BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「三度目の殺人」 2017

★★★★☆ あらすじ 供述が二転三転する殺人犯の弁護を引き受けることになった弁護士。 感想 主人公は、真実や正義よりも、裁判を有利に進めることを重要視する弁護士。そんな彼が受け持つことになった依頼人は、供述が二転三転し、死刑になりたくないという必死…

「at Home アットホーム」 2015

★★☆☆☆ あらすじ 詐欺や窃盗で生計を立てる一家。ある日、母親が詐欺に失敗して、一家は窮地に立たされる。 感想 父親が一日の窃盗の成果を発表したり、家族で母親の結婚詐欺の設定を考えたりするような一家。それだけでも普通ではないのに、家族が皆、妙に仲…

「南瓜とマヨネーズ」 2017

★★★☆☆ あらすじ ミュージシャンを目指す男のために、夜の店で働き始めた女。 感想 ほとんど活動もせず、くすぶっているミュージシャンを目指す彼氏のために、夜の店で働き始める臼田あさ美演じる主人公。彼氏の音楽活動の為だったら、どんなことでもして応援…

「夜汽車」 1987

★★★☆☆ あらすじ 里子に出された年の離れた妹を気にかけながら芸者として働いてきた女は、夜汽車で出会った一人の男と恋仲となる。 感想 天涯孤独の姉妹の話ではあるのだが、その二人の前に登場した萩原健一演じる男の駄目さ加減が際立っている。自分の力で成…

「パンとバスと2度目のハツコイ」 2018

★★★☆☆ あらすじ パン屋で働く女性の前に、かつての初恋の男性が現れる。 感想 なんとなくのんびりとした、ゆるい空気の中で進行する物語。悪く言えば、はっきりとしない、煮え切らないぬるい映画。見る時の気分によって印象が変わりそうだ。心がささくれ立っ…

「グッドモーニングショー」 2016

★★★★☆ あらすじ 朝のワイドショーの生放送中に立てこもり事件が起こり、犯人に呼び出されたニュースキャスター。 感想 ほぼ2時間の朝のワイドショー中に起きた出来事を描く映画。刻々と放送内容が変更され、出演者やスタッフが慌ただしく動き回る様子は、テ…

「霧の旗」 1965

★★★☆☆ あらすじ 殺人犯として逮捕された無実の兄の弁護を依頼するために、熊本から東京の高名な弁護士の元を訪れた妹。 感想 高名な弁護士に依頼をするために東京に向かう倍賞千恵子演じる主人公。しかし、そんな弁護士を雇うのはお金がかかるということぐら…

「インストール」 2004

★★☆☆☆ あらすじ 不登校となり、近所の小学生と一緒に風俗チャットのバイトを始めた女子高生。 感想 神木隆之介が若いというか、完全に子供。彼と上戸彩は、結構な年齢差があるのだなと実感できる。この人が高校2年生の時にあの人は小学2年生だった、みたいな…

「東京オアシス」 2011

★★★☆☆ あらすじ 配達の途中に立ち寄ったコンビニで、喪服を着た中年女にヒッチハイクされた男。 感想 最初は、小林聡美演じる主人公が不審者過ぎて若干怖い。深夜という事もあり、このままヤバい事件が起きる展開が待ち受けていても不思議ではない雰囲気を醸…

「受難」 2013

★★☆☆☆ あらすじ 股間に人面瘡ができてしまった敬虔なクリスチャンの女性。 感想 女性の股間に人面瘡ができるという設定でまず掴んで、引きのある画を撮りつつ、面白おかしいやりとりをさせ、最終的にはいい話に持っていく、という意図を感じる映画。そして残…

「あなた買います」 1956

★★★★☆ あらすじ 大学リーグのスター選手をめぐって、激しい争奪戦を繰り広げるプロ野球スカウトたち。 感想 将来有望な大学の野球選手を巡って、コーチや家族を巻き込みながら繰り広げられるプロ野球スカウトたちの争奪戦が描かれる。タイトルもそうだが、コ…

「光」 2017

★★★☆☆ あらすじ 幼い頃に起こした人殺しの秘密を共有するも、津波により島を出てバラバラになった3人の男女。 感想 主演の井浦新の何を考えているのか分からない感じが良い。その表情や仕草にヤバそうな雰囲気が漂っていて、画面に緊張感が漲っている。その…

「モスラ3 キングギドラ来襲」 1998

★★★☆☆ あらすじ 全国の子供たちを連れ去ろうとするキングギドラが現れ、それを阻止するためにモスラが現れる。平成モスラシリーズ第3作目。 感想 子供たちをさらうキングギドラが現れ、対抗するために呼ばれてやって来るモスラ。それにしても、小美人の姉妹…

「TOKYO TRIBE」 2014

★★★★☆ あらすじ 近未来のトーキョー。各地域はトライブ(族)によって仕切られていた。 感想 近未来の架空の都市トーキョーを舞台にしたラップミュージカル。特に序盤はほぼラップで見事にシーンがつながっていく。まるで色んなタイプのミュージックビデオを…

「探偵はBARにいる3」 2017

★★★☆☆ あらすじ 男子大学生から消息が分からなくなった恋人の捜索を依頼された探偵。 感想 探偵である主人公が、失踪した女子大生を探す序盤は、どのような事件につながっていくのか全容がなかなか見えず、どうなっていくのかと期待させてくれる。ただ、次の…

