BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マイ・バック・ページ ある60年代の物語」 1988

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

★★★★☆

 

 60年代後半の学生運動が盛り上がりを見せる中、新人記者として働き始めた著者が、当時を回顧する。

 

 自分の若い頃を過ごした時代が良い時代だったのか、悪い時代だったのかはともかく、いつまでたっても思い入れたっぷりになって振り返ってしまうというのは、良く理解できる。一番、自分や社会に対して思いを巡らした時代でもある。

 

 読んでいて意外だったのは、当時の世間は、初期の学生運動に対しては共感を示していたという事。初期は学内での出来事であり、学生たちも自ら暴れていたわけではなく、権力による実力行使に抵抗していただけだったからというのがその理由。

 

 デモに対する今の人々の反応のように、冷ややかなものだと思っていた。その当時を知らない自分としては、その後のあさま山荘事件連合赤軍のリンチ殺人のイメージが強すぎるから、そう感じてしまったのかもしれない。

 

「私たち」は、ヘルメットとゲバ棒の”暴力学生”のなかに真の「やさしさ」を見ていたのであり、「暴力反対」の常識をかかげる”一般学生”や大学当局、あるいはマスコミや世論のなかにこそ暴力を見ていたのである。

p11

  

 しかし、平和を叫ぶ者が暴力をふるい、それを冷笑して見ている者が着々と戦争の準備を進めるというのも不思議な光景だ。小さな暴力と大きな暴力。

 

 そんな時代を雑誌の新人記者として過ごした著者。若者たちに共感しながら取材を進めるうちに、いつの間にか事件に関与したことになり逮捕されていく過程は、読んでいるとどんどんと息苦しくなっていく。特に初めて警察の求めに応じて面会をした後に、社に戻ると誰もおらずしかも上司の一人はオペラを見に行ってしまった、という話は、絶望しか感じない。会社員なのに一人で対応するしかないという孤立無援の状態。

 

 しかし著者は誰を責めるわけでもなく、カッコつけるわけでもなく、自らの素直な感情を誠実に話していて好感が持てる。ジャーナリストの矜持のために捕まったのに、それも途中で投げ出してしまい、するべき戦いからも逃げ出してしまったことを正直に語っている。情けなく無残ではあるが、その心情はよく理解でき、責める気にはなれない。

 

 著者の逮捕の話だけでなく、当時の空気が伝わってくるようなその他の話も興味深かった。この時代のように、大勢の人の心が一つになって何かをしようという気運が高まることは、この先もうないのかもしれない。それが良いことなのか、悪いことなのか、良くわからないが。

 

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

 

マイ・バック・ページ - Wikipedia

 

 

登場する作品

ラ・ジュテ / サン・ソレイユ [DVD]

日はまた昇る (岩波文庫 赤 326-1)

ポリー・マグーお前は誰だ? [DVD]

もーれつア太郎 (1) (竹書房文庫)

「怪獣17P 」 ナターリャ・ソコローワ

俺たちに明日はない (字幕版)

真夜中のカーボーイ [DVD]

イージー★ライダー (字幕版)

Get Back

Aquarius, Let The Sunshine In

異邦人 (新潮文庫)

「異邦人」 ルキノ・ヴィスコンティ

Blowin' In the Wind

Puff, the Magic Dragon

野辺は無く

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

聖(セント)ミカエラ学園漂流記―高取英戯曲集

奥浩平 青春の墓標 (レッド・アーカイヴズ01)

二十歳の原点 (新潮文庫)

ひとりぼっちの青春 [DVD]

bookcites.hatenadiary.com

ヒットラーなんか知らないよ」 ベルトラン・ブリエ

Whole Lotta Love

フーテン(全) (ちくま文庫)

漫画家残酷物語

ピアニストを撃て〔フランソワ・トリュフォー監督傑作選5〕 [DVD]

至上の愛

「陽だまり」漫画家残酷物語

プラトーン(字幕版)

ベトナムから遠く離れて [DVD]

鶴田 浩二:傷だらけの人生

「ガンバラナクッチャ」 CMソング

また逢う日まで

ざんげの値打ちもない

港町ブルース

長崎は今日も雨だった(内山田洋とクール・ファイブ)

新宿ブルース

知床旅情

「練艦ブルース」

おんなの朝

再会の時 オリジナル・サウンドトラック

山谷ブルース

友よ

 ワルシャワ労働歌」

東京流れ者

わたしの城下町

「はぐれ町」 安藤昇

涙から明日へ

Hello, Goodbye

「港の別れ唄」

宮沢賢治論」 中村稔

銀河鉄道の夜

Have You Ever Seen The Rain (Album Version)

パルチザン前史 [DVD]

八月の濡れた砂

「ボクサー」 サイモンとガーファンクル

bookcites.hatenadiary.com

 「戦後思想の荒廃」 吉本隆明

「青空」 清岡卓行

 

 

 関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com