BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「鉄道員」 1999

鉄道員(ぽっぽや)

★★★☆☆

 

監督 降旗康男

 

 定年を間近に控えたローカル路線の駅長が過去を回想する。

 

 昭和っぽい雰囲気が漂う映画。なんでだろう。高倉健だからなのか、出演者が豪華だからなのか、撮り方なのか。

 

 高倉健をがっつりと初めて見たと思うが意外といろんな表情が出来るんだと感心した。いつも寡黙で実直なイメージだったから意外な感じがした。確かにそんな感じではあったけど、結構感情表現は豊か。まぁ一本調子じゃこんなに長く役者は続けられないわけだけど。

 

 それと対照的に広末涼子の演技にはイライラさせられた。彼女がよく見せるあの表情ばかりでひどい。

 

 小林稔侍が高倉健の事をなんでお父さんと呼んでるのかと不思議だったが、乙松の「おとさん」だった。紛らわしい。

 

 一人の鉄道員の半生を描いているけど正直あまり共感できない。鉄道員という特殊な世界の話でしょ、という気がして。鉄道員同士の絆とか駅舎での暮らしとか。あとあまりに涙を誘うストーリ展開にも冷めてしまう。ラストも都合が良すぎるような気がするし。

 

原作 

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

 

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

大竹しのぶ / 広末涼子 / 吉岡秀隆 / 安藤政信

 

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

 

 

広告を非表示にする