BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「評決」 1982

評決 (字幕版)

 

 裁判って正しく裁かれる場所のはずなのに、実際はそうではないようだ、と言うことはテレビや映画を見ていればわかる。不利な証言をする人間は否定され、決定打となるはずの証拠は認められず。有能な弁護士と言うのは真実がどうあれ、クライアントに勝利をもたらすことが出来る人の事。その報酬は高く、彼を雇えるのは社会の強者だけ。だから裁判でも弱者は勝てない。

 

 そういう世の中だからこういう映画が出来る。つまり、弱者が裁判で勝つと言うことは、映画になるようなお話と言うことだ。

 

 つらい過去を背負い、アルコールに溺れていたポール・ニューマンが、正義のために戦おう、生まれ変わろうと心に決めて行動を始めた途端、そんな裁判の現実に打ちのめされていくのが悲しかった。もちろん映画なので最後はそれに打ち勝つわけだけども。

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

シャーロット・ランプリング / ジャック・ウォーデン / ジェームズ・メイスン / ミロ・オーシャ / エドワード・ビンズ

 

評決 (字幕版)

評決 (字幕版)

 

評決 - Wikipedia

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

広告を非表示にする