読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「バトル・オブ・シリコンバレー」 1999

バトル・オブ・シリコンバレー(字幕版)

 

★★★☆☆

 

監督 マーティン・バーク 

 

 スティーブ・ジョブスビル・ゲイツのPC隆盛期の物語。

 

 スティーブ・ジョブスがヤバイ性格だっていうのは知っていたけど、ビル・ゲイツも相当だったんだな。やっぱりただの秀才だけじゃ大物にはなれない。えげつないことやハッタリもかませられる度胸がないと。

 

 そして、そんな二人にも相棒が必要だったことも注目したい。平気で盗むことができるような野心の強い性格の人間でも、優秀な人間との出会いがなければ成功できなかったのかもしれない。彼らと出会っていなかったら、ただのアクの強い嫌なやつで終わっていた可能性もある。

 

 アップルとマイクロソフトの社風の違いが会社の様子などでよく表れていた。アップルの本社を訪れたビル・ゲイツの言葉が印象的。

 

 新しい時代を作るのはやっぱり若者じゃないと無理なんだな。当時の巨大企業の様子を見ているとよく分かる。上層部の年寄りたちは新しい技術を駄目だから否定するのではなく、理解できないから否定している。

 

 いつかマイクロソフトやアップルを倒すような若者たちは出てくるんだろうか。

 

出演 ノア・ワイリー/アンソニー・マイケル・ホール/ジョーイ・スロトニック/ジョン・ディマジオ

 

 バトル オブ シリコンバレー - Wikipedia

 

登場する人物

スティーブ・ジョブスビル・ゲイツ/スティーブ・ウォズニアク/スティーブ・バルマーリドリー・スコット

 

 

 

広告を非表示にする