BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「レイルロード・タイガー」 2016

レイルロード・タイガー(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 日中戦争下の中国で、抗日のゲリラ組織を率いる男は、匿った兵士に鉄道の橋を爆破するよう頼まれる。 

 

感想

 時おりアニメも使う映像はスタイリッシュで、機関車を使ったアクションも金がかかっていそうなのだが、全体としてはなぜかこじんまりとした印象を受けてしまう映画。まず散りばめられた笑いが全然面白くない。しかも爆笑というよりは、フフッとなるような笑いばかりで、さらに小粋というよりもベタベタなギャグなので、それが続くと、もういいから話続けて、と言いたくなってくる。この辺りは中国人との笑いの感覚が違うのかもしれないが。

 

 そして、登場人物が多すぎ。たくさんのキャラクターを登場させるわりには、どのキャラクターも掘り下げないので、誰が誰だか良く分からない。結局、ジャッキー・チェンと敵役の池内博之だけ把握しておけばいいかなと思ってしまう。その二人とその他大勢という扱い。中国人女優のジャン・ランシンが日本軍将校を演じていたのだが、あえて女性にあり得ない軍人役をやらせた意味はあったのだろうかと、小一時間悩んでしまった。

 

 

 さらに映画のテンポが一定で、壮大さがない。ちまちまと細かいシーンをつないで出来上がっていて、緩急もなく物語が進み、いつの間にか壮大なことが始まっているのだが、それが実感できないような仕組みになってしまっている。もう少しためるなりなんなりして盛り上げないと。

 

 最終的には自らの命を犠牲にしてまで行おうとしているわりには、最後までノリが軽い。あわよくば面白コメディでした、で終わろうとしているようなところを感じるが、いやみんな死んでるから。そこはあまり軽々しい感じで描いてはいけない気がする。

 

 物足りなさが満載だが、列車を主な舞台にしていて、アジア版西部劇のような趣があり、それなりに味わい深い映画となっている。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本/編集 ディン・シェン

 

出演 ジャッキー・チェン/池内博之/ファン・ズータオ/ワン・カイ/ジェイシー・チェン/矢野浩二/アンディ・ラウ

 

レイルロード・タイガー(字幕版)

レイルロード・タイガー(字幕版)

  • 発売日: 2018/11/01
  • メディア: Prime Video
 

レイルロード・タイガー - Wikipedia

レイルロード・タイガー | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com