読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「臆病者のための株入門」 2006

新書 ★4

臆病者のための株入門 (文春新書)

★★★★☆

 

 投資に興味があるが何をすればいいのか分からない人に贈る本。

 

 世の中には投資に関する本があふれていて投資に興味があっても逆にどの本を読めばいいのか迷うほどだ。だが、ここでこの本を手にした人はラッキーだ。投資の世界においてどのような人が勝利を収めるかが解説してある。そして、どのような人たちが敗者になりこの世界から去っていくのかも。しかも、いかにもな学者風に解説するのではなく、実体験を交えつつ語られているので信頼できる。そして、リスクを分かった上でギャンブルに挑むならご自由に、という態度にも。

 

 正直この本を手にした理由は株式投資に手を出す多くの人と同じでうまく儲けられるかも、と思ったわけだがやはりそんな簡単に儲けられるわけがない。だけど、こうすると損をしやすいというのが述べられているので、誰かの口車になって大損をこく可能性は低くなったかな、と思う。インデックス投資のほかに何かうまい方法はないかと期待して読んでいたので、結論としてインデックス投資を薦められたのは個人的にはちょっとがっかりしたわけだが改めてインデックス投資の強みが再確認出来た訳でその点は良かった。

 

 リーマンショック前に書かれ、ライブドア事件とか少しネタが古いがあの時何が起きていたのか改めて理解する上でも、世界経済が低迷している今のうちに自分の投資方法を確立する上でも、一読の価値がある本だと思う。

 

著者 橘怜

 

臆病者のための株入門 (文春新書)

臆病者のための株入門 (文春新書)

 

 

 

参考文献
マーケットの魔術師

マーケットの魔術師

 

 

ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法

ラリー・ウィリアムズの相場で儲ける法

 

 

株で富を築くバフェットの法則[最新版]

株で富を築くバフェットの法則[最新版]

 

 

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

 

 

賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10

賢明なる投資家 ウィザード・ブックシリーズ10

 

 

 

証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち

証券投資の思想革命―ウォール街を変えたノーベル賞経済学者たち

 

 

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

 

 

関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする