BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「シャッター アイランド」 2010

シャッター アイランド (字幕版)

★★★☆☆

 

 行方不明となった犯罪者の捜査のため、収容されていた精神病院のある孤島を訪れた連邦捜査官。

 

 冒頭とエンディングが全く違う話になってしまっていて面白い。物語の核となるかと思われた行方不明者の捜索があっさり終わって、その次は捜査官の別の目的が明かされ、更には精神病院の闇を伺わせ、そしてエンディングでこれまでの物語がひっくり返る真実が明らかになり、とうまい展開。

 

 振り返ってみれば、冒頭から色々と伏線もしっかりと張ってある。道理で幻覚をよく見る捜査官だったわけだ。結末を知った上で、もう一度最初から見てみて答え合わせをしたくなる映画になっている。

 

 欲を言えば、もう少しカタルシスを得られるような演出が欲しかったが、心が寂しくなってしまうようなエンディングから考えると、そういう部分は目指してなかったのかもしれない。

 

監督/製作 マーティン・スコセッシ

 

原作 シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

出演 レオナルド・ディカプリオマーク・ラファロベン・キングスレーミシェル・ウィリアムズエミリー・モーティマーマックス・フォン・シドージャッキー・アール・ヘイリーイライアス・コティーズパトリシア・クラークソンテッド・レヴィンジョン・キャロル・リンチ/マシュー・カウルズ

 

シャッター アイランド - Wikipedia

シャッター アイランド | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com