ている制服が、まるでジャッキー・チェンが活躍していたこ…

「ナイト・アンド・ザ・シティ」 1992

★★★☆☆ あらすじ ふとしたきっかけでボクシングのプロモーターのライセンスを取得した弁護士の男は、初興行を成功させるために奔走する。1950年の映画「街の野獣」のリメイク作品。 感想 冒頭から主人公の騒々しい姿が描かれるが、舞台となるニューヨークの街…

「0課の女 赤い手錠」 1974

★★★☆☆ あらすじ 不祥事を起こし、警察の裏の仕事をすることになった元刑事の女は、誘拐された政治家の娘を救出するため、犯人一味に潜入する。 感想 赤が好きなのか、女子だからなのか、主人公が所持する警察手帳も手錠も拳銃も、すべてが真っ赤だったのが面…

「ドカベン」 1977

★★★☆☆ あらすじ 廃部寸前の柔道部を救うために入部したドカベンこと、山田太郎。 感想 主人公・山田太郎は公募で選ばれたという橋本三智弘が演じている。だがあまり華がなく、主役ぽくない冴えない感じだ。岩城や殿馬、長島ら他の登場人物たちがちゃんとキャ…

「暴力街」 1974

★★★☆☆ あらすじ かつての子分たちの暴走により、古巣の暴力団組織に狙われることになった元ヤクザの男。 感想 今はカタギの元ヤクザが、かつての部下の暴走により所属していた組と事を構えることになってしまう物語だ。主人公は古巣の組長に対するあるわだか…

「日曜日だけの一カ月」 1975

★★★☆☆ あらすじ 不倫をするなど性的問題を起こした牧師は、1か月の隔離生活を送ることになる。 感想 性的問題を起こし隔離生活を送る主人公が書いた、手記の形式を取る小説だ。毎日書くように指示されたため、一日一章で一か月分、31の章からなっている。そ…

「ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画」 2014

★★★☆☆ あらすじ 環境問題を真剣に憂う男は、自然に悪影響を与えているダムの爆破を仲間と共に企てる。原題は「Night Moves」。 感想 タイトルから派手なアクションやパニックシーンが繰り広げられるのかと思ったのだが、実際はとても静かな物語だった。ダム…

「ワンダラーズ 」 1979

★★★☆☆ あらすじ 1963年のブロンクス。人種や民族ごとに徒党を組む若者たちの中で、イタリア系のワンダラーズは、黒人グループと決闘することになる。 The Richy Wanderersレトロジャケット カラー: イエロー OBX Fashion Amazon 感想 冒頭の主人公らが敵のグ…

「鑑識レコード倶楽部」 2017

★★★☆☆ あらすじ 週に一度レコードを持ち寄り、コメントや評価は禁止でただじっくりと鑑識するように音楽を聴く倶楽部を立ち上げた主人公と友人。原題は「The Forensic Records Society」。 感想 コメントや評価を言い合うことなく、ただ持ち寄ったレコードを…

「風の視線」 1963

★★★☆☆ あらすじ 新婚夫婦を中心とした人間関係の中で渦巻く愛憎劇。 感想 新婚夫婦を中心とした群像劇だが、新婦はかつて上司と関係を持っており、その上司の妻は新郎が想いを寄せている、しかしその上司の妻は別の男といい関係になっており、そしてその男は…

「赫い髪の女」 1979

★★★☆☆ あらすじ ある雨の日に拾った女と暮らし始めたトラック運転手の男。 感想 冒頭からいきなり主人公が、友人とともに社長の娘を襲うワイルドなスタートだ。相変わらず昭和の男は荒ぶっている。そして次に主人公は、雨の中でひとり佇んでいた女を拾って連…

「ブラック・ダイヤモンド」 2003

★★★☆☆ あらすじ 娘を誘拐され、ブラック・ダイヤモンドを引き渡すよう脅された男は、同じ目的を持つ台湾の諜報員と組んで、横取りされたダイヤモンドの奪還を目指す。 アンジェイ・バートコウィアク監督によるヒップ・ホップ・カンフー三部作の第3作目。 原…

「寝相」 2014

★★★☆☆ あらすじ 病後の祖父と狭い家で暮らし始めた孫の若い女。表題作の他「わたしの小春日和」「楽器」の3つの物語を収録。 感想 表題作は、老人と若い女の二人暮らしの様子が淡々と描かれていくのかと思っていたら、次第に家族四代の歴史が語られる壮大な…

「Red」 2020

★★★☆☆ あらすじ 裕福な男の家に嫁ぎ、子供にも恵まれて何不自由のない生活を送るも、どこか満たされない思いを抱えていた女は、かつての男と再会し不倫するようになる。 感想 主人公の女は、恵まれた環境にいながら家族との関係に問題があって辛い生活を送っ…

