BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「終戦のエンペラー」 2013

終戦のエンペラー (字幕版)

★★★★☆

 

 日本降伏後にマッカーサーと共にやって来た将校は、天皇の戦争責任について調査するよう命じられる。

 

 天皇の戦争への関与の調査の合間に、主人公と日本人のかつての恋人との思い出が回想されながら物語は進む。個人的には恋模様の話はどうでもいいから、もっとがっつり調査の様子を描いてほしかったというのが正直な所。だけど、アメリカ人的には、不可解な存在の天皇には興味があるけど、日本の終戦処理にはそこまで関心は無いといったところか。

 

 結局、天皇の戦争責任は問わないということになるわけだが、映画の中ではその根拠はやはり曖昧。天皇に責任を取らせて日本国民の反発を招いて治安を不安定にするよりは、利用したほうがいいという打算的なものを感じた。ただ、マッカーサーと初対面したときの昭和天皇の発言はそれでも感動的で目頭が熱くなった。

 

 しかし日本はいつになったらまともに責任を取れる国になるのだろう。もともと責任を曖昧にするし、すぐにカッコつけて勝手にすべての責任を引き受けて自決したりするし、そうでなければ逃げ回る。そもそも自分に与えられた責任を認識していないのかもしれない。どれだけ命令体系を遡っても、やれと言われたからやっているだけ、と皆が言いそうだ。与えられた職務を理解し、何に対して責任をもつのか明確に認識できていないのかもしれない。

 

 この映画は日本人が持ち込んだ企画のようだが、それでもちゃんとアメリカが原爆や空襲で民間人を大量に殺害したこと、日本と同様の侵略を欧米も行っていることなど、耳に痛いはずの事もちゃんと描いていて、彼らの懐の深さを感じさせる。議論を巻き起こし、興行的には失敗したようだが。

 

 日本で同じようなことをする気概のある人はなかなかいなさそうだし、いたとしてもメチャクチャに叩かれてしまうような気がする。日本では誰かの指摘を真摯に受け止め、誤りを正していくというような自浄作用はなく、すべてが有耶無耶になっていく。特に正義や公正さということに関してはそれが顕著かもしれない。

 

監督 ピーター・ウェーバー

 

原案/製作 芥川保志

 

原作 終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし (集英社文庫)

 

製作 奈良橋陽子/ゲイリー・フォスター/野村祐人/ラス・クラスノフ/芥川保志

 

出演 マシュー・フォックストミー・リー・ジョーンズ片岡孝太郎初音映莉子中村雅俊桃井かおり伊武雅刀夏八木勲火野正平

bookcites.hatenadiary.com

  

終戦のエンペラー - Wikipedia

終戦のエンペラー | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com