BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「メリンダとメリンダ」 2004

メリンダとメリンダ [DVD]

★★★☆☆

 

 ディナーの席である男が語った物語を同席した喜劇作家と悲劇作家が、それぞれ脚色してみせる。

 

 黒澤明の「羅生門」のように語り手によって微妙に違う物語になるのかと思っていたが、微妙ではなくかなり違った物語になっていた。夫婦の前に現れる一人の女、妻の不倫、スコッチなどいくつかの設定、キャラクター、キーワードは決まっていて、それ以外はそれぞれの立場から自由に物語を脚色したという感じになっている。

羅生門 デジタル完全版

 

 コメディパートはそこそこ面白かったが、中でも初めて出会った男女が、保守かリベラルかの話をしていて、「でも僕はベッドではリベラル左派だよ」「あら私は過激派よ」と小粋な下ネタで盛り上がっているのが面白かった。

 

 あまりにも二つの話が違いすぎるので、そもそもはどんな話だったのだろうと逆に気になってしまった。二つの話の共通点がオリジナルの話なのだろうか。

 

 ラストは亡くなった人の話題も出しながら、喜劇にも悲劇にもなる人生の面白さについて友人たちと語り合う豊かな時間を過ごせるのも、生きているからこそだと伝えようとしているようにも見える。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com

  

出演 ラダ・ミッチェルクロエ・セヴィニージョニー・リー・ミラーウィル・フェレルキウェテル・イジョフォーアマンダ・ピート/ウォーレス・ショーン/ジョシュ・ブローリンスティーヴ・カレル/ブルック・スミス

 

メリンダとメリンダ - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com