BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

2019-12-13から1日間の記事一覧

「嗤う分身」 2014

★★★☆☆ あらすじ 控えめな性格で誰にも相手にされない主人公の職場に、自分そっくりの男が入社してくる。 感想 陰影の深い映像と時代や場所が曖昧な舞台、時おり流れる日本のグループサウンズと、不思議な世界観が出来上がっている。この奇妙な空間だと、主人…