BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「ドルフィン・ソングを救え!」 2015

ドルフィン・ソングを救え! (角川文庫)

★★★☆☆

 

あらすじ

  睡眠薬を飲んで自殺を図った中年女が気付くと、1989年にタイムスリップしていた。青春時代に好きだった二人組のミュージシャンに起きた悲劇を止めるべく、女は動き出す。

 

感想

  過去にタイムスリップしたら、普通は自分自身の人生を修正したくなると思うのだが、この主人公は思い入れのあるミュージシャンの歴史を変えようと奔走する。それだけそのミュージシャンが好きだったとも言えるが、自分に関心を持てなくなってしまっているとも言えるかもしれない。だからこそ自殺を図ったわけで。

 

 主人公は、好きだったミュージシャンの運命を変えることで、自分の人生も変わると考えていたのかもしれない。それだけ彼らの存在が主人公の人生の大きな位置を占めていたことになる。そう考えると、誰かに熱中することは悪いことではないけれど、崇拝し過ぎるのは良くないことなのだろう。崇拝しすぎて、自分がいなくなってしまう。

 

 この主人公の好きだったミュージシャンのモデルはどう考えてもフリッパーズ・ギター。彼らのことは小説の中では勿論フィクションになっているが、それ以外のこの時代の音楽やテレビ、流行は詳細に語られていて、もう忘れてしまっていたことも色々と思い出し、懐かしい気分になる。

www.youtube.com

 

 フリッパーズ・ギターは解散して、現在は各自がソロで音楽活動を続けている。しかし、小説の中のミュージシャンはそうなっていない。なので主人公のタイムスリップで歴史が変わり、本当のフリッパーズ・ギターのその後みたいになっていたら面白いかなと思いながら読んでいたが、甘かった。

 

 主人公が、天才のミュージシャンたちに近づけたのは、未来を知っているというアドバンテージがあったから。だからもし彼らと今後も付き合いが続いたとしても、タイムスリップ前の現在を過ぎてしまったら、結局また天才と凡人の立場に分かれてしまう。

 

 そう考えるとあの結末でよかったのだろう。凡人であったとしても、卑下することも遠慮することも必要なく、ただ自身のやらずにはいられないことやるだけだと悟ったのだから。

 

著者

bookcites.hatenadiary.com

 

ドルフィン・ソングを救え! (角川文庫)

ドルフィン・ソングを救え! (角川文庫)

 

 

 

登場する作品

カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

キッチン (角川文庫)

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

哀しい予感 (幻冬舎文庫)

11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)

母乳

ブラッド・シュガー・セックス・マジック

ISN'T ANYTHING

DIAMONDS (ダイアモンド)

bookcites.hatenadiary.com

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (字幕版)

黄金の七人 [DVD]

「黄金の七人」オリジナル・サウンドトラック

無鉄砲大将

殺しの烙印

bookcites.hatenadiary.com

陽炎座

刺青一代 [DVD]

河内カルメン [DVD]

東京流れ者

すべてが狂ってる [DVD]

探偵事務所23 くたばれ悪党ども [DVD]

「ハイティーンやくざ」

Bacchus Is Back

(There's Always) Something on My Mind

宇宙遊泳

Ok Computer

Kid A?[国内盤 / 解説・日本語歌詞付] (XLCDJP782)

ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月人類滅亡の日 (ノン・ブック)

「儀式」 林真理子

稲村ジェーン [VHS]

浪漫飛行

東大一直線 【コミックセット】

Dance to the Music

Flash, Bam, Pow

白昼の幻想 [DVD]

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

だめんず・うぉ?か?(1) (SPA!コミックス)

おどるポンポコリン

パルプ・フィクション (字幕版)

カル・デ・サック

スメルズ・ライク・ティーン・スピリット

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com