BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「G.I.ジェーン」 1997

G.I.ジェーン [DVD]

★★★☆☆

 

監督

bookcites.hatenadiary.com

 

 男の世界軍隊に一人の女性が果敢に挑む。

 

 デミ・ムーアがいくら鍛えているといってもやっぱり無理がある。リアリティが感じられない。体力的にも精神力的にも自信のある男たちですら次々と脱落していく訓練で、女性の中ではタフな女性が生き残るのは。

 

 国家の行く末や個々の命が左右される戦争で軍人の採用をダブルスタンダードで選ぶわけにはいかない。だからもしやるのであればこの映画のように統一の基準で選ぶべきだけど、だけど男女がともにいると色々と気を使う。風呂やトイレ、ベッドを分けたり。戦いの中でも男が捕虜に取られた時より、女が捕虜に取られた時の方が戦士の士気も違う。

 

 そう考えると女性が戦争に参加するのはいい影響が出るのかもなとも思う。結局男は女が絡むとヤワになる。危険な目に遭わせたくないと思うし、助けなければいけないと思う。そんなことを繰り返していたら戦うのが馬鹿らしくなる。いまさら女性だけ戦争から離れさせることもできないだろうし。そうなると戦争以外の解決を選ぶようになるのではないだろうか。結果的に平和的な道を選ぶことになる。

 

 まぁこの映画は男だけの世界に女性が挑んだら面白いよね、軍隊で使われる汚い言葉を女が口にしたらウケるよね、って発想だけで作った映画だと思うが。

 

出演 デミ・ムーア / ヴィゴ・モーテンセン / スコット・ウィルソン / ジェイソン・ベガー

 

G.I.ジェーン [DVD]

G.I.ジェーン [DVD]

 

G.I.ジェーン - Wikipedia

広告を非表示にする