BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

★3

「イン・ザ・ベッドルーム」 2001

★★★☆☆ あらすじ 大学の休暇で戻ってきた息子が、子連れの年上の女性と付き合うようになり心配する両親。 感想 最初は話がどこに向かうのか、なんなら主役が誰かすら分からないような展開だったが、次第に流れが見えてくる。夏休みに戻ってきた息子が、子連れ…

「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」 2016

★★★☆☆ あらすじ 前回の戦いで勝利してから20年。再び宇宙人に侵攻された地球。 感想 前作で主演のウィル・スミス以外の登場人物たちは、ほとんど今回も出演しているようだが、観ているこっちがいかんせんほとんど覚えていない。前作の内容をしっかりと覚えて…

「ゴンドラ」 1987

★★★☆☆ あらすじ 母親と高層マンションで暮らす少女。ある日飼っていた小鳥が怪我をし困っていたところを、たまたまマンションの外窓の清掃をしていた青年に助けられる。 感想 少ないセリフで展開する物語。そんな中で愛想も愛嬌もない、可愛げのない主人公の…

「トーニオ・クレーガー 他一篇 」 2011

★★★☆☆ あらすじ 少年時代を過ごした街を出て、作家として名を成した男、トーニオ・クレーガー。別の邦題タイトルとして「トニオ・クレーゲル」「トニオ・クレエゲル」など。他一篇は「マーリオと魔術師」。 感想 美しい少年との友情や少女への恋心など、よく…

「セブン・シスターズ」 2017

★★★☆☆ あらすじ 人口爆発により一人っ子政策が行われる世界。祖父に匿われていた7つ子の姉妹は、交代で外出することで、ひとりの人格として生活を送っていた。 感想 人口爆発により一人っ子政策が取られ、過剰な子供たちは問題が解消するまで冷凍保存される…

「地獄」 1999

★★★☆☆ あらすじ 世の乱れを憂えた閻魔大王に、地獄の恐ろしさを知らしめるために招かれた女性。 感想 幼女連続誘拐殺人事件など、実際にあった事件をモチーフに、犯人たちが地獄にやってきたらどんな目に遭うのかを描いた作品。ある意味では、 法では裁きき…

「生は彼方に」 1978

★★★☆☆ あらすじ 詩人として生きた男の人生。 感想 いろんなテーマが含まれている様な長編小説。その中でも青春、若さゆえの醜さが強く感じられる内容となっている。初めて得た恋人への嫉妬や独善的な要求、自己愛の強さと他者の視線との間で揺れるアイデンテ…

「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」 2017

★★★☆☆ あらすじ 恋人を殺した犯人を見つけるためにアフリカで暮らす男は、現地の内戦に巻き込まれてしまう。 感想 冒頭、アフリカの海賊に襲われた商船から一人の中国人が飛び出して、窮地を救うのだが、いきなりすぎて誰?みたいな状態になってしまった。あ…

「高台家の人々」 2016

★★★☆☆ あらすじ 妄想癖を持つ女と心を読める能力を持つ名家の男の恋物語。 感想 序盤は綾瀬はるか演じる主人公の妄想が次々と映像化されていく。最初は綾瀬はるか得意のコメディアンヌぶりに普通に見ることが出来ていたのだが、何度も繰り返されるうちに段々…

「ウインド・リバー」 2017

★★★☆☆ あらすじ インディアン居住区で女性の遺体を発見した男は、駆け付けたFBI捜査官の女性に協力を要請される。 感想 序盤の、遺体発見の報に駆け付けたFBIの女性捜査官の場違い感がコミカルで面白かったのだが、あれは後から考えると、インディアン居留地…

「カサンドラ・クロス」 1976

★★★☆☆ あらすじ 危険な細菌に感染したテロリストが逃げ込んだ大陸横断列車。高名な医師を中心として乗客たちは対処にあたる。 感想 列車内という密室で広がる謎の病気、というパンデミック物っぽい始まりだが、意外とそれは取っ掛かりにすぎない。離婚と結婚…

「脳科学者が教える 本当に痩せる食事法」 2019

★★★☆☆ 内容 脳科学の見地から見た本当に痩せる食事法を紹介する。 感想 世の中に様々なダイエット法があり、それにより成功した人はたくさんいるが、その後にほとんどの人がリバウンドすることになる。それは多くのダイエット法が個人の意志力に基づいて行わ…

「こおろぎ」 2006

★★★☆☆ あらすじ 盲目で口の利けない老人と暮らす若い女。一部の映画祭のみで上映された劇場未公開作。 感想 若い女と盲目の老人の奇妙な関係。そして、そこに若い男が現れて、という話。ただ分かりやすい男女の物語ではなく、抽象的な内容となっている。 良…

「弓」 2005

★★★☆☆ あらすじ 漁船で海上生活を送る老人と少女は、数か月後に結婚することになっている。 感想 海上に停泊した漁船に、釣り客をボートで送迎をして生計を立てる老人と少女。少女は船から一切降りないという独特な生活だが、韓国ではわりと良くあるスタイル…

「ジャズ大名」 1986

★★★☆☆ あらすじ 幕末の駿河の小藩に、アメリカからやって来た黒人ミュージシャンが流れ着く。 感想 「ジャズ大名」というタイトルはインパクトがある。スチャダラパーの昔の曲で、この言葉が出てくる曲があったはずだが、どの曲か思い出せない。でも、このタ…

