BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「インスタント沼」 2009

インスタント沼

★★★☆☆

 

あらすじ

  ふとしたきっかけで実の父親の存在を知り、会いに行くことにした女。

 

感想

  幽霊や妖怪の存在を信じず、即物的な女。担当した雑誌が廃刊になり仕事を辞め、母親は事故で昏睡状態になりと、悪いことずくめ。更にはたまたま発見された古い手紙から、自分の本当の父親の存在を知る事になる。

 

 と、あらすじを聞くと暗い話を連想してしまうが、実際は細かいギャグが散りばめられ、暗さはない。母親の昏睡状態にしても軽い感じで描かれている。こういう細かいギャグを詰め込んだ映画は、悪くはないのだが2時間もやられると辛いものがある。90分ぐらいが限度かもしれない。

 

 本当の父親に会いに行った主人公。その父親が営む骨董屋に通ううちに骨董の魅力に目覚め、次第に人生は好転していく。序盤はギャグをやりたいがために入れていたようなシーンが多い印象だが、次第に後半は物語をまとめにいっている感はある。それなりに伏線なども張ってあって、意外とうまくまとまっていると言える。

 

 幽霊や妖怪みたいなあやふやなもの、余計なものも受け入れられる余裕があると、人生はより楽しくなる、みたいなメッセージが込められているような。骨董品も興味のない人にはただのガラクタだし、散りばめられたギャグもストーリーには全く関係のない余分なものだし。ただの面白映画ではない深みを感じないわけでもないが、でもやっぱり2時間の上映時間は長すぎる。

 

監督/脚本 三木聡

 

出演 麻生久美子

bookcites.hatenadiary.com

風間杜夫相田翔子松坂慶子笹野高史ふせえり白石美帆松岡俊介温水洋一宮藤官九郎/渡辺哲/村松利史松重豊森下能幸新屋英子堀部圭亮江口のりこ/はな/海原はるか伊吹吾郎石井聰亙岩松了佐々木すみ江

 

インスタント沼

インスタント沼

 

インスタント沼 - Wikipedia

インスタント沼 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com