BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

邦画

「黒いドレスの女」 1987

★★★★☆ あらすじ 裏の稼業を持つバーテンダーの元に、黒いドレスを着た謎の女が現れる。 感想 主演とされる原田知世は、黒いドレスを着た謎の女役。ただ謎の女がいつまでたってもミステリアスだとにっちもさっちもいかないので、相手役のバーテンダーを演じる…

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 読者から寄せられた心霊体験に興味を持ち、調べ始めた小説家。 感想 女子大生が話すマンションの一室で起こる心霊現象に興味を持った小説家。そこで起きた過去の出来事を調べているうちに、部屋からマンション全体、そして土地の歴史を遡るよ…

「八つ墓村」 1996

★★★☆☆ あらすじ 自身がある村の資産家の息子だということを知らされた青年。当主に請われて訪れた村で次々と殺人事件が起きる。 感想 山奥の村の資産家の跡継ぎ候補の一人だと知ってやってきた青年。血縁関係者とはいえ、誰ひとり知らない家の中へ入っていく…

「映画『信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO』」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 現代から戦国時代にタイムスリップして、織田信長として生きる高校生。次第に本能寺の変が近づいてくる。 テレビドラマの劇場版。 感想 現代からタイムスリップした主人公が織田信長になり、本物の織田信長は明智光秀として生きているという…

「馬鹿が戦車でやって来る」 1964

★★★☆☆ あらすじ 村の人間に馬鹿にされ、逆上して隠し持っていた戦車で暴れる男。 「馬鹿シリーズ」第三作目。 感想 聞いただけで可笑しみが感じられる良いタイトル。でも冷静に考えると、戦争なんて簡単に言えばこういう事なのかもしれない。どんな戦争も武…

「野良犬」 1949

★★★★☆ あらすじ 拳銃をスリに掏られてしまった刑事は、ベテランの刑事と共に行方を追う。 感想 刑事が拳銃を盗られてしまったというのに、警察のリアクションは薄い。とてものんびりとしていてのどかだ。しかしそれも戦後まもなくのために、世に拳銃が溢れて…

「恋人たち」 2015

★★★★☆ あらすじ 妻を通り魔に殺された男や皇室に憧れていた主婦、友人に想いを寄せる弁護士らの日常。キネマ旬報ベスト・ワン作品。 感想 最初は良く分からないが、次第に登場人物たちの 状況が見えてくる群像劇。なかでもやはり、妻を通り魔に殺されるも犯…

「絶唱」 1966

★★☆☆☆ あらすじ 親の反対を押し切って、奉公に来ていた女と駈け落ちした地方の大地主の息子。 感想 大地主の息子と小作人の娘の許されぬ恋。女はそれを自覚していて、二人を引き離そうとする周囲の意向を汲んで遠い場所に奉公へ出ることに同意していたのに、…

「本能寺ホテル」 2017

★★★☆☆ あらすじ 結婚を控えた女性が京都で宿泊したホテルは、戦国時代の本能寺につながっていた。 感想 戦国時代に現代人がタイムスリップするというよくある物語。別に意図的に行ったわけではないので当然だが、ただ本能寺の変直前の信長らとお喋りするだけ…

「ビルマの竪琴 総集編」 1956

★★★☆☆ あらすじ 敗戦後のビルマで、抗戦を続ける小隊を説得するために隊を離れ行方不明となってしまった男を心配する他の隊員たち。 感想 隊長が音楽学校出身で合唱を教え込まれた小隊。部隊の士気を維持するのに有効だとは分かるが、敵の目を避けて行動中と…

「いいかげん馬鹿」 1964

★★★★☆ あらすじ 子供の頃に家出をして島を出ていった厄介者の男が、故郷に錦を飾るために戻ってくる。シリーズ第2作。 感想 岩下志麻演じるヒロインが、幼少の頃の主人公との思い出を語る回想シーンから物語は始まる。これが結構長くて、なかなかハナ肇も岩…

「さらば あぶない刑事」 2016

★★★★☆ あらすじ 日本への進出を目論む中南米の犯罪組織を迎え撃つ、定年退職間近の名コンビ。 感想 久しぶりに「あぶデカ」を見たが、改めて皆がいいキャラをしているなと実感した。舘ひろしはダンディーで柴田恭平はコミカル、浅野温子はクレイジーで仲村ト…

「太平洋ひとりぼっち」 1963

★★★★☆ あらすじ 太平洋単独無寄港横断に成功した堀江謙一のベストセラーとなった手記を映画化。 感想 タイトル通り、太平洋をひとりヨットで進む男の物語。とてつもなく地味で動きのない映画になりそうだが、ちゃんと見られる面白い映画に仕上げているのがす…

「HK 変態仮面」 2013

★★★☆☆ あらすじ パンティをかぶって変身し、悪と戦う男。 感想 女性のパンツをかぶって戦う男というバカげた設定。あまりのくだらなさに最初の15分くらいはへらへら笑いながら見ていられる。しかし、それを過ぎると次第に真顔に戻っていく。この調子であと一…

「森山中教習所」 2016

★★☆☆☆ あらすじ 大学生の男は、高校時代の同級生で今はやくざの男と共に自動車教習所に通い始める。 感想 主人公たちが通うのは、小学校跡地に作られた非公認の家族経営の自動車教習所。校庭が練習コースで、学科は校舎で教えている。非公認なだけに自由な雰…

