BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン」 2006

PEACE BED アメリカ VS ジョン・レノン【通常版】 [DVD]

★★★★☆

 

監督 デヴィッド・リーフ / ジョン・シャインフェルド

 

 ベトナム戦争が泥沼化し反戦運動が盛り上がるアメリカで、政府はジョン・レノンを要注意人物とみなすようになる。

 

 ジョン・レノンオノ・ヨーコ平和運動におびえるアメリカ。平和を願うことで政府にマークされるなんて。かといって好戦的でもきっとマークされるわけで。なかなか難しい。つまり政府の方針に逆らわずに空気を読んでろよって事でこの頃のアメリカはなんかおかしい。どこが自由の国なんだ、と。

 

 きっと小さく活動しているだけなら無視していたのだろうけど、ジョン・レノンの影響力の大きさに恐れを抱いたのだろうなとは思う。いわゆるエンターテイナーがここまで政治的活動をする事ってなかったって事なのだろう。もともと音楽には人を集める力があるからまるで昔の宗教みたいに政府は恐れたのだろうな。

 

 そしてニクソンのヒールぶり。彼の名が映画に登場する場合、大抵は嫌われ役として登場する。どんだけイメージ悪いんだよ。だけどもちゃんと選挙で選ばれているわけで。しかも2回も。なんだか不思議だ。

 

 それにしてもマスコミのどんな質問にもちゃんと答えるジョン・レノンはかっこいい。どんな質問にもユーモアを交えて気の利いた受け答えをする。そこがまた人を引き付けるところなんだろう。

 

 そしてアメリカの嫌がらせにも怯まずニューヨークに住むことに拘ったジョン・レノン。そこまで魅力的な街なんだろうか。一度くらいは行っておきたい街だ。

 

出演 オノ・ヨーコ

  

PEACE BED アメリカVSジョン・レノン - Wikipedia

 

登場する人物

ジョン・レノン / リチャード・ニクソン