BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「望郷」 1937

望郷 [DVD] FRT-171

★★★☆☆

 

監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ

 

 アルジェの一角に潜伏する男が、故郷フランスの女性と出会い望郷の念に駆られる。

 

 警察さえも介入できない迷子になりそうなカオスな街。人がたくさんいて街並みが入り組んでいて確かにわけが分からないことになっている。その町で警察から逃れ暮らす男。何故彼がこの町で皆に愛される位置にいるのかよく分からないけどジャン・ギャバンは大物感があるからまぁ納得。映像も時々印象に残るシーンもありこだわりを感じる。

 

 故郷って戻ってみるとたいしたことはないんだけど、遠く離れて暮らしていると無性に懐かしく感じることがある。ましてや逃亡の身で帰れないって分かっていたらなおさらだろう。

 

 彼が半分やけになって故郷に戻るためにカオスの街を抜け出し、帰国するフランス女の乗る船に乗り込む。しかし、彼はついに彼女と会うことが出来なかった。ここからの互いのすれ違いぶりは詩的に感じられるほどだ。古い映画ではあるけれどなかなか見応えがある。

 

出演 ミレーユ・バラン / ジャン・ギャバン / リーヌ・ノロ

望郷 [DVD] FRT-171

望郷 [DVD] FRT-171

 

 

広告を非表示にする