BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「悪い奴ほどよく眠る」 1960

悪い奴ほどよく眠る

★★★☆☆

 

あらすじ

 ゼネコン企業との汚職事件をもみ消すために手を打つ公団幹部たち。しかし、何者かにより妨害工作を受けていることに気づく。

 

感想

 結婚式のシーンから映画が始まる。そしてそこで主要な参列者達の立場や関係が記者たちに解説され、これから描かれる汚職事件の全容を理解する助けになっているのは上手い構成だ。

 

 しかし、結婚式の席の設け方が面白かった。横長の一つのテーブルに新郎新婦をはじめ主な参列者たちが向かい合って座っており、その後ろに縦長のテーブルが並んでいる。昔は出席者が全員一つの同じテーブルに座っていたという事か。この映画の場合は、式の規模が大きく、参列者も多いため、複数のテーブルになったということなのだろう。

 

 映画は、主人公が汚職事件に巻き込まれ、命を失った父親のために復讐を図る、というストーリー。序盤は主人公の思い通りに事が進む。仲間割れを起こすために敵の一人が着服をしたように思わせるシーンは、まるでちょっとしたコントのようだった。本人にとって絶体絶命の状況でも、関係のない第三者にとってはコミカルに見えてしまう。

 

 この陥れられた男を演じる西村晃がいい演技。疑われた時の慌てぶりから、放心状態、そして精神的に参ってしまって疑心暗鬼と、全てでいい表情を見せている。中盤は彼がメインで活躍していたと言って良いかもしれない。

 

 しかし、映画は痛快な復讐劇では終わらない。復讐を企てる主人公にも心の葛藤がある。そして相手は巨悪である。一人の男に簡単にやられてしまうようなはずがない。あらゆる手を使って打ち負かそうとする。

 

 観ていると、60年前のこの映画と今の社会の状況は大して何も変わってないなと、暗澹たる気分になってくる。相変わらず組織のために自らを犠牲にする人はたくさんいて、今も巨悪はどこかで枕を高くしてぐっすり眠っている。もしかしたら、ちゃんと司法が裁いてくれると信じているこの映画の時代のほうがまだ幸せだったのかもしれない。そんな事も考えてしまいながら、どんよりとした重い気分になってしまう映画だった。

 

スタッフ/キャスト

監督/脚本/製作/編集

bookcites.hatenadiary.com

 

脚本 小国英雄久板栄二郎菊島隆三橋本忍

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

森雅之香川京子三橋達也志村喬西村晃加藤武藤原釜足宮口精二中村伸郎菅井きん田中邦衛/小玉清

bookcites.hatenadiary.com

 

悪い奴ほどよく眠る

悪い奴ほどよく眠る

 

悪い奴ほどよく眠る - Wikipedia

 

 

この作品が登場する作品

bookcites.hatenadiary.com

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com