BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「突撃隊」 1961

突撃隊 (字幕版)

★★★★☆

 

 ドイツ軍の攻撃をわずかな人数で食い止めることとなった部隊の奮闘。

 

 結構古い映画なのに迫力がある。特に爆破シーンが凄い。ある意味この時代だから逆に派手に出来たのかもしれないが。装備など随所にこだわりが感じられる。

 

 ドイツ軍を前にして取り残されたスティーブ・マックィーンらは悲壮感が漂いそうなものなのに、それでも何とか切り抜けようという意気込みが感じられ、まさに勇士といった趣がある。そんな状況でも冗談を言ったり。

 

 最後の決死の突撃。やっぱりただのヒーローものの戦争映画とは違う結末だったが、それが戦争のリアルさを感じさせる。実際の戦争でこんな風に死んでいった人間は数え切れないほどいるんだろうと思うと、なんともむなしい気持ちになる。

 

監督 ドン・シーゲル

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

ボビー・ダーリン/フェス・パーカー/リー・ガーディノ

bookcites.hatenadiary.com

 

突撃隊 (字幕版)

突撃隊 (字幕版)

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com