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」 2013

★★★☆☆ あらすじ 人気バンドに曲提供する裏方として働く男は、ある日ひとりの女子高生と出会う。 感想 何歳設定なのか知らないが、佐藤健演じる男が恋に落ちる相手が女子高生と知って、普通に犯罪でしょと引いてしまった。初めてのデートで高校の制服で登場し…

「ポンチョに夜明けの風はらませて」 2017

★★☆☆☆ あらすじ 自動車免許を取りたての高校生が、友人の大学入試の合格発表会場へ車で向かう。 感想 なかなか豪華な出演陣で、それぞれが良い演技をしていて悪くない。内容も、高校卒業を控えた三人の男子高生の青春映画といった様相で、良い雰囲気を持って…

「あやしい彼女」 2016

★★★★☆ あらすじ 戦争孤児で女手一つで苦労して娘を育て上げた老婆は、ふとしたきっかけで20歳の頃の自分に若返ってしまう。韓国映画のリメイク作品。 感想 もうほとんど多部未華子の魅力だけでもっていると言ってもいい映画。彼女は自分の面白い部分をちゃん…

「乱れ雲」 1967

★★★☆☆ あらすじ 夫を交通事故で失った女は、加害者の男と何度か面会する。 感想 自動車事故の被害者遺族の女と加害者との間に芽生えた愛。正直、全然共感できなくて困った。 加害者と被害者の関係にあることを知らなかったのならまだしも、がっつりと分かっ…

「未来のミライ」 2018

★★★☆☆ あらすじ 生まれたばかりの妹に気を取られて構ってくれない母親に苛立つ4歳の男の子は、中庭で不思議な現象に遭遇する。 感想 観ていて思うのは、この映画のターゲットは誰?ということ。親の事情を詳細に描いているので、子どもではないだろうし、中…

「知らない、ふたり」 2016

★★★☆☆ あらすじ 自分の軽率な行動のせいで他人を不幸にしてしまったと思い悩む韓国人の青年と彼の周囲で起きる出来事。 感想 韓国人の青年を中心に複数の人間が絡み合う群像劇。主なテーマは「愛」といった所だが、ラブレターとか告白とか、好きな人の後をつ…

「野菊の如き君なりき」 1955

★★★★☆ あらすじ 農家の青年とそこに手伝いに来ていた年上の女性との叶わぬ恋。 感想 最初はいまいち人間関係が分かりづらかったが、主人公は農家の次男で、彼が恋する少女は母親の弟の娘で従妹にあたる。ただこの少女が奉公人のような扱いなので混乱してしま…

「王様とボク」 2012

★☆☆☆☆ あらすじ 6歳の時に事故で眠ったままになった友人の意識が戻った事を知った、18歳の誕生日を迎えた青年。 感想 無駄にエロいキスシーン以外は、特に何も面白い事は起きずに物語は進行する。つまらない前振りを終えて、早く面白くなっていかないかな、…

「ゴンドラ」 1987

★★★☆☆ あらすじ 母親と高層マンションで暮らす少女。ある日飼っていた小鳥が怪我をし困っていたところを、たまたまマンションの外窓の清掃をしていた青年に助けられる。 感想 少ないセリフで展開する物語。そんな中で愛想も愛嬌もない、可愛げのない主人公の…

「童貞放浪記」 2009

★★★★☆ あらすじ 30歳で女性経験のない大学講師の男は、大学院時代の後輩女性に好意を持つ。 感想 タイトルから、女性と関係を持ちたいと願いながらもその機会がなく悶々とする男、みたいなのを想像していたが、そんな感じではなかった。たまたま恋愛に縁遠く…

「地獄」 1999

★★★☆☆ あらすじ 世の乱れを憂えた閻魔大王に、地獄の恐ろしさを知らしめるために招かれた女性。 感想 幼女連続誘拐殺人事件など、実際にあった事件をモチーフに、犯人たちが地獄にやってきたらどんな目に遭うのかを描いた作品。ある意味では、 法では裁きき…

「高台家の人々」 2016

★★★☆☆ あらすじ 妄想癖を持つ女と心を読める能力を持つ名家の男の恋物語。 感想 序盤は綾瀬はるか演じる主人公の妄想が次々と映像化されていく。最初は綾瀬はるか得意のコメディアンヌぶりに普通に見ることが出来ていたのだが、何度も繰り返されるうちに段々…

「億万長者」 1954

★★★★☆ あらすじ 人畜無害の税務署署員が、人が良すぎる上に不正をしてしまうが、開き直って世の悪事を暴こうとする。 感想 冒頭は「日本新名所」として、戦後日本で見られるようになった光景を、小ネタを挟んで紹介していく。このまま最後までこんな調子かと…

「二流小説家 シリアリスト」 2013

★☆☆☆☆ あらすじ 世を騒がした猟奇殺人事件の犯人である死刑囚に、告白本を書いて欲しいと依頼された売れない作家。 感想 売れない作家が死刑囚に呼び出され、告白本を書かないか、と持ち掛けられて物語は始まる。なのだが、正直、何に関心を持ってこの映画を…

「こおろぎ」 2006

★★★☆☆ あらすじ 盲目で口の利けない老人と暮らす若い女。一部の映画祭のみで上映された劇場未公開作。 感想 若い女と盲目の老人の奇妙な関係。そして、そこに若い男が現れて、という話。ただ分かりやすい男女の物語ではなく、抽象的な内容となっている。 良…