「牝猫たち」 2017

★★★★☆ あらすじ 風俗店で働く三人の女たち。 感想 三人の女性と客たち、そして店員たちの群像劇。こういった業界を舞台にした物語というと暗い話になりがちだが、ちゃんと笑いも交えて悲喜こもごもの人情劇となっているのが良い。 おそらく三人の女性とそれ…

「モスラ2 海底の大決戦」 1997

★★★☆☆ あらすじ 現われた怪獣ダガーラを倒すために、ニライカナイの遺跡を訪れてモスラを呼んだ少年少女たち。平成モスラシリーズ第2作目。 ニライカナイ - Wikipedia 感想 序盤の小学校のくだりで細川ふみえが登場するのだが、巨乳を強調するわけでも、それ…

「別れぬ理由」 1987

★★★☆☆ あらすじ 互いの不倫が明らかになり、冷戦状態となった熟年夫婦。 感想 開業医の夫は若い女と浮気を繰り返していたくせに、妻が浮気をしているのではと疑念を抱いた途端に妻をネチネチと責め立て始める。自分の浮気がバレてると知っても、開き直ってい…

「四月は君の嘘」 2016

★★★☆☆ あらすじ ピアニストとしての将来を嘱望されながらもピアノを止めてしまった男子高生の前に、一人の女子高生が現れる。 感想 消極的というかあきらめてしまった男子高生が、突然現れた無邪気で天真爛漫で活発な少女に強引に振り回されているうちに変わ…

「モスラ」 1996

★★★★☆ あらすじ 人間によって封印が解かれ、復活してしまったデスギドラと対決するモスラ。平成モスラシリーズ第一作。 感想 ゴジラやガメラが爬虫類ぽいのに対して、モスラは蝶(蛾)がモデルの怪獣。カラフルでモフモフしており、モノクロ感のある固そうで…

「もっとしなやかにもっとしたたかに」 1979

★★★★☆ あらすじ 妻が蒸発し残された幼い子供を姉夫婦に預けて暮らす運送業の男は、ある日若い女性と出会う。 感想 妻に逃げられ立ち直れずに、孤独に暮らす奥田瑛二演じる主人公の前に現れる不思議な少女。その少女を演じる森下愛子が魅力的だ。何を考えてい…

「黒いドレスの女」 1987

★★★★☆ あらすじ 裏の稼業を持つバーテンダーの元に、黒いドレスを着た謎の女が現れる。 感想 主演とされる原田知世は、黒いドレスを着た謎の女役。ただ謎の女がいつまでたってもミステリアスだとにっちもさっちもいかないので、相手役のバーテンダーを演じる…

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 読者から寄せられた心霊体験に興味を持ち、調べ始めた小説家。 感想 女子大生が話すマンションの一室で起こる心霊現象に興味を持った小説家。そこで起きた過去の出来事を調べているうちに、部屋からマンション全体、そして土地の歴史を遡るよ…

「八つ墓村」 1996

★★★☆☆ あらすじ 自身がある村の資産家の息子だということを知らされた青年。当主に請われて訪れた村で次々と殺人事件が起きる。 感想 山奥の村の資産家の跡継ぎ候補の一人だと知ってやってきた青年。血縁関係者とはいえ、誰ひとり知らない家の中へ入っていく…

「映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 現代から戦国時代にタイムスリップして、織田信長として生きる高校生。次第に本能寺の変が近づいてくる。 テレビドラマの劇場版。 感想 現代からタイムスリップした主人公が織田信長になり、本物の織田信長は明智光秀として生きているという…

「馬鹿が戦車でやって来る」 1964

★★★☆☆ あらすじ 村の人間に馬鹿にされ、逆上して隠し持っていた戦車で暴れる男。 「馬鹿シリーズ」第三作目。 感想 聞いただけで可笑しみが感じられる良いタイトル。でも冷静に考えると、戦争なんて簡単に言えばこういう事なのかもしれない。どんな戦争も武…

「野良犬」 1949

★★★★☆ あらすじ 拳銃をスリに掏られてしまった刑事は、ベテランの刑事と共に行方を追う。 感想 刑事が拳銃を盗られてしまったというのに、警察のリアクションは薄い。とてものんびりとしていてのどかだ。しかしそれも戦後まもなくのために、世に拳銃が溢れて…

「恋人たち」 2015

★★★★☆ あらすじ 妻を通り魔に殺された男や皇室に憧れていた主婦、友人に想いを寄せる弁護士らの日常。キネマ旬報ベスト・ワン作品。 感想 最初は良く分からないが、次第に登場人物たちの 状況が見えてくる群像劇。なかでもやはり、妻を通り魔に殺されるも犯…

「絶唱」 1966

★★☆☆☆ あらすじ 親の反対を押し切って、奉公に来ていた女と駈け落ちした地方の大地主の息子。 感想 大地主の息子と小作人の娘の許されぬ恋。女はそれを自覚していて、二人を引き離そうとする周囲の意向を汲んで遠い場所に奉公へ出ることに同意していたのに、…

「本能寺ホテル」 2017

★★★☆☆ あらすじ 結婚を控えた女性が京都で宿泊したホテルは、戦国時代の本能寺につながっていた。 感想 戦国時代に現代人がタイムスリップするというよくある物語。別に意図的に行ったわけではないので当然だが、ただ本能寺の変直前の信長らとお喋りするだけ…