BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

★3

「引き裂かれたカーテン」 1966

★★★☆☆ あらすじ 東西冷戦下、学会へ向かう途中で西ドイツに亡命しようとしていたアメリカ人物理学者は、無理やり付いてきた婚約者を持て余す。 感想 船でヨーロッパの学会に向かったポール・ニューマン演じる主人公。同行したジュリー・アンドリュース演じる…

「キング・ホステージ」 2017

★★★☆☆ あらすじ かつては頼もしかったが今は荒れた生活を送る兄が誘拐されてしまい、その行方を探す弟。原題は「Arsenal 」。 感想 ニコラス・ケイジが主演かと思っていたが違って、敵役だった。しかし、ふざけているのかと思うような胡散臭いキャラクターに…

「ヒズ・ガール・フライデー」 1940

★★★☆☆ あらすじ かつての上司で元夫である新聞社の編集長に結婚の挨拶にやってきた女は、強引に取材に行かされることになる。 クェンティン・タランティーノ監督が名作の一つに挙げた作品。 jp.sputniknews.com 感想 古い白黒映画ということで、のどかなテン…

「南瓜とマヨネーズ」 2017

★★★☆☆ あらすじ ミュージシャンを目指す男のために、夜の店で働き始めた女。 感想 ほとんど活動もせず、くすぶっているミュージシャンを目指す彼氏のために、夜の店で働き始める臼田あさ美演じる主人公。彼氏の音楽活動の為だったら、どんなことでもして応援…

「スーパーマン リターンズ」 2006

★★★☆☆ あらすじ 5年ぶりに地球に戻ってきたスーパーマンは、かつての恋人に婚約者と恋人がいる事を知る。 感想 スーパーマンを演じる主役のブランドン・ラウスが、いかにも正統派の男前といった雰囲気でぴったりとハマっている。冷静に考えるとかなりカッコ…

「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」 2011

★★★☆☆ あらすじ 60年ぶりの大砂嵐が迫る砂漠の宿では、様々な理由で続々と人が集まっていた。前作「 ドラゴン・イン/新龍門客棧」の後日譚。 感想 冒頭からどうもうまく話に入っていけない気がしていたのだが、続編だったからのようだ。それを知らずに観てい…

「夜汽車」 1987

★★★☆☆ あらすじ 里子に出された年の離れた妹を気にかけながら芸者として働いてきた女は、夜汽車で出会った一人の男と恋仲となる。 感想 天涯孤独の姉妹の話ではあるのだが、その二人の前に登場した萩原健一演じる男の駄目さ加減が際立っている。自分の力で成…

「パンとバスと2度目のハツコイ」 2018

★★★☆☆ あらすじ パン屋で働く女性の前に、かつての初恋の男性が現れる。 感想 なんとなくのんびりとした、ゆるい空気の中で進行する物語。悪く言えば、はっきりとしない、煮え切らないぬるい映画。見る時の気分によって印象が変わりそうだ。心がささくれ立っ…

「さよなら、僕のマンハッタン」 2017

★★★☆☆ あらすじ 恋に悩み、人生に虚無感を感じる青年は、隣の部屋に引っ越してきた中年の男と親しくなる。 感想 序盤は若き青年の恋の物語。彼女との関係が思うようにならず、もどかしさを感じている主人公に、隣の部屋に引っ越してきた飲んだくれのおじさん…

「ダブリナーズ」 1914

★★★☆☆ あらすじ アイルランド・ダブリンで暮らす人々の姿を描いた短編集。別邦題「ダブリン市民」 。 感想 理解できるがなんとも言えないような気分になるものや、分かるような分からないような内容だったりの、うーん、となってしまうような短編が続く。巻…

「スピンクの笑顔」 2017

★★★☆☆ 内容 飼っている犬からみた著者の生活を綴ったエッセイ。 感想 スピンクシリーズの最終巻。スピンクも高齢となり、あまり愉快な出来事が起こらなくなったからか、思い出話がかなりの部分を占めている。なんとなく年寄りが昔話をよくするようになるのと…

「プライド 栄光への絆」 2004

★★★☆☆ あらすじ アメフトの州大会で優勝することを目指す田舎の高校チームとコーチ。事実を基にした物語。 感想 高校アメフトの強豪校がある田舎町。選手やコーチは町の人から声をかけられ、チームは皆に応援され愛されている。町のアイデンティティにもなっ…

「霧の旗」 1965

★★★☆☆ あらすじ 殺人犯として逮捕された無実の兄の弁護を依頼するために、熊本から東京の高名な弁護士の元を訪れた妹。 感想 高名な弁護士に依頼をするために東京に向かう倍賞千恵子演じる主人公。しかし、そんな弁護士を雇うのはお金がかかるということぐら…

「ウディ・アレンのバナナ」 1971

★★★☆☆ あらすじ ひょんなことから南アメリカの革命軍に参加することになった男。 感想 冴えない仕事をしていた男が、社会運動に熱心な彼女に付き合っていたら、いつの間にか南米の独裁国家でゲリラ活動を行うことになってしまうというコメディ。とにかくギャ…

「毛皮のヴィーナス」 2013

★★★☆☆ あらすじ 劇場を去ろうとしていた脚本家の元に、オーディションをして欲しいという謎の女がやって来る。 感想 登場人物は二人だけで、劇場の中だけで繰り広げられる密室劇。最初は帰ろうとする脚本家と必死に留めようとする女優の間で宙ぶらりんの状態…

