BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「カラスの親指 by rule of CROW’s thumb」 2012

カラスの親指 by rule of CROW's thumb

★★☆☆☆

 

 最後のどんでん返しの前の、最大の見せ場となる詐欺シーンが残念すぎる。作る側がどこまで観客を騙して、どこで種明かしをするかっていうのを意識していない。おかげで全然気持ちよくないし、スッキリしない。

 

 抜擢の村上ショージも、詐欺師らしいキャラクターではあるんだけど、うまくいかせていないというか、これも作る側が本人に任せっぱなし。起用したんならもっと上手く使えよと。


 全体的にどうも間が悪いし、そもそも時間長過ぎ。このタイプの映画は2時間弱で、小気味よく描くべきなんじゃないの?

 

監督/脚本 伊藤匡史

 

原作

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

 

 

出演 阿部寛村上ショージ石原さとみ能年玲奈小柳友

 

カラスの親指 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com