BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

アジア映画

「黒衣の刺客」 2015

★★☆☆☆ 暗殺者としての修行を積んだ女が、両親のもとに戻ってくる。 大雑把な背景は色々説明してくれるのだが、中国の歴史に疎いせいかうまく理解できないし、誰が叔父でみたいな人間関係も複雑過ぎて全然把握できなかった。そして、物語自体はあまり説明がな…

「JSA」 2000

★★★★☆ 朝鮮半島の軍事境界線で北朝鮮軍の兵士数名が韓国軍兵士に殺害され、両国を監視するスイス軍の朝鮮系の女性が事件を捜査することになる。 映画の中の世界とはいえ、両国の国境の警備がユルユルで驚いた。まぁでもすべての国境線上を見張るのは簡単では…

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」 2009

★★★☆☆ マカオに住む娘の一家が襲われ、一人生き残った娘を見舞いにやってきたフランス人の父親は、偶然知り合った三人の殺し屋に復讐の手助けを依頼する。 原題が「復仇」で英題が「Vengeance」とシンプルな事を知ると、このカッコつけた邦題に妙なこっ恥ず…

「チェイサー」 2008

★★★★☆ 風俗嬢たちが同じ男に派遣された後に行方不明となったことから、男の居所を探し始めた風俗業を営む元刑事。 韓国のデリヘリは、デリヘル嬢が自ら車を運転して男をピックし、一緒に男が指定する場所に向かうのか。無駄な知識が一つ増えた。しかし、それ…

「女帝 [エンペラー]」 2006

★★☆☆☆ 夫を殺して皇位を継承した義理の弟の后となった女。シェークスピアの「ハムレット」が原作。 原作では皇太子が主人公だが、この映画ではチャン・ツィイー演じる王妃が主役となっている。ただ、この変更がうまく行っておらず、結局主人公的要素が皇太子…

「三国志」 2008

★★★☆☆ 中国三国志の時代、常勝将軍と呼ばれた蜀の将軍、趙雲。 題材からして壮大で、しかも一人の男の生涯を描くのだから、三時間を超える超大作になってもおかしくないような状況で、2時間でもなくわずか100分にまとめてくる割り切りが見事。ほぼ最初と最後…

「恋人たちの食卓」 1994

★★★★☆ 日曜の夜は、適齢期の三人の娘たちのために料理を作り、ともに食卓を囲む恒例としている料理人の父親。 オープニングで、父親が娘たちのために料理をするシーンは、引き込まれ惚れ惚れしてしまう。父親の小気味のいい手際の良さや、次々と姿を変えてい…

「推手」 1995

★★★★☆ 中国から息子一家の暮らすアメリカに移り住んだ老人は、言葉の通じない息子の嫁と過ごす日中に孤独を感じていた。 冒頭の太極拳をする中国人の老人と、苛立たしげな素振りの若い白人の女が一緒の家にいるシーン、どういう状況なのかいろいろと考えてし…

「ラスト・ブラッド」 2009

★★★☆☆ 怪物を探索するため、米軍基地内のアメリカンスクールに送り込まれた少女。 物語の詳細は正直良く分からなかったが、激しいアクションで魅せる映画。勢いはあるが、深みはない。勢いがあるのはいいが、もう少し緩急はつけてほしかった。総集編的な映画…

「ノーボーイズ,ノークライ」 2009

★★☆☆☆ 韓国から日本にボートで密輸をしていた韓国人は、世話役の日本人に利用され、組織から追われることになる。 たくさんの家族を養うために所属する組織を裏切り、大金を手に入れようとした男と、その濡れ衣を着させられた男、いつしか二人の間に奇妙な絆…

「イップ・マン 葉問」 2010

★★★★☆ 香港で武館を開いたイップ・マンは、同業者たちの了解を得るために試験を受ける。 前半のクライマックス、香港にある武館の元締め、サモ・ハン・キンポーとの戦いは見応えがある。丸い円卓の上でのイップ・マンとの対決。しかしなんでそんな狭いところ…

「イップ・マン 序章」 2008

★★★★☆ 武術の町で最強と敬意を払われ、余裕のある生活を送っていた武闘家が、勃発した日中戦争の影響で苦しい生活を強いられることになる。ブルース・リーの師匠として知られるイップ・マン(葉問)の物語。 日中戦争で日本軍に占領された町での、日本の軍人…

「友へ チング」 2001

★★★☆☆ 仲良しの4人組が成長して別々の道を歩みだし、やがて悲劇的な事件が起きる。 それぞれ家庭環境の違う4人の子供の頃から物語は始まる。中学で一度離れ離れになるが、高校で再開し再びつるむようになる。ヤンキー映画のようなエピソードが描かれるのだが…

「映画は映画だ」 2008

★★★☆☆ 撮影中に共演者と問題ばかりを起こし、誰も共演してくれなくなった役者が、偶然知り合った元役者志望のヤクザの男を引き込んで、映画撮影を続行する。 あらすじだけを聞くとコメディかと思ってしまうが、割と真面目な男臭い映画に仕上がっている。映画…

「ラスト・ソルジャー」 2010

★★★★☆ 中国の戦国時代、梁と衛の戦争で両軍壊滅的となるが、生き残った1人の兵士が敵国の将軍を捕らえ、恩賞目当てで自国に連れ帰ろうとする。 戦争で両軍がほぼ全滅になる状況とはどんな状況なのかよくわからないが、両者の力が拮抗して一歩も引かなかった…