「ザスーラ」 2005

★★★☆☆ あらすじ 父親が出かけ、家に残された子供たちのうちの一人が、地下室で謎のボードゲームを発見する。 感想 ボードゲームで起きたことが実世界でも起きるというファンタジー映画。ただ、ボードゲーム的には二人で対戦しているのに、実世界ではどちらの…

「メールで届いた物語」 2005

★★★☆☆ 内容 メールを題材にした4つの物語からなるオムニバス映画。 感想 こういったオムニバス映画は若手を集めて作る、ということが多いように感じるが、15年後の今も活躍する役者たちが多数出演していて、少なくともキャスティングに関しては間違いなかっ…

「ダスクランズ」 1974

★★★☆☆ あらすじ ベトナム戦争末期にプロパガンダ政策を担当するアメリカ人と、アフリカ南部で象狩り遠征に出かけた開拓民の男、二人の物語。ノーベル賞作家のデビュー作。 感想 以前読んだこの作家の作品「恥辱」が面白かったので、デビュー作に手を出して見…

「ヌメロ・ゼロ」 2015

★★★☆☆ あらすじ 創刊のための試作版を準備している新聞の編集長から、回想録のゴーストライターを依頼された男。 感想 創刊準備はしているが、創刊することはないだろう新聞の編集室にやって来た男。そこでは毎日のように新聞社の編集方針についての議論がさ…

「黒いジャガー」 1971

★★★☆☆ あらすじ 黒人街ハーレムのボスの娘が誘拐され、捜査を依頼された私立探偵。 感想 登場人物たちのファッショナブルな姿や、小粋な会話、アイザック・ヘイズの印象的な音楽に、意味なく挿入される美女とのベッドシーンと、エンターテイメントに富んだ作…

「絶対の愛」 2006

★★★☆☆ あらすじ いつか付き合っている男が自分に飽きてしまうのではとの不安から、整形手術を受けた女。 感想 男に飽きられてしまうかもと不安になって、別人になるくらい整形してしまう主人公の心理が全く理解できない。容姿が理由で相手にもしてくれない、…

「哭声/コクソン」 2016

★★★☆☆ あらすじ 不可解な事件が次々と起こる田舎町。最近住み着いた日本人のしわざとの噂が広まり、調査を始める警察官。 感想 田舎町で次々と惨殺や放火といった不可解な事件が起きる。単純に事件のあらましを聞いただけでも妙なのだが、その描写が見事。呆…

「モンスターズ/地球外生命体」 2010

★★★☆☆ あらすじ メキシコの地球外生命体が増殖する危険地帯で、現地でけがをした社長令嬢をアメリカに無事に連れて帰るよう依頼されたカメラマン。 感想 地球外生命体が登場するからと、パニック映画かと思って観ると拍子抜けする。もはや地球外生命体を見て…

「香港国際警察/NEW POLICE STORY」 2004

★★★☆☆ あらすじ かつての事件で部下を失い、自暴自棄の生活を送っていた刑事は、犯人たちが再び動き出したことを知る。 感想 最初の1時間は、主人公が犯人グループに翻弄され、精神的に痛めつけられる過去シーンと、それがきっかけで酒におぼれ自堕落な生活…

「AX」 2017

★★★☆☆ あらすじ 恐妻家で凄腕の殺し屋は、家族の事を考え引退を考えている。連作短編集。 感想 伏線があり、とぼけた会話があり、驚きの展開がありといった著者得意の連作短編集。全体としては大きな物語といえるのだが、特に最初の数編は小粒な印象。主人公…

「どですかでん」 1971

★★★☆☆ あらすじ 貧しい地域で暮らす人々。 感想 貧しい地域で暮らす人々の群像劇。市電運転手になったつもりで街中を走る少年、感じのいい夫と悪い妻の夫婦、我が家を空想するホームレスの親子、といった感じで皆どこか寓話的なキャラクターたちだ。 登場人…

「確率思考 不確かな未来から利益を生みだす」 2018

★★★☆☆ 内容 大学・大学院で心理学を学び、プロのポーカープレーヤーとして活躍した著者による経験と科学的裏付けをもとにした意思決定の方法。 感想 技術だけでなく運の要素も重要なポーカーゲームは、正しい状況判断で確率を見極め、勝負するか降りるか、続…

「ファントム・オブ・パラダイス」 1974

★★★☆☆ あらすじ 自分の曲が大手レコード会社の社長に盗まれた事を知り、激怒する駆け出しのミュージシャン。「オペラ座の怪人」を翻案したミュージカル映画。 感想 自分の曲を盗まれ、陰謀で刑務所にまで入れられてしまった主人公。ただ、怒り狂ってるうちに…

「一番美しく」 1944

★★★☆☆ あらすじ 軍需工場で働く女子挺身隊員たち。高い生産目標の達成のために一丸となる。ちなみに主演の矢口陽子は、のちに監督の黒澤明と結婚した。 感想 戦時中に作られた映画ということで、明らかな国威発揚映画。序盤は、ほとんど北朝鮮と変わらないよ…

「女と男の観覧車」 2017

★★★☆☆ あらすじ 1950年代のニューヨーク、コニーアイランドで、再婚した夫と共に遊園地で働き、そこに暮らす女。夫の娘が転がり込んできたことで女の生活は微妙に歯車が狂いだす。 感想 働いている遊園地の元見世物小屋で、自身の連れ子と再婚した夫と暮らす…