BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2013-12-19から1日間の記事一覧

「キャスト・アウェイ」 2000

★★★★☆ 感想 ほとんど一人なのに、ちゃんと間を持たせたトム・ハンクスはやっぱすごいな。もちろん監督もだけど。 恋人を想って、必死で生き延びて帰ってきたが、もうその恋人には別の男がいたっていうのはリアリティがある。みんな何があっても自分の人生を…

「運命の人はどこですか? 」 2013

★★★☆☆ 感想 こういうテーマの時には、敢えてハズしたくなるものだが、それでも真正面から描く作家は偉い。 残念ながらこのタイトルから期待するものを超えてくる作品は無かったが。 著者 bookcites.hatenadiary.com 飛鳥井千砂/彩瀬まる/瀬尾まいこ/南綾…

「ミシシッピー・バーニング」 1988

★★★☆☆ そう遠くない昔ですら、こんなに堂々と差別が行われていたのが恐ろしい。アメリカ南部はこれが普通だからって言われても。 ジーン・ハックマンはただ犯人を捕まえたいがために彼女を利用しただけのように見えて酷い奴のように描かれてしまっている。 …