BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「宮城野<ディレクターズカット版>」 2010

★★★☆☆ あらすじ 絵師の弟子として働く男と女郎の関係が、謎の絵師、東洲斎写楽の存在を絡めて語られる。 送料無料 東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画 人物画 浮世絵 役者絵 大首絵 女形 歌舞伎 錦絵 雲母摺 江戸【版画 絵画】【A287】 出版社/メーカー…

「全員死刑」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 金に困ったヤクザの一家は、金貸しの女を殺害し現金を奪おうと計画する。実際に起きた事件が題材。 大牟田4人殺害事件 - Wikipedia 感想 資産家の女とその家族が次々と殺されていく事件。こんな事件が実際に起きたのだなという意味では興味深…

「夢二」 1991

★★★☆☆ あらすじ 金沢で駆け落ちの約束をした女を待つ竹久夢二。 竹久夢二『立田姫(二曲一隻屏風絵)』復刻版画 人物画 女性画 美人画 びょうぶ パーテーション 間仕切り【版画 絵画】【A592】 出版社/メーカー: 竹久夢二 メディア: この商品を含むブログを見…

「私は猫ストーカー」 2009

★★☆☆☆ あらすじ 野良猫のあとをつけるのが趣味の、古本屋アルバイト女子店員。 感想 なんでもない日常が淡々と描かれる。路地を歩き猫を見つければ写真を撮ったり、人目を憚らずにじゃれ合う女子。多少ヤバい空気は出ているが、突き詰めることはしないので猫…

「甘い鞭」 2009

★★★☆☆ あらすじ 高校生の時に監禁事件の被害者となった女医。夜はSMクラブで働いている。 感想 思っていたより激しい描写の連続で面白く感じるのだが、次第に慣れてくる。SMクラブのシーンでも感じるが、初めて訪れた人はひどく興奮するものでも、そこで働い…

「健さん」 2016

★★★★☆ 内容 高倉健を知る人たちにインタビューしたドキュメンタリー映画。 感想 世界的な映画監督から行きつけだったお店の主人まで幅広くインタビューが行われている。 特にマーティン・スコセッシやジョン・ウーら映画監督たちの話は、普段はあまり表に出…

「ミッドナイト・イーグル」 2007

★★☆☆☆ あらすじ 謎の飛行物体の正体を探るために雪山を行く元戦争カメラマン。 感想 冒頭の主人公が戦争カメラマンに限界を感じるエピソードが陳腐過ぎる。陳腐なのはともかく演出が全然ダメで、ああこれはつまらない映画だなと察してしまった。 2時間以上あ…

「愛怨峡」 1937

★★★★☆ あらすじ 温泉宿の若旦那の子供を身ごもり一緒に駆け落ちした女中。しかし、男は連れ戻され、身重のまま一人東京で生きることになってしまう。 感想 白黒の古い映画でかなり画質が悪く、音声も聞き取れない部分があるが、次第に慣れてくる。80年前の街…

「Miss ZOMBIE」 2013

★★☆☆☆ あらすじ とある一家にゾンビが送り付けられ、使用人として働かせられることになる。 感想 ゾンビ映画と聞いてイメージするようなホラーやアクションは一切なく、静かに物語は進行する。とはいえ、ゾンビ映画なんだからそれっぽいことやるんでしょ?と…

「不能犯」 2018

★★☆☆☆ あらすじ 無料で依頼を受け、マインドコントロールで人を殺す男と、それを証明できず逮捕できない警察。 感想 依頼を受けマインドコントロールで人を殺すという設定はいいとして、この男は何をして生計を立てているのかとか、殺人は何が目的かとか、な…

「生きものの記録」 1955

★★★☆☆ あらすじ 原水爆の被害を恐れて家族を引き連れてブラジルへ移民しようとする鉄工所経営の老人と、それを阻止しようとする家族たち。 感想 当時35歳だという三船敏郎が老人役をやっていて、コント感が出ても良さそうなものなのにそうはなっていないのが…

「ちはやふる -下の句-」 2016

★★★☆☆ あらすじ 全国大会出場に向けて練習に励む主人公たち。しかし、同学年のクィーンに勝ちたいと突っ走る主人公と他のメンバーの間に溝が出来てしまう。 感想 前作に続く後編。観客にとって競技かるたはもはや未知の世界ではないので、知らない世界を覗き…

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 2013

★★★☆☆ あらすじ 死んだ幼なじみが現れたことで、再び会うようになったかつての仲間たち。テレビシリーズの内容に新たな内容を加えた総集編。 感想 一人一人に焦点を当てながら、少しずつ過去を描いていく構成は上手い。ただその割には過去が詳細に描かれず、…

「ちはやふる -上の句-」 2016

★★★☆☆ あらすじ 幼なじみを巻き込んで競技かるた部を創設した女子高生。 感想 競技かるた。ほぼ何も知らない世界なので、単純にそれを眺めるだけでも興味深い。ルール、練習風景、試合の様子などすべてが新鮮。 そしてなんだかんだで広瀬すずはいい演技を見…

「マエストロ!」 2015

★★☆☆☆ あらすじ 資金難で解散した名門オーケストラが、何者かによって再結成され、怪しげな指揮者がやってくる。 感想 変な指揮者が現れてオーケストラの団員たちは不信感を持つが、実はすごい指揮者で、次第に両者に信頼関係が築かれ、ついにおとずれたコン…

