BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「愛と哀しみの果て」 1985

愛と哀しみの果て (字幕版)

★★★★☆

  

 世界に飛び出す事を夢見ていた女は結婚して、イギリスの植民地であったアフリカで生活することになる。

 

 アフリカの美しい大地に目を奪われる。豊かな緑、どこまでも続く地平線、優雅な野生の動物たち。そんなアフリカの植民地で暮らすヨーロッパからの移住者たち。広大な敷地で大きな家に住み、使用人を抱え、農園を運営する。ヨーロッパの人間は貪欲だ。

 

 そして彼らはたくましい。悠々とアフリカの自然の中へ繰り出し、ライオンを追い払ったり、キャンプで暮らしたり。あれは貴族の狩猟文化があるからなのだろうか。未知の土地で平然と過ごしている。

 

 そんな社会で暮らすことになった主人公。世界に飛び出すための方便だったとはいえ、その旦那の屑っぷりにあきれ果てる。新婚早々妻を置いてハントに出かけ、他に女を作り、挙句の果てには性病をうつす。救いようがない。こういう人間はどの世界でもいるものだ。

 

 そんな旦那を持った彼女が別居し、アフリカの大地で自由に生きる男に心が移るのは当然の成り行き。しかしあまりにも自由すぎる男は大変だ。彼女の思い通りにはならない。

 

 悲しい結末となったが、ライオンが丘の上で優雅に寝そべるシーンなど最後まで美しい映像が心に残る映画だった。

 

監督/製作

bookcites.hatenadiary.com

 

原作 アフリカの日々 (ディネーセン・コレクション 1)

 

出演

bookcites.hatenadiary.combookcites.hatenadiary.com

クラウス・マリア・ブランダウアー/マイケル・キッチン/マイケル・ガフ/レイチェル・ケンプソン

 

愛と哀しみの果て - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com