BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「三国志」 2008

三国志(字幕版)

★★★☆☆

 

 中国三国志の時代、常勝将軍と呼ばれた蜀の将軍、趙雲

 

 題材からして壮大で、しかも一人の男の生涯を描くのだから、三時間を超える超大作になってもおかしくないような状況で、2時間でもなくわずか100分にまとめてくる割り切りが見事。ほぼ最初と最後の戦いしか描いておらず、この手の映画にありがちな、激しい戦闘の合間の束の間の恋模様もほんの一瞬で終わってしまう。趙雲の生涯というよりも最後を描いた映画と言ってもいいかもしれない。

 

 ただ、最初と最後しか描いていないので、登場人物たちに思い入れがなく、いまいち入り込めなかったのが残念な所。このあたりは有名な三国志を題材にしているわけだから、観客それぞれが自らの三国志知識で補完してくれる事を期待しているのかもしれない。日本の時代劇でも皆さんご存知、織田信長豊臣秀吉は、事細かに描かれない。

 

 さらに映画は趙雲の最後、その散り際の美学を描いているので、ワクワクするようなアクション劇と言うよりは、重苦しくせつないドラマ感のほうが強い。見ているのがだいぶしんどかった。

 

 そして、最初から趙雲と一緒で、だたひとり親近感を感じられたサモ・ハン・キンポー演じる兄貴分の男。この男が悲壮感漂う感動のラストへ突っ走る映画の中で、予想外のやらかしを放り込んでくる。彼が語り手となって映画が進行していたので、おいおい、どの口で語ってたんだよ、とちょっと笑ってしまった。これがコントなら見事にオチが決まっている。最後の最後に物語がブレブレになってしまった。

 

監督/脚本/原作 ダニエル・リー

 

出演 アンディ・ラウマギー・Q/アンディ・オン/ヴァネス・ウー/ユー・ロングァン /ティ・ロン

 

出演/アクション指導 サモ・ハン・キンポー

 

三国志(字幕版)

三国志(字幕版)

 

三国志 (2008年の映画) - Wikipedia

三国志 | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com