BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「英雄の証明」 2012

英雄の証明(字幕版)

★★★☆☆

  

 シェイクスピアの悲劇「コリオレイナス」を原作に、舞台を現代に置き換えた作品。誇り高い将軍がその傲慢さのために民衆から追放される。

 

 シェークスピアの戯曲のセリフをほぼそのまま使っているようで、現代劇なのでもちろん違和感はあるのだが、逆に新鮮。役者陣もこのセリフを言うのが気持ち良さそうでもある。

 

 日本では食糧難のときは米騒動になるけど、欧米だとパンをよこせとパン騒動になるんだなぁと妙な所で感心した。

 

 物語はほぼラストの、味方となった将軍の言う通り。故国を裏切る覚悟が甘かったというか。普通は家族を連れて行くんじゃないかな。誇り高さが仇となった。

 

監督/製作/出演 レイフ・ファインズ

 

原作 シェイクスピア全集 14 (14)コリオレイナス (ちくま文庫)

 

出演 ジェラルド・バトラーヴァネッサ・レッドグレイヴブライアン・コックスジェシカ・チャステイン/ジェームズ・ネスビット/アシュラフ・バルフム

 

英雄の証明(字幕版)

英雄の証明(字幕版)

 

英雄の証明 - Wikipedia

英雄の証明-動画[無料]|GYAO!|映画

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com