読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「最後の初恋」 2008

最後の初恋 (字幕版)

★★☆☆☆

 

監督 ジョージ・C・ウルフ

 

 友人の経営するホテルを休暇の間任された中年女性が、宿泊客の男性と恋に落ちる。

 

 すべてが都合よく感じる。うまくいってない子供たちとの関係も疲れやつれはてた自分も恋愛すればすべてうまく行く、なんて。自分が人生を楽しんでいないと周りの人間との関係もうまく行かないっていうのはあるにしろ。

 

 そもそも宿泊客のリチャード・ギアとなんであんな熱烈に恋におちたのかがよく分からない。お互い人生に行き詰まりを感じ弱っていたところで出会って、嵐という非日常の中で惹かれあっただけ。それだけなのになんであんな情熱的に文通を交わしたりして。

 

 リチャード・ギアも結構重いものを背負ってその地に来たのに、そしてそんな簡単に解決できるものではないはずなのに、簡単に割り切ってその後は楽しんでいるのも解せない。

 

 ハッピーエンドにしなかったのも興醒め。ただ二人が再会してもハッピーエンドにはならなかった気もするが。

 

 

原作

 

出演

bookcites.hatenadiary.com

ダイアン・レイン / スコット・グレン / クリストファー・メローニ

 

最後の初恋 (字幕版)

最後の初恋 (字幕版)

 

 

広告を非表示にする