BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ハムレット」 1600

ハムレット (新潮文庫)

★★★☆☆

 

 父親を殺して国王となり、母親を妃とした叔父に復讐を誓うハムレット

 

 クライマックスの復讐が、アンガールズがジャンガジャガしそうなほどわちゃわちゃしていてちょっと面白い。その他にも色々とツッコミを入れたくなる箇所はたくさんある。

 

 ただ巻末の「シェイクスピア劇の演出」にテンポの速さが大事、ということが書かれていて納得した。一つ一つのセリフをじっくりと咀嚼してしまうと、ん?と思ってしまうが、テンポよくセリフが繰り出されれば、セリフ自体のキレの良さやカッコよさで高揚感が生まれていくような気がする。戯曲なんだから、舞台で演じられてることを想像して読まないといけない。

 

 有名な「生きるべきか死ぬべきか」という台詞があるわけだが、この本では別の訳だった。このセリフは原文だとそのキャッチーさとは対象的に、様々に解釈できるわけで、その議論がこのセリフを有名にしたんだろうなと思う。確かに多義的にとらえられるよう日本語に翻訳するのは困難だ。とかいって世界中でやっている実際のシェークスピア研究の成果は知らないので、頓珍漢なことを言っているのかもしれないが。

 

著者 ウィリアム・シェイクスピア 

 

ハムレット (新潮文庫)

ハムレット (新潮文庫)

 

ハムレット - Wikipedia

 

 

関連する作品
ハムレット(字幕版)

ハムレット(字幕版)

 

 

 

この作品が登場する作品 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com