「KOTOKO」 2012

★★★☆☆ あらすじ 世間と折り合いをつけられず、自分の幼い子供を育てる事すら困難な女。 感想 幼い子供を抱えて生きる女。しかし子供が襲われるんじゃないかと極度に人と接するのを恐れ、また自身が誤って殺してしまうのではないかとも恐れている。そのせいか…

「狗神」 2001

★★★★☆ あらすじ 高知の山奥で和紙作りをする中年の女は、小学校に赴任してきた若い男と恋に落ちる。 感想 川沿いの道をバイクで走る若者。電車が走り民家がまばらにある道が次第に山道となり、やがては両サイドに険しい山が迫るだけの道に。そこから川を離れ…

「世界は今日から君のもの」 2017

★☆☆☆☆ あらすじ ゲーム会社でバイトを始めた引きこもりがちの女は、ひょんなことからゲームのキャラクターのイラストを担当することになる。 感想 数々の人気ドラマを生み出してきた脚本家の作品とは思えないほど、脚本がひどい。ひどいのは脚本だけではない…

「ラブ&ピース」 2015

★★★☆☆ あらすじ かつてはミュージシャンを目指し、今はダメ会社員となった男が、ひょんなことからミュージシャンとしてスターとなる。 感想 敢えてだと思うが、序盤の長谷川博己演じる主人公のダメサラリーマンのダメっぷりが極端すぎて冷める。まるでコテコ…

「二重生活」 2016

★★★☆☆ あらすじ 大学院の論文のテーマとして、担当教授から誰か一人を尾行することを提案された女は、本屋でたまたま見かけた近所の男を尾行することにする。 感想 大きな家で美人の奥さんと可愛い娘と住む男。絵にかいたような幸せな家庭だが実は男には愛人…

「ジェラシーゲーム」 1982

★★★☆☆ あらすじ 北海道を旅する若いカップルと中年の夫婦は、ひょんなことから互いのパートナーが途中から入れ替わってしまう。 感想 旅の途中に喧嘩して別行動になった二組のカップルが、互いの相手を拾ってそのまま旅を続ける。北海道を車とバイクで旅する…

「気球クラブ、その後」 2006

★★★★☆ あらすじ 所属していた熱気球サークルのリーダーが交通事故にあったという情報をやり取りしている間に、いつの間にか久しぶりに皆で集まることになった元メンバーたち。 感想 サークルの元メンバーたちの間で、リーダーだった男が交通事故を起こした情…

「パーフェクト・レボリューション」 2017

★★★☆☆ あらすじ 障害を抱え車いす生活を送りながらも障害者の性に対する啓蒙活動を行う男のもとに、一人の若い女性が現れる。実話をもとにした物語。 感想 冒頭の二人が付き合い始めるまでの経緯は、どうなんだろう?と思ってしまった。実話でもあるし、結局…

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 家出をしてサーカス団で暮らす女は、いつしか現実と妄想の間を彷徨うようになる。 感想 スタイリッシュで刺激的な映像の連続。それ自体は中々のクオリティだと思うのだが、凄い、とはならないのは、常に既視感がつきまとうから。どこかで見た…

「TAJOMARU」 2009

★★☆☆☆ あらすじ 室町時代、管領職を代々務めてきた畠山家の若い兄弟は、幼いころに召し抱えた盗人の陰謀により数奇な運命をたどることになる。 感想 タイトルに主役の役名を冠しているあたりに、主人公をヒーロー的に描きたい意図を感じるのだが、残念ながら…

「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 2010

★★★☆☆ あらすじ あれから15年。独裁者の知事とその娘ゼブラクィーンが支配するゼブラシティと名を変えた東京で、ゼブラーマンは目覚めるが記憶を失っていた。 感想 記憶喪失のゼブラーマンが記憶を取り戻すまでの前半一時間がとてつもなくつまらなかった。お…

「セーラー服と機関銃 -卒業-」 2016

★★★☆☆ あらすじ 商店街の平穏と引き換えに組を解散した女子高生の組長。しかし手打ちをした相手の組が別組織に吸収され、再び商店街に不穏な影が忍び寄る。 感想 かつて、薬師丸ひろ子主演で名セリフと共に一世を風靡した映画の続編。いわゆるアイドル映画で…

「アズミ・ハルコは行方不明」 2016

★★★★☆ あらすじ グラフティアートの素材として使われ有名になった女性が、失踪するまでのいきさつが描かれる。 感想 冒頭からしばらくは何の脈絡もないような映像が断片的に流れ戸惑うが、次第にそれぞれがつながり、話の流れが見え始めて面白くなってくる。…

「ワイルド7」 2011

★★☆☆☆ あらすじ 凶悪犯を超法規的措置で退治するために集められた七人の元凶悪犯たち。 感想 とりあえず7人がカッコつけすぎていてダサい。あの赤いマフラーに革ジャンの衣装も漫画なら違和感なくカッコいいのかもしれないが、実写だとかなりきつい。日常生…

「トリガール!」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 工業大学に入学した女子が、ふとしたきっかけから人力飛行サークルに入会し、鳥人間コンテストを目指す。 感想 出演者のセリフがモノラルっぽいというか、少し遠くで喋っているような感じで聞こえるので、自分の耳が悪くなったのかと不安にな…