BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ロンドン・ブルバード LAST BODYGUARD」 2010

ロンドン・ブルバード ラスト・ボディガード (字幕版)

★★★☆☆

 

 出所し、カタギの生活をしようと元女優のボディガードの仕事を始めた男は、ギャングのボスに仕事を手伝うようしつこく付きまとわれる。

 

 タイトルと隠遁生活を送る元女優という設定は、「サンセット大通り(Sunset Boulevard)」を連想させる。が、それ以外は特に相似点はなさそうである。

bookcites.hatenadiary.com

 

 二度と刑務所ぐらしはゴメンだ、とカタギの生活を送ろうとしても、周りの仲間がほっといてくれない、というのは万国共通だ。それ以外の世界を知らないので、結局、本人も昔の仲間を頼るしかなく、しがらみにがんじがらめになってしまう。

 

 出所を待つ主人公の姿で始まるオープニングクレジット。クールな雰囲気で、映画への期待が高まる。使用する音楽も気が利いていて、小洒落た台詞もある。だけど、中盤はいまいち盛り上がりに欠け、退屈にも感じる。刑務所帰りのボディーガードと人気女優がくっつくのも、経緯があっさりとしていて説得力がない。

 

 期待はずれだったのかな、と少し気落ちしてしまったのだが、終盤にぐっと面白くなる。退屈な中盤の出来事も伏線となってラストで回収される。なので、見終わった後の気分はそんなに悪くはないのだが、それだけに盛り上がりに欠ける中盤が残念に感じてしまった。

 

監督/脚本/製作 ウィリアム・モナハン

 

原作 ロンドン・ブールヴァード (新潮文庫)

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

キーラ・ナイトレイレイ・ウィンストンデヴィッド・シューリス/アンナ・フリエル/スティーヴン・グレアムベン・チャップリン

 

ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- - Wikipedia

ロンドン・ブルバード | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com