BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「キャプテンサンダーボルト」 2014

キャプテンサンダーボルト 上 (文春文庫)

★★★★☆

 

 勘違いにより謎の男に狙われることになった男が、偶然出会った小学校時代の友人と共に形勢逆転を目論む。

 

 伊坂幸太郎阿部和重、二人の作家による共作。役割分担をして各章ごとにそれぞれが交互に書いているのかと思っていたのだが、どこをどっちが書いたかわからないような完全な共作だった。

 

 伊坂幸太郎の最近の小説は、張り巡らせた伏線をあえて回収しないことで、なんとも言えないしこりのようなものを余韻として残す事が多いのだが、この小説では見事なほどきっちりと伏線を回収している。何でもないような昔話や世間話すらも実は伏線だった。きっちりしすぎていて若干息苦しさも覚えてしまうほどだ。阿部和重の単独との小説は違いを感じられるほどは読んでいないので良くわからない。

 

 何がなんだか分からず事件に巻き込まれてしまったので、主人公たちの動きに明確な意図がなく、行き当たりばったりの行動をしているだけなのに、それがたまたま全て繋がってしまうのがちょっと出来過ぎの感はあった。ただ最後までグイグイ引っ張っていく展開にページをめくる手を止められず、一気に読んでしまった。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

阿部和重

 

 

登場する作品

サンダーボルト [DVD]

イエロー・サブマリン [DVD]

特攻サンダーボルト作戦・オリジナル全長版 [DVD]

バットマン (字幕版)

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com