BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

アジア映画

「カンニング・モンキー/天中拳」 1980

★★☆☆☆ あらすじ ひょんなことから秘薬を運ぶ隊に警護として加わることになった若者。 感想 冒頭は座頭市だったりキリストのパロディをする本筋とは全く関係のないコント集で、これ何の時間?と思ってしまった。でもコントというよりはチャップリンのようなサ…

「サンダーアーム/龍兄虎弟」 1986

★★★☆☆ あらすじ 誘拐された親友の恋人を助けるために、親友と共に敵の邪教集団の本拠地に乗り込む探検家。 感想 ジャッキー・チェンが死にかけた映画として有名な作品。その時の事故映像をエンディングで流してしまう演出もすごいのだが、そのイメージが強す…

「酔拳2」 1994

★★★★☆ あらすじ 酔拳の使い手である青年が、国宝を国外に持ち出そうと企む一味を阻止しようと立ち上がる。 感想 父親に頭が上がらない主人公が何歳の設定なのかは分からないが、当時40歳のジャッキーでは少し苦しい感じはある。しかし、この役はジャッキーし…

「プロジェクトA2 史上最大の標的」 1987

★★★☆☆ あらすじ 前作の海賊退治の功績により、犯罪多発地区の警察署長になった主人公。しかし、犯罪組織と手を結んで悪事を行っていた前所長の様々な策略により窮地に陥ってしまう。 感想 前回の海賊退治という分かりやすさと比べると、今回は汚職の警察署長…

「プロジェクトA」 1983

★★★★☆ あらすじ 水上警察官の男が、陸上警察、そして旧知の泥棒と協力して、海賊グループの一網打尽を目指す。 感想 映画のワクワク感が伝わってくるオープニングで始まるのだが、序盤はいまいち波に乗り切れない感じ。しかし段々とエンジンがかかって、中盤…

「蛇鶴八拳」 1978

★★★☆☆ あらすじ 少林寺の各流派を統一した最強の拳法「蛇鶴八歩」。しかし、その創立者たちは失踪し、その秘伝書も行方が分からなくなっていた。ある日、その秘伝書を持った若者が現れ、各流派の人間たちが彼からそれを奪おうと襲い掛かる。 感想 この作品の…

「龍拳」 1979

★★★☆☆ あらすじ 目の前で師匠を殺され、復讐を誓う弟子。 感想 師匠を殺された弟子の仇討、という単純な構図ではなく、仇討の相手は改心しており、そこに第三の勢力が割り込んでくるという深みのある展開。しかし、相手も反省のしるしとして片脚を切断すると…

「少林寺木人拳」 1976

★★★☆☆ あらすじ 幼いころに父親を殺された青年は、復讐を果たすために少林寺の門弟となり武術を学ぶ。 感想 コミカルシーンがほとんどないシリアスな映画。主人公が口をきけない設定なのでセリフもなく、前半はほとんど修行のシーンとなっている。 主人公は…

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」 2012

★★★★☆ あらすじ 警察長官が海外出張で不在の中で起きた爆破事件と5人の警察官誘拐事件。警察への挑発ともとれるこれらの事件の捜査の主導権をめぐって争う副長官2人。 感想 笑顔も色気もなく、硬派な雰囲気で進行する映画。火花を散らす二人のどちらかが悪…

「レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳」 1976

★★★☆☆ あらすじ 日本人道場が街を牛耳ることに憤った若者は、武術を学び反撃を誓う。ブルース・リー主演「ドラゴン怒りの鉄拳」の続編。 感想 序盤は続編と言いながら続編らしくない展開。武術すらやっていない主人公の周辺で、武術道場同士が争っている。中…

「ドラゴンへの道」 1972

★★★☆☆ あらすじ 地上げに苦しむイタリア・ローマの中華レストランを救うために、代理でやってきた若者。 感想 冒頭しばらくはチャップリンばりのサイレンス・コメディが続く。異国でもあるし、文化の違いに色々と面白アイデアが浮かんでしまったのかもしれな…

「ウォーリアー&ウルフ」 2009

★★☆☆☆ あらすじ 中国北方の国境で警備の任務に就くことになった若者。最初は頼りなかったがやがて成長し指揮官となり、ある時、吹雪を避けて立ち寄った村で一人の女と出会う。 感想 セリフが少なく説明もないので全体的に静かで分かりづらい物語。そしてそれ…

「クレージーモンキー 笑拳」 1979

★★★★☆ あらすじ 自らの行いによって武芸の達人であった祖父が暗殺されてしまった若者は、復讐を誓う。 感想 放蕩息子が自分のせいで不幸を招いたことを後悔し、改心して成長する、という話は割と定番で、筋も読めるのだが全然見ていられる。 物語はほとんど…

「ドラゴン怒りの鉄拳」 1972

★★★☆☆ あらすじ 日清・日露戦争後の上海。恩師の謎の死をきっかけに日本の道場から嫌がらせを受けるようになった武道館で、怒りを募らせる弟子。 感想 敵役が日本人という事で日本人的には少し心に引っ掛かりを覚えながら見なければいけない映画。今ならたと…

「セデック・バレ 第二部:虹の橋」 2011

★★★☆☆ あらすじ 日本統治下の台湾で武装蜂起した先住民族たち。兵力を増強して鎮圧にあたる日本軍に次第に形勢は逆転していく。 感想 前回の起伏に富んだ物語から一変して、先住民族が敗れていく様をただただ眺めていく、つらく悲しい物語になっている。ただ…

