BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「硫黄島からの手紙」 2006

硫黄島からの手紙(字幕版)

 

監督・製作

bookcites.hatenadiary.com

 

 すでに敗戦濃厚の日本。それを知りながらも命を懸けて戦うのはやりきれない。これ以上の犠牲を出さないためにも出来るだけ早く降伏するのが賢明だと思うけど、敵国に占領されては日本人が何をされるか分からないから出来るだけそれを引き伸ばすために戦うって考え方もあるんだなと。振り返って当時を思うとそれでもやりきれなさを感じるが、まだ戦っている最中には敵に何されるか分からないと不安でたまらないというのは分かる。

 

 化学兵器の使用禁止や捕虜の取り扱いを国際法で取り決めてどんなに戦争を正当化しようと所詮ただの殺し合いで、極限状況で生きるか死ぬかにいたらルールなんか関係ない。生きるためには何だってやる。本当に戦争は無意味だ。

 

 作戦失敗を悟っての集団自決のシーンは強烈だった。死にたくはなくてもあの状況だと自分も流されてやってしまいそう。死んだら終わりなのにそれでもその状況に追い込んでしまうあの空気はなんとも恐ろしい。

 

 クリント・イーストウッドが日本人を違和感なく描いていた。無駄に泣かせようともしないし、盛り上げたりもせず。日本人の監督にもそういう映画を作れるようになってもらいたいところ。戦争映画だから観客を泣かせなくては、なんて考えずに。

 

 ひとり、中村獅童の役回りがコミカルで笑えた。

 

製作

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

伊原剛志 / 加瀬亮 / 中村獅童

 

 

硫黄島からの手紙」に関連する作品 

bookcites.hatenadiary.com

 硫黄島2部作

広告を非表示にする