BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「捨て身のならず者」 1970

★★★☆☆ あらすじ 圧力に屈せず暴力団の闇を追う雑誌記者は、ハメられて殺人事件の容疑者となってしまう。 感想 主演の高倉健が雑誌記者を演じてヤクザと対峙する物語。主人公は暴力組織の闇を追ううちに、暴力団のみならず警察などの各方面から圧力をかけられ…

「海よりもまだ深く」 2016

★★★★☆ あらすじ 別れた妻に未練を残し、金目のものを求めて母親の元へ足しげく通う売れない中年の作家。 感想 主人公は、金が入ってもすぐにギャンブルで使い果たして後輩や姉に借金する生活を送り、未練のある別れた妻をいつまでも遠くから監視するようなダ…

「風が強く吹いている」 2009

★★★★☆ あらすじ 知らないうちに大学陸上部の寮に入れられてしまった男は、仲間と共に箱根駅伝を目指すようになる。 感想 弱小大学の陸上部が箱根駅伝を目指す物語。主将によって寮に集められた個性豊かなメンバーが、それぞれの想いを抱えながら互いに助け合…

「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」 2016

★★★★☆ あらすじ 死人が流れてくる島の話に興味を持ち、女性編集者と共に現地に向かった探偵は、他の事件との関連性に気づく。タイトルの「星籠の海」の読みは「せいろのうみ」。 感想 主人公のちゃんとした紹介もないままに、続編のようにどんどんと話が進ん…

「東雲楼 女の乱」 1994

★★★★☆ あらすじ 幼い頃に遊郭に売られた女は、やがて先輩女郎が始めた遊郭でお茶子頭を務めるようになる。 感想 序盤に遊郭の一日を紹介するシーンがあるが、客を取るために必死に踊ってアピールし、裏ではバチバチやり合う女郎たちを見ていたら、現代のアイ…

「今夜、ロマンス劇場で」 2018

★★★☆☆ あらすじ 映画監督を目指す青年は、古い白黒映画の中からやって来た女性と一緒に暮らすことになる。 感想 映画を愛する主人公の青年と映画の中からやってきた女性との恋模様。女性は、演じていた女優としてではなく、映画の中の役柄の女性がそのままや…

「荒野の渡世人」 1968

★★★☆☆ あらすじ 舞台はアメリカの西部劇の時代。元侍の日本人の父親とアメリカ人の母親を殺された男は、復讐のために犯人を追う。 感想 開拓時代のアメリカに生まれ育った侍の子が、両親を殺した男たちへの復讐を誓う。冒頭は、主人公と父親の会話は日本語、…

「SCOOP!」 2016

★★★☆☆ あらすじ 凄腕の中年フリーカメラマンは、写真週刊誌の副編集長に、若い女性記者の教育を依頼される。原田眞人監督の1985年のテレビ映画「盗写 1/250秒」のリメイク作品。 感想 いわゆるゴシップネタを追うパパラッチカメラマンの物語。中年カメラマン…

「ミックス。」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 元選手だった母親のスパルタ教育に嫌気がさして卓球をやめ、普通の人生を目指していた女は、恋破れて実家に戻り、再び卓球をすることになる。 感想 開始からしばらく、新垣結衣の可愛いところを見せておけば皆喜ぶのだろう、とでもいうような…

「(本)噂のストリッパー」 1982

★★★☆☆ あらすじ 場末のストリッパーに一目ぼれした若者。 感想 森田芳光監督の第3作目。この監督は「家族ゲーム」やそれにまつわる逸話の印象が強くて、作家性の強い作品ばかりを撮っているのかと思っていたが、落語家を題材にしたデビュー作の後、アイドル…

「ゲゲゲの女房」 2010

★★★☆☆ あらすじ 婚期が遅れた女は、戦争で片腕を失った漫画家と結婚し、貧しい生活を送るようになる。漫画家・水木しげるとその妻を描いた伝記映画。 人生をいじくり回してはいけない (ちくま文庫) 作者:水木 しげる 筑摩書房 Amazon 感想 吹石一恵演じる主…

「内海の輪」 1971

★★★☆☆ あらすじ 不倫相手と瀬戸内の町で密会する計画を立てた女。タイトルの読みは「ないかいのわ」。 感想 崖下に転落した女性の死体が発見されるシーンから映画はスタートする。そして時間を遡り、そこに至るまでに何があったのか、その過程が描かれていく…

「赤線」 2004

★★☆☆☆ あらすじ 出所後、赤線地帯に戻ってきた男は、一人の女の元に通うようになる。 感想 赤線地帯における人間模様。様々な過去を持った女たちが集まり、そこに様々な思いを背負った男たちが群がる。低予算感はあるが、赤線地帯の猥雑な雰囲気はよく出てい…

「昼顔」 2017

★★★☆☆ あらすじ 不倫の末、互いに連絡を取らない誓約書を作成して別れた二人は、ひょんなことがきっかけで再度頻繁に会うようになる。人気ドラマの続編。 昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX 上戸彩 Amazon 感想 全然ドラマは見ていなかったのだが、そ…

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 2017

★★★☆☆ あらすじ 何らかの事件を起こすも逃走手段を失った三人の若者は、空き家となっていた元雑貨店で朝まで待機することにする。 感想 事件後、朝まで潜伏することになった空き家で、若者たちが不思議な体験をする物語。ただ序盤は、そんなことよりも彼らが…

