BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「一人息子」 1936

★★★☆☆ あらすじ 貧しい中、女手一つで苦労して育てた息子の出世した姿を見るために上京した母親。 感想 さんざん苦労して息子に教育を与えたのに、思ったようにはなっていなかったという母親の悲哀が描かれるのだが、その前に息子の行動が引っかかってしまう…

「FRIED DRAGON FISH」 1993

★★★★☆ あらすじ 捜索を依頼された深海魚を探す探偵と、オペレーターの女。テレビドラマとして製作・放送され、その後に劇場公開された。 感想 30年近く前だから当然だが、出演者らが皆若い。そして、得体のしれない若者を演じる浅野忠信の存在感。彼だから成…

「ディストラクション・ベイビーズ」 2016

★★★★☆ あらすじ 憑りつかれたように繁華街で道行く人に喧嘩を仕掛け、殴りかかる男。 感想 冒頭の音楽が不穏過ぎると感じたのだが、全然それに負けない不穏な内容の映画だった。 何の説明もなく、ただただ暴力にのめり込む男の物語。それを演じる柳楽優弥の…

「殿、利息でござる!」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 宿場町の窮状を救うために住民たちが知恵を絞る。事実をもとにした物語。 感想 ポスターのビジュアルや出演者の顔ぶれから金策に右往左往するドタバタのコメディなのかと思いきや、なかなかの地味な物語。映画冒頭に窮状から抜け出すためのプ…

「男はつらいよ お帰り 寅さん」 2019

★★★★☆ あらすじ 作家となった寅次郎の甥、満男はサイン会でかつての恋人・泉と再会を果たす。シリーズ50作目。 感想 冒頭はいまいちしっくりこない。オープニングで主題歌を歌う桑田佳祐も悪くはないのだが、どこかコントのようでもある。そんなぎこちない感…

「姿三四郎」 1943

★★★☆☆ あらすじ 柔道家として数々の試合に挑む男。黒澤明の初監督作品。 感想 公開時より20分ほど短縮されてしまっているせいか、それとも初監督作だからなのか、少しストーリーは荒っぽく、ブツ切り感がある。単純にテロップ表示でストーリーを紹介すること…

「愛の小さな歴史」 2014

★★☆☆☆ あらすじ 幼い頃に暴力を振るわれ絶縁状態だった父親の居場所を知り、同居をすることにした女と、疎遠だった薬物中毒の妹と同居することにした男。 感想 疎遠だった家族と共に暮らすことで、血のつながりという扱いに困る厄介なものを描いている。とい…

「結び目」 2010

★★★☆☆ あらすじ 痴呆症の義父の介護に疲れ果てる主婦は、ある日訪れたクリーニング屋で中学時代に関係を持った元教師と再会する。 感想 義理の父親の介護、それを見ているだけの夫、同じような日々が繰り返される主婦の生活、そんな現実に嫌気がさした女の前…

「だれかの木琴」 2016

★★★☆☆ あらすじ 近所に越してきたと話す主婦の接客をしたところ、しつこく付きまとわれることになってしまった理容師の男。 感想 無言電話をかけられたり、毎週のようにやって来られたり、担当者を女性にしろと迫られたり、付きまとわれたりと、 美容院は人…

「いびつ」 2013

★★☆☆☆ あらすじ 痴漢に間違われた男は、女子高生に脅され自宅に住まわせることになる。 感想 原作が漫画だけあって、漫画的展開。女子高生と彼女にやり込められる青年のラブコメ同居生活という事なのだろうが、家の乗っ取りのようなもっと恐ろしいことを想像…

「下町の太陽」 1963

★★★☆☆ あらすじ 家族と暮らす下町を出て、郊外の団地に住むことを夢見る年頃の女。 感想 団地に住むのが夢、というのが時代を感じるが、多くの人がつまりは団地以下の環境で暮らしていたということで、日本が貧しかったことが良く分かる。プライバシーのない…

「痴人の愛」 1967

★★★☆☆ あらすじ 酒も博奕もやらない生真面目な男が、少女を引き取り自分好みに育てて結婚しようとする。 感想 少女を引き取り自分好みに育てるなんて人身売買かと思ってしまうが、両親にちゃんと同意を得ているのがすごい。何をされるかわかりそうなものだが…

「宮城野<ディレクターズカット版>」 2010

★★★☆☆ あらすじ 絵師の弟子として働く男と女郎の関係が、謎の絵師、東洲斎写楽の存在を絡めて語られる。 送料無料 東洲斎写楽『中山富三郎の宮城野』木版画 人物画 浮世絵 役者絵 大首絵 女形 歌舞伎 錦絵 雲母摺 江戸【版画 絵画】【A287】 出版社/メーカー…

「全員死刑」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 金に困ったヤクザの一家は、金貸しの女を殺害し現金を奪おうと計画する。実際に起きた事件が題材。 大牟田4人殺害事件 - Wikipedia 感想 資産家の女とその家族が次々と殺されていく事件。こんな事件が実際に起きたのだなという意味では興味深…

「夢二」 1991

★★★☆☆ あらすじ 金沢で駆け落ちの約束をした女を待つ竹久夢二。 竹久夢二『立田姫(二曲一隻屏風絵)』復刻版画 人物画 女性画 美人画 びょうぶ パーテーション 間仕切り【版画 絵画】【A592】 出版社/メーカー: 竹久夢二 メディア: この商品を含むブログを見…