「セデック・バレ 第一部:太陽旗」 

★★★★☆ あらすじ 台湾の先住民セデック族は、日清戦争後に進駐してきた日本軍と戦うも敗れ、彼らのもとで文明的な生活を強いられる。しかし、彼らに対する日本人の態度に不満が渦巻き、ついに武装蜂起の機運が高まる。実際に起きた事件に基づいた作品。 感想 …

「親切なクムジャさん」 2005

★★★☆☆ あらすじ 幼児誘拐殺人の罪で服役した女。出所後、自分を脅して濡れ衣を着させた真犯人への復讐に動き出す。 感想 ほのぼのとしたタイトルとは裏腹の、暗く重い復讐物語。ただ、凝った映像とテンポの良さでそんなに重苦しさは感じさせない。テンポが良…

「ブエノスアイレス」 1997

★★★★☆ あらすじ アルゼンチンを旅する香港のゲイカップル。しかし道に迷って喧嘩をして別れてしまう。 感想 冒頭にゲイカップルの激しいベッドシーンがあってぐったりしてしまう。しかし、あとから考えると、ここを乗り越えられればその後は普通に見ることが…

「青いパパイヤの香り」 1993

★★★☆☆ あらすじ 住み込みの女中をするために、商家にやって来た少女。ベトナム映画。 感想 見るからに全然子供の主人公は、たった一人で奉公先にやってくる。寂しかったり、家族が恋しかったりしそうなものだが、当然のように次の日から淡々と仕事をこなして…

「カメリア」 2011

★★★☆☆ 内容 韓国・釜山を舞台にした、韓国・タイ・日本の三人の監督による愛をテーマにしたオムニバス映画。 あらすじ・感想 IRON PUSSY あらすじ 女スパイが、ターゲットの男と恋に落ちてしまう。 感想 風変わりなファッションだったり、突然歌い出すミュー…

「男たちの挽歌 II」 1987

★★★★☆ 前回の事件で逮捕された男は、警官の弟が危険な潜入捜査をすると知り、自らも捜査に協力することにする。 前回、チョウ・ユンファ演じる男は確実に死んでいたのでどうするのかと思ったら、双子の弟という設定で再登場。よくあるパターンではあるが、ま…

「別離」 2011

★★★☆☆ 離婚申請中で別居を始めた夫婦。夫は、家事とアルツハイマーの父の世話をするために雇った家政婦と衝突し、裁判を起こされる。イラン映画。 「別離」というタイトルから、男と女の切ない恋愛模様が描かれるのかと思ったら、別離により起きた事件の裁判…

「男たちの挽歌」 1986

★★★★☆ あらすじ その世界から足を洗おうとしていたマフィアの男は、最後の仕事で捕まり服役することになる。 感想 30年以上の前の作品ということもあり、昭和のドラマを見ているような、時代を感じる雰囲気を醸し出している。コメディ部分に至っては、チャッ…

「黒衣の刺客」 2015

★★☆☆☆ あらすじ 暗殺者としての修行を積んだ女が、両親のもとに戻ってくる。 感想 大雑把な背景は色々説明してくれるのだが、中国の歴史に疎いせいかうまく理解できないし、誰が叔父でみたいな人間関係も複雑過ぎて全然把握できなかった。そして、物語自体も…

「JSA」 2000

★★★★☆ 朝鮮半島の軍事境界線で北朝鮮軍の兵士数名が韓国軍兵士に殺害され、両国を監視するスイス軍の朝鮮系の女性が事件を捜査することになる。 映画の中の世界とはいえ、両国の国境の警備がユルユルで驚いた。まぁでもすべての国境線上を見張るのは簡単では…

「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」 2009

★★★☆☆ あらすじ マカオに住む娘の一家が襲われ、一人生き残った娘を見舞いにやってきたフランス人の父親は、偶然知り合った三人の殺し屋に復讐の手助けを依頼する。 感想 原題が「復仇」で英題が「Vengeance」とシンプルな事を知ると、このカッコつけた邦題…

「チェイサー」 2008

★★★★☆ 風俗嬢たちが同じ男に派遣された後に行方不明となったことから、男の居所を探し始めた風俗業を営む元刑事。 韓国のデリヘリは、デリヘル嬢が自ら車を運転して男をピックし、一緒に男が指定する場所に向かうのか。無駄な知識が一つ増えた。しかし、それ…

「女帝 [エンペラー]」 2006

★★☆☆☆ 夫を殺して皇位を継承した義理の弟の后となった女。シェイクスピアの「ハムレット」が原作。 原作では皇太子が主人公だが、この映画ではチャン・ツィイー演じる王妃が主役となっている。ただ、この変更がうまく行っておらず、結局主人公的要素が皇太子…

「三国志」 2008

★★★☆☆ 中国三国志の時代、常勝将軍と呼ばれた蜀の将軍、趙雲。 題材からして壮大で、しかも一人の男の生涯を描くのだから、三時間を超える超大作になってもおかしくないような状況で、2時間でもなくわずか100分にまとめてくる割り切りが見事。ほぼ最初と最後…

「恋人たちの食卓」 1994

★★★★☆ 日曜の夜は、適齢期の三人の娘たちのために料理を作り、ともに食卓を囲む恒例としている料理人の父親。 オープニングで、父親が娘たちのために料理をするシーンは、引き込まれ惚れ惚れしてしまう。父親の小気味のいい手際の良さや、次々と姿を変えてい…