BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「動乱」 1980

動乱 第1部海峡を渡る愛/第2部雪降り止まず

★★★☆☆

 

 五・一五事件から二・二六事件に至るある軍人の物語。

 

 高倉健演じる男が、なぜ吉永小百合演じる女に固執したのかがよく分からなかった。自分の部下が、姉である彼女のために死ぬこととなり、その死んだ部下のためだったのか。でも、彼女を助けるために自分の妻にしといて何もしないのは、ちょっとひど過ぎる。いくら不器用でもそれは駄目でしょ。そんな気がないなら、自分の妹とか身内の扱いにしてあげないと。そうしないと彼女はずっと何もできずにある意味生き地獄だ。

 

 物語は実直な軍人が軍や政治家の腐敗に憤り、二・二六事件を起こすまでの道程を描く。その腐敗ぶりがあまり描かれていないので、見ている側としては彼に共感できないところはあるし、その方法にも疑問が残ってしまう。結局、武力で何かを成そうとすると多くの人に同意を得られない。

 

 そして天皇制の不思議さも感じる。みな自分が天皇という国家の最高権力者になろうとするのではなく、天皇のためと思い行動をする。つまり天皇イコール日本なのだな。もはや天皇は当然いるもので、なくなるものだとは考えていない。だから天皇が彼らを否定したとき、彼らはあっさりと降伏してしまう。国家に否定されたとして。

  

監督 森谷司郎

 

出演 

bookcites.hatenadiary.com

 吉永小百合米倉斉加年桜田淳子/永島敏行/志村喬田村高廣佐藤慶田中邦衛左とん平川津祐介/にしきのあきら/小林稔侍/阿藤海納谷悟朗

 

動乱 (映画) - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com