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 2014

★★★☆☆ あらすじ 地球を侵略する宇宙人と戦う人類。激戦地に行くことを拒んだメディア担当の少佐は、二等兵に降格させられ最前線へ送られてしまう。 感想 最初は主演のトム・クルーズが、これまでの映画で演じてきたキャラクターとは違って、口先だけの嫌な奴…

「東京オアシス」 2011

★★★☆☆ あらすじ 配達の途中に立ち寄ったコンビニで、喪服を着た中年女にヒッチハイクされた男。 感想 最初は、小林聡美演じる主人公が不審者過ぎて若干怖い。深夜という事もあり、このままヤバい事件が起きる展開が待ち受けていても不思議ではない雰囲気を醸…

「靴職人と魔法のミシン」 2015

★★★☆☆ あらすじ 先祖代々の歴史ある靴の修理屋を受け継いだ、しがない生活を送る男は、ある日靴の持ち主に変身できる方法を発見する。 感想 年老いた母親との二人暮らしで、家と店を往復するだけの味気ない生活を送る主人公。ある日、地下に眠っていたミシン…

「ジャッキー・チェンの醒拳」 1983

★★★☆☆ あらすじ 敵対する流派の武闘家に追われる兄弟とその息子。 感想 前作の「クレイジーモンキー 笑拳」や過去の作品の映像を流用・編集して作られた作品。どれだけ酷い作品に仕上がっているのかと興味津々だったのだが、全体的なストーリーとしては意外…

「ラーメンガール」 2009

★★★☆☆ あらすじ 恋人を追って日本にやってきたアメリカ人女性は、ひょんなことからラーメン屋で修業することになる。 感想 アメリカから日本にやってきた女性が、ラーメン屋で修業をするという物語。こういう一般的にはあまりよく知られていない世界に主人公…

「ダーティ・グランパ」 2016

★★★☆☆ あらすじ 結婚を一週間後に控えた男は、妻を亡くしたばかりの祖父に旅行に誘われる。 感想 妻を亡くし、久しぶりの独身生活に浮かれる祖父とそれに付き合わされる孫。祖父が妻の葬式の翌日からはしゃいでいるのに違和感を感じない事もないが、長い闘病…

「つけびの村 噂が5人を殺したのか?」 2019

★★★☆☆ 内容 2013年に山口県の過疎地で起きた連続殺人放火事件を取材したルポ。 山口連続殺人放火事件 - Wikipedia 感想 事件発生当時は、Uターンしてきた犯人に住民達が嫌がらせをしていたなどと噂され、平成の津山事件・八つ墓村とも囁かれた事件。犯人によ…

「光」 2017

★★★☆☆ あらすじ 幼い頃に起こした人殺しの秘密を共有するも、津波により島を出てバラバラになった3人の男女。 感想 主演の井浦新の何を考えているのか分からない感じが良い。その表情や仕草にヤバそうな雰囲気が漂っていて、画面に緊張感が漲っている。その…

「キング・オブ・ハーレー」 1993

★★★☆☆ あらすじ 麻薬潜入捜査官として、バイカー集団に加わることになった男。実話を基にした物語。 感想 事前の情報として、ひげ面で後ろ髪だけ伸ばしたチャーリー・シーンのビジュアルしか見ていなかったので、てっきり面白コメディーなのかと思っていた。…

「イエスの幼子時代」 2013

★★★☆☆ あらすじ 移民としてやってきた男と彼と行動を共にする母親を探す男の子。 感想 移民として一緒にとある街にやってきた初老の男と母親を探す男の子の物語。その冒頭からどこかふわふわしていて、いかにも寓話的。以前に何があったのか、主人公である老…

「モスラ3 キングギドラ来襲」 1998

★★★☆☆ あらすじ 全国の子供たちを連れ去ろうとするキングギドラが現れ、それを阻止するためにモスラが現れる。平成モスラシリーズ第3作目。 感想 子供たちをさらうキングギドラが現れ、対抗するために呼ばれてやって来るモスラ。それにしても、小美人の姉妹…

「ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ」 2018

★★★☆☆ あらすじ テロリストの密入国を手助けしているメキシコの麻薬カルテルたちを弱体化させるため、内紛を起こさせるよう指示されたCIA捜査官。前作「ボーダーライン」からのスピンオフ。 感想 超法規的措置をとりながら作戦を遂行する彼らの実態を、前作…

「探偵はBARにいる3」 2017

★★★☆☆ あらすじ 男子大学生から消息が分からなくなった恋人の捜索を依頼された探偵。 感想 探偵である主人公が、失踪した女子大生を探す序盤は、どのような事件につながっていくのか全容がなかなか見えず、どうなっていくのかと期待させてくれる。ただ、次の…

「人間とは何か?」 1906

★★★☆☆ 内容 人間とは何か?について語り合う老人と若者。 感想 人間は外部の刺激に対して自動的に返す機械に過ぎないと主張する老人と、それに反発する若者の会話が繰り広げられる。老人が新しい考え方を示し、若者が当時の一般的な考え方を代表していると言…

「モスラ2 海底の大決戦」 1997

★★★☆☆ あらすじ 現われた怪獣ダガーラを倒すために、ニライカナイの遺跡を訪れてモスラを呼んだ少年少女たち。平成モスラシリーズ第2作目。 ニライカナイ - Wikipedia 感想 序盤の小学校のくだりで細川ふみえが登場するのだが、巨乳を強調するわけでも、それ…