BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「デトロイト・メタル・シティ」 2008

デトロイト・メタル・シティ

 

監督 李闘士男

 

 ライブハウスなら違和感ないけど、日常生活でデスメタルの扮装してる奴いたら浮きまくりでウケるよねー、って事でしょ。そのあたりで笑えるシーンはあったけど単発。

 

 ポップでおしゃれな音楽をやりたい本当の姿と、仕方なくやらされているんだけども見事にハマってしまうデスメタルバンドのボーカルとのギャップを演じた松山ケンイチはやりがいがあったんだろうけど。

 

 原作があるからあれだけどデスメタル一代記みたいな感じでデスメタル一辺倒で悪口雑言まき散らす映画にしたほうが面白くなったかも。デスメタルって普通の人はなんとなく知ってるかもってぐらいだから、それ前面に押し出して過去のデスメタル界の逸話なんかを引用したりすれば、へーこんな世界があるんだー、って2時間ぐらいは面白がって見てくれそうだけど。マニアックな人気が出たりして。

 

 松雪泰子は良かった。

 

原作

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

加藤ローサ / 秋山竜次 / 細田よしひこ

bookcites.hatenadiary.com

 

デトロイト・メタル・シティ - Wikipedia