「私は猫ストーカー」 2009

★★☆☆☆ あらすじ 野良猫のあとをつけるのが趣味の、古本屋アルバイト女子店員。 感想 なんでもない日常が淡々と描かれる。路地を歩き猫を見つければ写真を撮ったり、人目を憚らずにじゃれ合う女子。多少ヤバい空気は出ているが、突き詰めることはしないので猫…

「甘い鞭」 2009

★★★☆☆ あらすじ 高校生の時に監禁事件の被害者となった女医。夜はSMクラブで働いている。 感想 思っていたより激しい描写の連続で面白く感じるのだが、次第に慣れてくる。SMクラブのシーンでも感じるが、初めて訪れた人はひどく興奮するものでも、そこで働い…

「健さん」 2016

★★★★☆ 内容 高倉健を知る人たちにインタビューしたドキュメンタリー映画。 感想 世界的な映画監督から行きつけだったお店の主人まで幅広くインタビューが行われている。 特にマーティン・スコセッシやジョン・ウーら映画監督たちの話は、普段はあまり表に出…

「ミッドナイト・イーグル」 2007

★★☆☆☆ あらすじ 謎の飛行物体の正体を探るために雪山を行く元戦争カメラマン。 感想 冒頭の主人公が戦争カメラマンに限界を感じるエピソードが陳腐過ぎる。陳腐なのはともかく演出が全然ダメで、ああこれはつまらない映画だなと察してしまった。 2時間以上あ…

「愛怨峡」 1937

★★★★☆ あらすじ 温泉宿の若旦那の子供を身ごもり一緒に駆け落ちした女中。しかし、男は連れ戻され、身重のまま一人東京で生きることになってしまう。 感想 白黒の古い映画でかなり画質が悪く、音声も聞き取れない部分があるが、次第に慣れてくる。80年前の街…

「Miss ZOMBIE」 2013

★★☆☆☆ あらすじ とある一家にゾンビが送り付けられ、使用人として働かせられることになる。 感想 ゾンビ映画と聞いてイメージするようなホラーやアクションは一切なく、静かに物語は進行する。とはいえ、ゾンビ映画なんだからそれっぽいことやるんでしょ?と…

「不能犯」 2018

★★☆☆☆ あらすじ 無料で依頼を受け、マインドコントロールで人を殺す男と、それを証明できず逮捕できない警察。 感想 依頼を受けマインドコントロールで人を殺すという設定はいいとして、この男は何をして生計を立てているのかとか、殺人は何が目的かとか、な…

「生きものの記録」 1955

★★★☆☆ あらすじ 原水爆の被害を恐れて家族を引き連れてブラジルへ移民しようとする鉄工所経営の老人と、それを阻止しようとする家族たち。 感想 当時35歳だという三船敏郎が老人役をやっていて、コント感が出ても良さそうなものなのにそうはなっていないのが…

「ちはやふる -下の句-」 2016

★★★☆☆ あらすじ 全国大会出場に向けて練習に励む主人公たち。しかし、同学年のクィーンに勝ちたいと突っ走る主人公と他のメンバーの間に溝が出来てしまう。 感想 前作に続く後編。観客にとって競技かるたはもはや未知の世界ではないので、知らない世界を覗き…

「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 2013

★★★☆☆ あらすじ 死んだ幼なじみが現れたことで、再び会うようになったかつての仲間たち。テレビシリーズの内容に新たな内容を加えた総集編。 感想 一人一人に焦点を当てながら、少しずつ過去を描いていく構成は上手い。ただその割には過去が詳細に描かれず、…

「ちはやふる -上の句-」 2016

★★★☆☆ あらすじ 幼なじみを巻き込んで競技かるた部を創設した女子高生。 感想 競技かるた。ほぼ何も知らない世界なので、単純にそれを眺めるだけでも興味深い。ルール、練習風景、試合の様子などすべてが新鮮。 そしてなんだかんだで広瀬すずはいい演技を見…

「マエストロ!」 2015

★★☆☆☆ あらすじ 資金難で解散した名門オーケストラが、何者かによって再結成され、怪しげな指揮者がやってくる。 感想 変な指揮者が現れてオーケストラの団員たちは不信感を持つが、実はすごい指揮者で、次第に両者に信頼関係が築かれ、ついにおとずれたコン…

「KOTOKO」 2012

★★★☆☆ あらすじ 世間と折り合いをつけられず、自分の幼い子供を育てる事すら困難な女。 感想 幼い子供を抱えて生きる女。しかし子供が襲われるんじゃないかと極度に人と接するのを恐れ、また自身が誤って殺してしまうのではないかとも恐れている。そのせいか…

「狗神」 2001

★★★★☆ あらすじ 高知の山奥で和紙作りをする中年の女は、小学校に赴任してきた若い男と恋に落ちる。 感想 川沿いの道をバイクで走る若者。電車が走り民家がまばらにある道が次第に山道となり、やがては両サイドに険しい山が迫るだけの道に。そこから川を離れ…

「世界は今日から君のもの」 2017

★☆☆☆☆ あらすじ ゲーム会社でバイトを始めた引きこもりがちの女は、ひょんなことからゲームのキャラクターのイラストを担当することになる。 感想 数々の人気ドラマを生み出してきた脚本家の作品とは思えないほど、脚本がひどい。ひどいのは脚本だけではない…