BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「月はどっちに出ている」 1993

月はどっちに出ている

★★★☆☆

 

監督 崔洋一

 

 タクシー会社に勤める人々の人間模様。社会の底辺と見られる人たちも色々なものを背負いながらそれでもたくましく生きている。

 

 岸谷五朗が飄々としながらも芯のある捉えどころのない男を好演している。在日でありながらあえてそれを強調も隠すこともなく淡々として、そう生まれたのだからそう生きるしかないという姿勢がうかがえる。確かにみんな自分の生まれてくる環境を選べるわけじゃなく、だけど持って生まれた条件の中で生きていくしかない。

 

 ルビー・モレノは確かこの映画でたくさんの賞を受賞したはずだが、確かに日本全国のフィリピンパブで見かけそうないかにもな演技。才能なのか素なのか良く分からないが、才能だとしてもやはりその後の日本映画界で生き残るのは難しかった。彼女の出来る役が限定的過ぎる。多国籍な人種が登場する映画なんてそうそうない。それだけ日本はまだまだ閉鎖的な社会ということが言えるのかもしれない。

 

出演 岸谷五朗 / ルビー・モレノ / 絵沢萠子 / 萩原聖人 / 國村隼

 

月はどっちに出ている
 

 

広告を非表示にする