「レイン・オブ・アサシン」 2010

★★★★☆ 暗殺者の過去を封印して整形して結婚し、穏やかに暮らしていた女が、元いた暗殺集団に見つかり追われることになる。 達磨大師の分断された遺体を巡る争い。遺体が揃うと武術の覇者になれるというちょっとしたドラゴンボール感覚だが、散らばった遺体を…

「きっと、うまくいく」 2009

★★★★☆ 大学卒業以来行方不明となっていた親友が見つかり、会いに行く同級生たち。 スピルバーグが絶賛したというインド映画。笑いあり、涙あり、インド映画お決まりの謎のダンスシーンありと、3時間近い上映時間も気にならないほど楽しめる。 物語は音信が途…

「運転手の恋」 2000

★★★★☆ タクシー運転手の男が、交通取締りの婦人警官に恋をする。 メインのストーリーに回想のちょっとした物語が挟まれていく個人的には好きなタイプの映画。少しタランティーノやウォン・カーウァイを思い出させるような90年代中盤っぽい映像で、懐かしさを…

「ブレス」 2007

★★★☆☆ 何度も自殺を図る死刑囚の男と、彼に惹かれ何度も面会する女。 自殺を図る死刑囚ってよく意味がわからない感じがするが、まぁ生きていてもしょうがないと本人が自覚しているってことだろうな。しかし、実際そうなのかは分からないが、韓国の死刑囚はこ…

「単騎、千里を走る。」 2005

★★★★☆ 中国奥地の風景。これを見るだけでもこの映画を見る価値がある。 あきらめずどこまでも自分の希望を通そうとする高倉健にドキドキしてしまうが、なんとか希望を叶えてあげようとする現地の人達の優しさに胸が熱くなる。みんながあまりに親切で優しいの…

「私の頭の中の消しゴム」 2004

★★★☆☆ 監督/脚本 イ・ジェハン 出演 チョン・ウソン/ソン・イェジン 私の頭の中の消しゴム (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 私の頭の中の消しゴム - Wikipedia 私の頭の中の消しゴム-動画[無料]|GYAO!|…

「傷だらけの男たち」 2006

★★★★☆ 監督/撮影 アンドリュー・ラウ 監督/脚本 アラン・マック出演 bookcites.hatenadiary.com 金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ/チャップマン・トウ 傷だらけの男たち (字幕版) 発売日: 2016/01/13 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを…

「誰かがあなたを愛してる」 1987

★★★☆☆ 監督 メイベル・チャン 出演 チョウ・ユンファ/チェリー・チェン/ ダニー・チャン/ジジ・ウォン 誰かがあなたを愛してる(字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 誰かがあなたを愛してる - Wikipedia // bo…

「グランド・マスター」 2013

★★★★☆ ブルース・リーの師匠として有名なイップマンの人生。 イップマンの人生とか言いながら実際はチャン・ツィイー演じるルオメイが中心となっている。イップマンはセリフ回しにもなっていない。 アクションシーンはそれほど多くなく、斬新というほどのも…

「レッドクリフ Part Ⅰ」 2008

★★★★☆ 中国三国志の時代。曹操軍に追い詰められた劉備軍は孫権軍と同盟を結び、赤壁で決戦に臨む。2部構成の映画。 三国志は横山光輝の漫画で読んで、あまりの登場人物の多さに途中で挫折してしまったが、これは充分楽しめる。まず登場人物を絞っているのが…

「運動靴と赤い金魚」 1999

★★★★☆ 妹の大事にしていた運動靴を失くしてしまった男の子。 普段あまりなじみのない国の映画は、知らない風習や文化を垣間見れて、それだけで興味深い。靴を大事にしているのになんで外に置いておくのだろうとか、目上の人に対して発言するときは少し手を挙…

「墨攻」 2006

★★★★☆ 大国の軍勢が目前に迫った小国の王は、救援を墨家に求める。 この映画を観て思ったのは、つくづく女ってめんどくさいな、と。来るなって言ってもついてきたり、いらないといっても押し付けてくる。それをばっさり拒絶することが出来ない男も駄目なのだ…

「初恋のきた道」 1999

★★★☆☆ なんでお婆さんが一人で住む家に「タイタニック」のポスターが何枚も貼ってあんの?って思ったが、「タイタニック」方式ですよっていう暗示だった。そのお婆さんの若いころの話になりますよって言う。 寒い地域だから厚手の服を着込んだチャン・ツィイ…

「燃えよドラゴン」 1973

散々のちにパロディーされたり、物まねされている映画をこうして見てみると、ヌンチャクを使うシーンって少ないんだ、とか、やっぱりブルース・リーはなんか変だ、とか意外な感じのすることが多い。前編ヌンチャク使いまくっていたんだろうな、とか、みんな…

「PROMISE 無極」 2005

アジアのスター達が華美な衣装を纏っての競演。豪華すぎるぐらいの衣装だが、戦闘シーンでは敵味方が明快で分かりやすい。 観てる間ずっと引っかかっていたのがセシリア・チャン。美人かなぁ。絶世の美女的扱いなんだけど、どうも納得がいかない。派手な衣装…