「女優 岡田嘉子」 1993

★★★☆☆ 内容 戦前の舞台・映画のスターで、ソ連に亡命した女優 岡田嘉子の生涯。 炎の女の70年―フォト・ドキュメント・岡田嘉子 (1973年) Amazon 感想 自分が岡田嘉子の存在を知ったのは「男はつらいよ」を見た時だった。そんなに出演時間はなかったのだが、…

「乱暴者」 1953

★★★☆☆ あらすじ ある町にやって来て仲間と共に騒いでいた暴走族のリーダーは、住民の反感を買ってしまう。タイトルの読みは「あばれもの」で、原題は「The Wild One」。 感想 荒くれ者のバイク乗り集団のリーダーが主人公の映画だ。彼らは町から町へと移動を…

「短くて恐ろしいフィルの時代」 2008

★★★☆☆ あらすじ 小さな国とそれを取り囲むように存在する大国。小国の異変をきっかけに諍いが起き、フィルという名の男が大国で台頭する。中編小説。 感想 小国の人口は7人。だけど国土が狭すぎて1人しかいることが出来ず、他の6人は大国の場所を少しだけ…

「妹」 1974

★★★☆☆ あらすじ 亡くなった両親が営んでいた食堂に一人住む男の元に、同棲していた妹が戻って来る。かぐや姫の曲「妹」を題材にした作品。 www.youtube.com 感想 冒頭の実家に帰ろうとする妹が地下鉄の駅に降り立ったシーンでの、たくさんの紙屑が風に舞うホ…

「スタンフォードの権力のレッスン」 2020

★★★☆☆ 内容 権力とは何か、どのように機能して影響を及ぼすのか、を心理学教授が解説する。原題は「Acting With Power: Why We Are More Powerful Than We Believe」。 感想 タイトルからなんとなく「権力の握り方」みたいなものが書かれているのかと思った…

「つぐみ」 1990

★★★☆☆ あらすじ 海辺の町で病弱のため甘やかされて育った少女は、東京の大学に行った友人を呼びよせ、ひと夏を過ごす。 感想 海辺の町を舞台にした物語だが、まずこの町が風情があっていい。伊豆の松崎町という所らしいが、なまこ壁の古い街並みと海がある風…

「なめくじに聞いてみろ」 1962

★★★☆☆ あらすじ 父親が育てた弟子の殺し屋たちを倒すために上京してきた息子。別タイトルは「飢えた遺産」。 感想 父親の弟子の殺し屋たちを、主人公の息子が一人ずつ消していく物語。ただ順番に弟子を見つけ出してきては倒していくのではなく、途中から敵が…

「シークレット ウインドウ」 2004

★★★☆☆ あらすじ 離婚問題を抱えた作家の男の元に、盗作されたと訴える怪しげな男が現れる。 感想 人里離れた湖畔の家に住む作家の男が主人公だ。住んでいる場所だけで主人公がどんな男か大体分かるな気がしてしまうが、作家というのは物語の題材にしやすいキ…

「一条さゆり 濡れた欲情」 1972

★★★☆☆ あらすじ 人気のある一条さゆりに敵愾心を燃やすストリッパー。 感想 タイトルに「一条さゆり」と名前が入っているが、実際の主役は彼女ではなく、伊佐山ひろ子が務めている。しばらくはそれに気づかず、脇役なのにずいぶんしっかりと描くのだなと思い…

「ザ・セル」 2000

★★★☆☆ あらすじ 昏睡状態に陥った連続殺人犯の精神世界に入り、拉致した女性の監禁場所を聞き出すように依頼された心理学者の女性。 感想 主人公が犯人の精神世界に入り込み、事件の真相を探る少し変わったシリアルキラーものだが、主人公である心理学者の女…

「月曜日のユカ」 1964

★★★☆☆ あらすじ 男を喜ばせることに生きがいを感じる愛人業の若い女は、ある日街でパトロンが家族と幸福そうに過ごすのを目撃して嫉妬を覚える。 感想 主人公を演じる加賀まりこの魅力が溢れる映画だ。彼女が見せる表情や仕草に惹きつけられる。彼女の存在が…

「殺しの烙印」 1967

★★★☆☆ あらすじ 順調に仕事をこなしてきた殺し屋の男。だが、たまたま知り合った女から受けた仕事をしくじってしまい、殺し屋たちに命を狙われることになる。白黒映画。 感想 テニスのように殺し屋にもランキングがあり、殺し屋たちが自分のランキングをすご…

「ステイン・アライブ」 1983

★★★☆☆ あらすじ ショービジネス界での活躍を夢見るダンサーの男は、たまたま見に行った舞台に出演していた一人の女性に惹かれる。映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の続編。 感想 冒頭からダンスと音楽でたたみ掛けてきて、この時代のベタなダンス映画の…