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」 2017

★★★★☆ あらすじ 映画製作の出資金を持ち逃げされたヤクザの男は、建設コンサルタントの男を引き連れて、金を回収するために奔走する。 感想 主人公のヤクザを演じる佐々木蔵之介が、振り切って演じていて面白い。ヤバい状況になればなるほど、なんだか楽しそ…

「日本沈没」 1973

★★★☆☆ あらすじ 日本近郊の海底調査を行っていた地質学者らは、異常な現象を目の当たりにして、日本に大災害が起きる可能性を危惧し始める。 感想 学者らが海底調査を行うシーンから映画はスタートする。正直、どんな状況なのだかはよく分からないのだが、そ…

「オー・ルーシー!」 2018

★★★★☆ あらすじ ふとしたきっかけで英会話の体験教室に参加し「ルーシー」と名付けられた女は、帰国した英会話教師を追ってアメリカに向かう。 感想 冷めた日常を過ごす40代独身女性の主人公が、たまたま訪れた英会話教室で、戸惑いつつも変わっていくという…

「キスより簡単」 1989

★★★☆☆ あらすじ 母親の奔放な性格のおかげで自分の父親が誰か分からない女は、自身も奔放な生活を送るようになる。 感想 母親が奔放で、すべて父親が違う四姉妹の三女が主人公。さらに、主人公の父親は母親が当時付き合っていた三人の男性のうちの誰か、とい…

「藏」 1995

★★★☆☆ あらすじ 新潟の大地主で、酒蔵の蔵元でもある一族の物語。 感想 大正期に一族に娘が生まれたところから物語は始まる。しかしそれまで8回妊娠したのにすべて死なせてしまっているというのは色々とすごい。裕福な家庭なので健康状態自体は悪くないと思…

「アキレスと亀」 2008

★★★★☆ あらすじ 売れない画家の半生。 感想 売れない画家の半生が幼少期から描かれていく。裕福な家庭の子供からスタートし、波乱の人生を送る主人公の幼少期を映し出す映像は、考え抜かれたような構図とセピア色のトーンが素晴らしい。一瞬、小津映画かと見…

「この子の七つのお祝いに」 1982

★★★☆☆ あらすじ 自分たちを捨てた父親を恨み、復讐を果たすよう母親から言われて育った女と、彼女の存在を追うルポライター。 感想 ある政治家秘書の内情を探っていた記者が、情報提供者の殺人事件に遭遇した事から始まる物語。岩下志麻が主演のはずなのに、…

「燃ゆるとき」 2006

★★☆☆☆ あらすじ アメリカでの売り上げを増加させるために、現地法人に赴任することになったカップ麺会社の営業社員。 マルちゃん ホットヌードル NEO 醤油 1ケース(12食入) マルちゃん Amazon 感想 現地でのカップ麺のシェアを伸ばす使命を与えられてアメリ…

「50回目のファーストキス」 2018

★★★★☆ あらすじ 事故の後遺症で一晩経つとその日の記憶がリセットされてしまう記憶障害の女性に恋をしてしまった男。2004年のアメリカ映画「50回目のファースト・キス」のリメイク作品。 感想 一晩経てばその日起きた事をすべて忘れてしまう女性。主人公は彼…

「くりいむレモン」 2004

★★★☆☆ あらすじ 親同士の結婚により義理の兄妹として同居する男女。 感想 一つ屋根の下で暮らす義理の兄妹が、両親の不在中に距離を縮める物語。互いに意識しながらも、なんとか距離を保とうとする二人の微妙な関係を描く前半は悪くない。両親の代わりに妹の…

「喜劇急行列車」 1967

★★★☆☆ あらすじ 東京発長崎行きや鹿児島行きの寝台特急列車で車掌を務める男。「列車シリーズ」第1作。 感想 寝台特急の車掌の仕事を紹介しつつ、列車内を中心に起きる様々な出来事をコミカルに描いた喜劇。主演の車掌を演じる渥美清がまるで寅さんのようだ…

「無宿人別帳」 1963

★★★☆☆ あらすじ 罪人として佐渡金山に送られた男たちは、ある日脱走を企てる。 感想 佐渡金山に送られ、人間扱いされずに働かされる男たちの物語。罪人たちだけあって色々と個性的な面々なのだが、どのキャラも大してちゃんと描かれていないのが残念だった。…

「ザ・レイプ 」 1982

★★★★☆ あらすじ 帰宅途中に暴行されてしまった女性は、加害者を刑事告訴し裁判を行う決意をする。 感想 オブラートに包まないド直球のタイトル。これだといわゆる成人向け映画なのかと勘違いしてしまいそうだが、暴行被害に遭った女性が立ち直っていく姿を描…

「社葬」 1989

★★★☆☆ あらすじ 会長派と社長派で対立する新聞社。一旦は社長派の勝利で決着がついたかに見えたが、社長の死により再び情勢が怪しくなる。 感想 友人のだまし討ちで無理やり社長派に引き込まれてしまった主人公。迷惑そうな顔をしていたので、そういう争いご…

「殺人遊戯」 1978

★★★★☆ あらすじ 敵対する暴力団の双方から殺しの依頼を受けた凄腕の殺し屋。遊戯シリーズ第2作目。92分。 感想 敵対する暴力団の間を行ったり来たりする主人公。どこか黒澤明の「用心棒」を想起させるようなプロットだ。だが細かいストーリーはかなり雑で、…