BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ザ・ガード 西部の相棒」 2011

ザ・ガード ?西部の相棒?(字幕版)

★★★☆☆

 

 アイルランドの小さな町の警察官が、麻薬取引の捜査のためにやって来たFBI捜査官と事件解決に挑む。

 

  小さな町の組織に都会の人間がやってくる、という構図の物語はよくあって、大抵は最初は対立するが、やがては互いを認め合い、最終的には協力しあうみたいな感じになるものだが、その小さな町がアイルランドにあると随分変わってくる。

 

 アメリカからやって来た捜査官に、主人公は平然とした顔で差別的発言をしたり、するべきでない話を滔々と語ったりする。ドン・チードル演じるFBI捜査官は、反発や対立の解消というよりは、まずは異文化の理解が必要、といった所。おそらく主人公はFBI捜査官に反発など感じてはいないが、捜査官はどう接していいのか困惑している。

 

 他の警察官たちは素直に捜査官に協力しているようなので、別に町自体がおかしいのではなく、主人公がおかしいわけだが、でも彼を見ていると、いかにもアイルランドを体現している、という風に感じてしまう。普通に強烈なことをいう。この普通に言う、っていう所が重要で、今からすごいこと言いますよ、という風に言わないってことは、身に染み込んで日常化しているってことだ。そんなキャラクターと常にどんよりとしたアイルランドの風景を眺めていたら、アメリカ人が爽やかに見えてしまうのも理解できる。

 

 正直、細かい部分ではよく分からない所もあったが、全体としてはそんなに悪くなかった。コミカルなシーンも含めて全体的にカラッとした明るさがないのは、アイルランド映画の作風ということで。

 

監督/脚本 ジョン・マイケル・マクドナー

 

製作総指揮/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

出演 ブレンダン・グリーソンマーク・ストロング/リアム・カニンガム/フィオヌラ・フラナガン

 

ザ・ガード〜西部の相棒〜 - Wikipedia

ザ・ガード ~西部の相棒~ | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com