BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「メモリーズ・コーナー」 2012

メモリーズ・コーナー(字幕版)

★★★☆☆

 

 阪神大震災15周年の事業の一環としてとしてフランスからやって来た女性記者は、視察した被災者用のアパートに住む一人の男が気になり、取材を始める。

 

 震災で起きた悲しい出来事についての物語だろうと思って見ていて、予想は当たったのだが、全然方向は違った。震災時の話ではなく、それが元で起きた震災後のさまざまな悲しい出来事の一つ、「孤独死」について取り上げられている。

 

 ただこの「孤独死」のニュアンスが違っていて、看取る人もなく人知れず死ぬ、ではなくて、寂し過ぎて死んでしまった、という事になっている。例のウサギは寂しいと死んでしまうと同じニュアンス。

碧いうさぎ

碧いうさぎ

 

 

 まぁでもこの言葉を聞いて、センチメンタルに捉えてしまう外国人がいてもおかしくはない。登場する二人の主要日本人男性がミステリアスだったり、少しジャパニーズホラー感のある展開だったりと、いかにもフランスから遠い異国の地ジャパンを想像して描いたような内容。きっと日本人以外が観たなら、特に違和感は感じないのだろう。

 

 そういった部分はあるにしろ、遠い日本で起きた震災についてのニュースに共感を示し、物語を生みだしてくれたということは、ありがたいことだ。それは、この映画の主人公のようにわざわざ海外から取材にやってきてそれを伝えてくれる人がいたからでもある。確かに、大震災が起きて打ちひしがれている時に、危険だし自己責任になるからと誰も取材に来ず、世界中に実情が知られず無視されていたら、さらにつらい思いをしそうだ。

 

監督/脚本 オドレイ・フーシェ

 

出演 デボラ・フランソワ/西島秀俊阿部寛塩見三省倍賞美津子

bookcites.hatenadiary.com

  

メモリーズ・コーナー(字幕版)
 

メモリーズ・コーナー - Wikipedia

メモリーズ・コーナー | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com