BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「サンダーボルト」 1974

サンダーボルト [DVD]

★★★★☆

 

 かつての銀行強盗の仲間から分け前をめぐって追われていた男は、たまたま出会った若い男に助けられる。

 

 クリント・イーストウッドジェフ・ブリッジス、二人が演じる少し歳の離れた相棒同士の出会いが、なんというか暴力的。まったくそんな必要がないかと思えるのだが、妙に荒ぶっている。若さというか、勢いを感じる。

 

 そして、この二人のバディ・ムービーとなっていくかと思っていたら、さらに二人加わって4人組の銀行強盗物語へと。ほとんど金のない4人が、強盗の計画を練る間は、真面目に堅気の仕事をするのがちょっと面白い。一応、銀行の内情を探るなどの目的はあるのだが。

 

 この映画はロードムービー的側面もあり、広大な景色やでかいアメ車が登場し、ヒッチハイクしたりと、いかにもアメリカ的な空気が漂っている。冒頭に登場する車は「1973 Pontiac Firebird Trans Am」。町の人々の表情も明るく、まさに古き良き時代といった趣。ただ、刹那的に生きるジェフ・ブリッジス演じる若者や、郊外に行けばヤバそうな奴もいたりして、そんな時代の終焉が近づきつつあることも予感させられる。

1973 Pontiac Firebird Trans Am 1:18 ERTL 10 Fastest [並行輸入品]

 

 緊迫感のある銀行強盗からの落胆、そして歓喜と、感情の起伏が激しい展開で楽しませてくれる。とくに歓喜のシーンは飛びつくのではなく、喜びを噛みしめているような、夢がかなってしまった寂しさをしみじみと感じているような、なかなか味わい深いシーンとなっている。

 

 からのアメリカン・ニューシネマっぽいエンディング。切ない気持ちがこみ上げる。

 

監督/脚本 マイケル・チミノ

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ジェフ・ブリッジスジョージ・ケネディ/ジェフリー・ルイス/ゲイリー・ビジー

 

サンダーボルト (1974年の映画) - Wikipedia

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com