BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「花のあと」 2010

花のあと [DVD]

★★★★☆

 

 武芸に秀でた武家の娘が、道場一の腕前を持つ藩士と試合を行う。

 

 なぜだろう、照明のせいなのか本当にそうなのか、登場人物の顔が歪んで見える。妙に気になった。

 

 密会している女の旦那である男を罠にはめる藩の重役。だけどなんでそんなことをするのかよく分からない。確かに旦那は邪魔かもしれないけど、死に追いやったところでどうすることもできないのは変わりないと思うが。女を囲おうと思っていたのか。

 

 親の決めた結婚相手がいるのに別に好きな男がいて、その男と一緒になる、っていうありふれたパターンかと思っていたらそうはならなくていい意味で裏切られた。あまり表情を変えない登場人物たちの中で一人、顔をくしゃくしゃにして笑顔を見せる甲本雅裕がおいしいところを全部持っていった。

 

 北川景子が全然強そうに見えないのがちょっと苦しいが、それでもなかなかいい余韻の残る映画だった。

 

監督 中西健二

 

原作 花のあと (文春文庫)

 

出演 北川景子甲本雅裕宮尾俊太郎市川亀治郎伊藤歩藤村志保(語り)

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

花のあと [DVD]

花のあと [DVD]

 

花のあと - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com