BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「アンナ・カレーニナ」 2012

アンナ・カレーニナ (字幕版)

★★★☆☆

 

 兄夫婦に会うためににモスクワにやって来た政府高官の夫人が、青年将校と出会い恋に落ちる。

 

 物語自体はありがちなメロドラマだが、見事なセットや衣装、主演のキーラ・ナイトレイの美しさで、映像に引き込まれていく。

 

 夫がいるにも関わらず別の男に惹かれ、欲望に身を任す女。浮気相手の子供を出産し、それでも許した夫の優しさには苛立ち、出ていってしまうというわがまま放題。こういう女にハッピーエンドが待っているはずもなく、やがて疑心暗鬼に陥って自ら泥沼に入り込んでいく。大体彼女の行く末が分かり始めた所からラストまでが、間延びしてしまって長く感じた。

 

 それから主人公の義理の妹が、誠実な夫と出会い堅実に生きる女として対照的に描かれているが、あまりに紋切り型な気もする。そして随所に見られる演劇の舞台風な演出も、中途半端な印象を与えてしまっている。

 

監督 ジョー・ライト

 

原作 アンナ・カレーニナ 1 (光文社古典新訳文庫)

 

出演 キーラ・ナイトレイ

bookcites.hatenadiary.com

アーロン・テイラー=ジョンソンケリー・マクドナルドマシュー・マクファディンアリシア・ヴィキャンデルオリヴィア・ウィリアムズエミリー・ワトソン

 

アンナ・カレーニナ (2012年の映画) - Wikipedia

アンナ・カレーニナ-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com