BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ミラクル・ニール!」 2015

ミラクル・ニール!(字幕版)

★★★☆☆

 

あらすじ

 宇宙人による地球を破壊するかどうかのテストで、観察対象のサンプルとして選ばれ、どんな望みも叶えることが出来る能力を与えられた男。

 

感想

 特殊能力を与えられて、最初はその能力に喜ぶが、次第にそれに苦悩していくという、よくあるパターンの物語。物語自体はあまり重要ではなく、その流れの中でどれだけギャグを詰め込められるか、観客を笑わせられるかが勝負の映画と言える。

 

 せっかく全能の力を得たのだから、もっとでっかい望みを持てよ、と思ってしまうのだが、主人公が叶えるのは上司に気に入られるとか、近所の気になる女性に惚れられるとか、割と現実的な望みばかり。大金を手に入れ仕事を辞めて、自由気ままに生きるとか、世界中の女性にモテたいとかは、ベタ過ぎるということか。

 

 

 映画の中で繰り返し使われるネタとして、主人公の願い事が適切でなく、思っていなかった結果を生む、というのがあった。気になる女性に崇められたいと願ったら、恋愛的な意味でなく、本当に宗教的な意味で崇められたり、死んでしまった生徒たちを生き返らせたいという意味で、死者を蘇らせたいと望んで、世界中の全死者がミイラとなって蘇ったり。これらは、なんとなくプログラミングを思い起こさせた。

 

 自分ではちゃんと命令しているつもりなのに、コンピューターが思ったような結果を返してくれないのは、大抵は自分の命令が適切でないから。この映画はそんなプログラミングの良い教材になりそうだ。こういったディスコミュニケーションは、プログラミングだけでなく、様々な場面で起きている。依頼した側は十分説明したつもりなのに、思ってたのとは違う事をされて激怒したり。そういう時は、相手を責めるだけでなく、自分の依頼の仕方が適切だったか、見直したほうが良い。

 

 映画は、犬が本音を語ったりする、犬関連のギャグは面白かったのだが、それ以外はそうでもなく、物足りなさが残った。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本 テリー・ジョーンズ

 

出演 サイモン・ペグ/ケイト・ベッキンセール/サンジーヴ・バスカー/ロブ・リグル/エディー・イザード/ジョアンナ・ラムリー/テリー・ジョーンズ/ジョン・クリーズ/テリー・ギリアム/マイケル・ペイリン/エリック・アイドル/ロビン・ウィリアムズ

 

ミラクル・ニール! - Wikipedia

ミラクル・ニール! | 映画 | 無料動画GYAO!

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com