BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「オーシャンズ13」 2007

オーシャンズ13 (字幕版)

★★★★☆

 

あらすじ

 騙されたショックで倒れてしまった仲間の復讐をするために、再び集まったメンバー。

 

感想

 前作はハズしてスカしての連続で物足りなさを感じた出来だったが、今回は再びがっつり正面から仕事に挑んでいる。

 

 裏切られた仲間の復讐のためとか言いながらも、悲壮感が漂っていないのがいい。仕事そのものを楽しんでいて余裕がある。特に作戦の一環として、仕込みをするためにメンバーの一人が潜入したメキシコの工場で、本来の目的とはまったく関係なく、待遇改善のためにストライキを起こすのがウケた。

 

 

 でもこういう待遇は、アメリカ人には許せないものなのだろうか。この仕事内容とこの待遇でたったこれだけの報酬は受け入れられない、みたいな。ちゃんと戦う。実際アメリカのストライキは本来の意味のストライキだし。これを世界が見習えば労働者は皆幸せになれる。ただしアメリカが工場を建てたくなるような人件費の安い場所がなくなってしまうが。

 

 これまで一貫して、そして今作でもラストぎりぎりまで悪役だったアンディ・ガルシア演じる男が、最後の最後に心変わりするその方法もニクい。そして彼らの作戦のために迷惑をこうむった人にもきっちりとお返しをしてあげる所も律儀だ。ツッコミどころはないわけではないが、スターが多数出演するエンターティメント映画として十分に楽しめる。

 

スタッフ/キャスト

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

製作/出演 ジェリー・ワイントローブ

 

製作総指揮 スーザン・イーキンス/グレゴリー・ジェイコブス/フレデリック・W・ブロスト/ブルース・バーマン

 

製作総指揮/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

マット・デイモン/アンディ・ガルシア/バーニー・マック

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

ケイシー・アフレック/スコット・カーン/シャオボー・チン/エディ・ジェイミソン/エリオット・グールド/カール・ライナー/エレン・バーキン/ヴァンサン・カッセル/エディー・イザード/デヴィッド・ペイマー/ジュリアン・サンズ/ボブ・アインシュタイン/オルガ・ソスノフスカ/オプラ・ウィンフリー

 

撮影 スティーブン・ウィリアムス

 

オーシャンズ13 (字幕版)

オーシャンズ13 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

オーシャンズ13 - Wikipedia

 

 

関連する作品

前作

bookcites.hatenadiary.com

 

次作 スピンオフ作品 

オーシャンズ 8(字幕版)

オーシャンズ 8(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/09
  • メディア: Prime Video
 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com