BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「マディソン郡の橋」 1995

マディソン郡の橋(字幕版)

★★★★☆

 

監督/製作/出演

bookcites.hatenadiary.com

 

 

 片田舎に住む主婦が、たまたま撮影に訪れたカメラマンと出会い恋に落ちる。

 

 この役はクリント・イーストウッドじゃない方が良かったかも。確かに彼は現役感があるし、全然カッコいいんだけど、顔の皺とかさすがにおじいちゃん感がある。原作の設定がどうだったか分からないけど、おじいちゃんなのに爽やかでかっこよすぎて逆に気持ち悪さも感じてしまった。

 

 若い頃に恋愛して結婚し、子供が生まれて子育てに明け暮れているうちにいつの間にか年をとってしまった、そう感じているおばちゃんたちに希望を持たせるような物語。しかも新しい男と新しい生活を始めるといったドラマチックな展開ではなく、それまでの人生でたくさんのものを抱えてしまって若い頃のように勢いのまま行動できないという現実的な展開でうまい。だけども大事な思い出として一生それを胸に抱いて生きていく、と。

 

 お互いの気持ちが痛いほど分かっていながら、それでもあきらめきれない男と今にも飛び出してしまいたいのに必死にそれを抑える女の別れのシーンが切ない。

 

原作

マディソン郡の橋 (文春文庫)

マディソン郡の橋 (文春文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

アニー・コーリー / ヴィクター・スレザック / ジム・ヘイニー

 

マディソン郡の橋 (映画) - Wikipedia

 

 

広告を非表示にする