BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キャスト・アウェイ」 2000

キャスト・アウェイ (字幕版)

★★★★☆

 

感想

 ほとんど一人なのに、ちゃんと間を持たせたトム・ハンクスはやっぱすごいな。もちろん監督もだけど。

 

 恋人を想って、必死で生き延びて帰ってきたが、もうその恋人には別の男がいたっていうのはリアリティがある。みんな何があっても自分の人生を進めて行かなきゃいけない。それを理解してトム・ハンクス演じる男も人生を前に進めようとするのは潔かったが、その前にちょっとじっとりしちゃったのは残念。あれは必要なかった。

 

監督/製作 ロバート・ゼメキス

 

製作/出演 トム・ハンクス

 

出演 ヘレン・ハントニック・サーシー/ジェニファー・ルイス/クリス・ノース

 

音楽 アラン・シルヴェストリ

 

キャスト・アウェイ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com