BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 2014

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(字幕版)

★★★★☆

 

 第2次世界大戦勃発直後のイギリスで、ナチスの暗号機エニグマの解読チームに加わることになった数学者。実話を基にした物語。

 

 極秘任務の暗号解読チームに加わったベネディクト・カンバーバッチ演じる天才数学者アラン・チューリング。独りよがりで一人の世界に閉じ籠り、コミュニケーションもうまくとれず、仲間と協力しようともしないアスペルガーっぽい雰囲気もある変人っぷり。一人で突っ走り仲間からも疎んじられ孤立してしまった彼が首相に直訴したら、リーダーに任命され膨大な金額の予算申請も通ってしまったのは、イギリスの懐の深さを感じずにはいられない。日本だったら言うことを聞くまで鉄拳制裁だろう。リーダーになった彼がその場で二人にクビを言い渡したのは笑ってしまったが。

 

 リーダーにも関わらずメンバーと協調することができない彼を助けたのが、キーラ・ナイトレイ演じる優秀な頭脳を持ったジョーン・クラーク。彼とメンバーの間の溝を埋め、チームワークを高めるためのアドバイスを行う。しかし彼女も優秀なのに女性というだけで当然のように排除しようとした最初の試験のシーンは、当時でもまだそんな偏見があったのかと驚かされる。

 

 やがて暗号解読には成功するが、その後はなかなか辛い判断を下さなければならなくなる。暗号解読に成功したことをナチスに気づかれない程度に味方は被害を受けつつ、有利に展開していく必要がある。つまり攻撃を受けると分かっていながら味方をその地に赴かせなければならない。きっと多くの人がこの作戦で犠牲になったはずだ。その家族はこの事実を知ってどう思ったのだろう。

 

 戦争が終わりチームは解散する。極秘任務の暗号解読チームは戦後もその任務は極秘のままで、彼らが果たした功績に対する賞賛は得られること無かった。主人公の数学者もその理解されにくい性格と戦時中の調査しても謎のままの経歴のせいで、警察にマークされ別件で逮捕されてしまう。ここでも戦後のこの時代でも同性愛者は犯罪者扱いされていたことに驚く。

 

 映画は暗号解読に取り組んでいた時代を中心に、主人公の少年時代、戦後の警察に疑いの目を向けられている現在を行き来しながら進行していく。戦争の勝利に多大なる貢献をした主人公の寂しい末路に悲しくなる。

 

監督 モルテン・ティルドゥム

 

原作 Alan Turing: The Enigma

 

出演 ベネディクト・カンバーバッチキーラ・ナイトレイ/マシュー・グッド/ロリー・キニアチャールズ・ダンスマーク・ストロング/アレン・リーチ

 

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 - Wikipedia

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 【字幕版】-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com