読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「GANTZ」 2011

GANTZ [DVD]

★★☆☆☆

 

監督 佐藤信

 

 電車に轢かれ死んでしまったと思った男は気付くと黒い丸い大きな球体のある部屋に立っていた。

 

 最初から2部構成の予定で作られた映画のせいか、すべてが冗長。ステージに移動する際の体が消えていくところとか現れてくるところとかいちいちすべて映さなくて充分。その他も何かにつけてやたら時間を使いたがる。最初監督は数学が苦手な人なのだろうかと思ってみていたが、多分2部構成だからわざと2本分になるように時間を使っているんだなと気づいた。逆に計算は得意みたいだ。

 

 物語も普通の映画なら前半30分で終わっていそうな導入部分を2時間強延々観させられて結構苦痛。しかも大して盛り上がりもなく。例え2部構成だとしても1本の映画を観たという満足感を与えてくれるような映画にして欲しかった。

 

 そこまでして2部構成にする意味って何なの?商売的には分かるけど作品的には理解に苦しむ。

 

原作

GANTZ 1 (集英社文庫 お 62-16)

GANTZ 1 (集英社文庫 お 62-16)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

吉高由里子 / 山田孝之 / 本郷奏多

 

GANTZ [DVD]

GANTZ [DVD]

 

 

GANTZ」に関連する作品

bookcites.hatenadiary.com

2部構成の第2部

広告を非表示にする