BookCites

個人的な映画・本・音楽についての鑑賞記録・感想文です。

「おとうと」 2010

おとうと

★★★☆☆

 

 娘の結婚式に、しばらく音信不通だった弟が現れる。

 

 身内から疎まれている弟がまるで寅さんのようではあるんだけど、寅さんと違って駄目なところしかない。でも、姉目線で、音信不通中の出来事については描かれていないからそう見えるだけで、寅さんも妹のさくら目線で見たら同じようなものなのかもしれない。

 

 迷惑かけるばかりの弟に、腹を立てながらもどうしても突き放すことが出来ず、気になってしまう姉。でも家族ってそんなものだ。損得勘定だけでは単純に対処できない。

 

 吉永小百合演じる姉は決して自己主張が強いわけではないが、だからといって簡単に他人に流されるような弱い人間ではなく、しっかりとした芯のある人間といった印象。一見、簡単に丸め込まれそうなのに、肝心なところでは頑として譲らないような、弟とはまた別の意味で割と厄介な性格だなと。

 

 身よりもなく、貧しく暮らす人達のためのホスピスがあって、実際にそこで活動する人達がいること自体は素晴らしいことだと思うが、それのちょっと宣伝みたいになってしまっていることが、映画としてはどうかな、と引っかかる。

 

監督/脚本

bookcites.hatenadiary.com


原作

おとうと (新潮文庫)

おとうと (新潮文庫)

 

 
出演 吉永小百合笑福亭鶴瓶

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

加藤治子笹野高史森本レオラサール石井池乃めだか佐藤蛾次郎キムラ緑子小林稔侍/小日向文世石田ゆり子中居正広

 
音楽 冨田勲

 

おとうと

おとうと

 

おとうと (2010年の映画) - Wikipedia

 

関連する作品
おとうと [DVD]

おとうと [DVD]

 

 

 

bookcites.hatenadiary.com

bookcites.hatenadiary.com

 

 

広告を非表示にする